ブログ

ホームブログ

平成30年3月16日(金)1767

 本日は、トラックの森づくり植樹贈呈式を行いました。この事業は、一般社団法人埼玉県トラック協会が環境への取り組みとして、CO2削減対策のために市町村に植樹を行っている事業ということで、白岡市には柴山沼に桜の木を10本と現在建築を進めている生涯学習センター「こもれびの森」にヤマボウシ1本を寄贈頂きました。1767-2

 一般社団法人埼玉県トラック協会には、寄贈頂き厚くお礼申し上げます。また、植樹贈呈式には大変お忙しい中、遠藤副会長をはじめ役員の皆様にご臨席を賜りまして重ねてお礼を申し上げます。柴山沼に桜の花が咲き誇るのを楽しみにしております。

 

 


この記事は 2018.3.18 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成30年3月15日(木)1766-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e7%ab%8b%e8%8f%81%e8%8e%aa%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e5%8d%92%e6%a5%ad%e8%a8%bc%e6%9b%b8%e6%8e%88%e4%b8%8e%e5%bc%8f%e7%a5%9d%e8%be%9e

 本日、市内全中学校において卒業証書授与式が挙行されました。私は菁莪中学校を卒業される皆さんに、ご卒業誠におめでとうと祝辞を申し上げました。

ご列席の保護者の皆様方に心からお祝いを申し上げます。たくましく成長されたお子様の晴れ1766-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e7%ab%8b%e8%8f%81%e8%8e%aa%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e5%8d%92%e6%a5%ad%e8%a8%bc%e6%9b%b8%e6%8e%88%e4%b8%8e%e5%bc%8f%e7%a5%9d%e8%be%9eの姿に、お喜びもひとしおのことと存じます。

 また、今日までの3年間、生徒達の教育に全力で取り組んでこられた石塚校長先生をはじめ、諸先生方にも深く敬意と感謝を申し上げる次第でございます。思い起こせば、皆さんが生まれた平成14年度は、小柴昌俊東京大学名誉教授がノ-ベル物理学賞を、島津製作所社員の田中耕―さんがノ-ベル化学賞を受賞され、日本で初となった同年ダブル受賞がございました。とりわけ、若く無名のサラリ-マン研究者であった田中さんの受賞は、私たちに真摯に物事に取り組む大切さを教えてくれました。

 さて、卒業生の皆さんの胸中には、菁莪中学校でのいろいろな思い出がよみがえっていることと思います。毎日の学習や生活の中での新たな発見、生徒会活動や運動会、部活動などで発揮した頑張り、そしてこの3年間をともに過ごした先生方や友達との多くの出来事が思い出され、さぞ感慨深いことと思います。この大切な思い出は、皆さんのこれからの人生にとって何ものにも代えがたい宝物になると思います。明日から皆さんは、自ら志し自ら選択した進路に向かって、希望と自信と一抹の不安をもって進んでいくことになりますが、皆さんには何者にも勝る若さがあります。みずみずしく多感なこの青年期に、豊かな人間性をはぐくみ他者への思いやりやいたわりの心を忘れず、将来の成功を信じてさらなる努力と精進を重ねることが、前進する第一歩と思います。

 しかし、皆さんの進む道は、必ずしも平坦であるとは限りません。 苦しい時こそ、決してくじけることのないよう意思を強く持ち、自分をしっかり見つめ、支えてくれる家族や友がいることを忘れず、道を切り拓いて行かれることを望みます。どうか、卒業生の皆さん、どんな時も夢と希望を持ちそして自分は菁莪中学校の卒業生です、との誇りを持ってこれからの人生を歩んで頂きたいと思います。皆さんが学生生活を過ごされたこの白岡市が、市民の皆様に住んでよかった、これからも住み続けたいと誇りに思って頂けるような魅力あふれる市となりますよう全力で取り組んでまいります。是非、皆さんも若い斬新な発想とアイディアで、新しいまちづくりにご協力をお願い致します。大きな夢と希望を抱いて船出される卒業生の皆さんの航路が、順風満帆で幸多からんことをご祈念申し上げますとともに、ご列席の皆様方のご健康とご多幸、さらには菁莪中学校の限りないご発展をお祈り申し上げます。


この記事は 2018.3.16 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

1765-%e4%ba%a4%e9%80%9a%e4%ba%8b%e6%95%85%e9%98%b2%e6%ad%a2%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%8c%e8%aa%8d%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e6%84%9f%e8%ac%9d%e7%8a%b6%e5%8f%97%e9%a0%98平成30年3月13日(火)

 本日は、久喜警察署長より当市として、交通死亡事故ゼロ継続600日達成感謝状を頂きました。この度の受賞は、大変光栄に感じるとともに引き続き、交通事故防止に努めていかなければならないと身が引き締まる1765-2-%e4%ba%a4%e9%80%9a%e4%ba%8b%e6%95%85%e9%98%b2%e6%ad%a2%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%8c%e8%aa%8d%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e6%84%9f%e8%ac%9d%e7%8a%b6%e5%8f%97%e9%a0%98思いでございます。今回の交通死亡事故ゼロ600日の達成は、久喜警察署を始め交通安全関係団体の皆様のご指導・ご協力のおかげと考えております。

 白岡市では交通事故を防止するため、街頭指導等による啓発活動や交通安全教室等の交通安全教育に取り組んでおります。また、今年度は、高齢者の交通事故防止に向けた取組として、県の高齢者安全運転推進員のご協力を得て、体験型の交通安全講習会を始めたところでございます。市といたしましても、久喜警察署をはじめとする交通安全関係団体の皆様方と連携を深めながら、今後も気を緩めることなく、しっかりと交通事故防止に向けた取り組みを推進してまいりたいと存じます。

 

 


この記事は 2018.3.14 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成30年3月13日(火)

 本日は、白岡市・君津市災害時相互応援協定調印式を行いました。鈴木市長をはじめ君津市の皆様方には、大変お忙しい中遠方よりお越し頂き災害時相互応援協定の締結式にご臨席を賜りまして、厚くお礼申し上げます。また、君津市議会鈴木議長、白岡市議会藤井議長には、議会開会中の大変お忙しい中ご来賓としてご出席を頂きましたことに、深く感謝申し上げます。1764-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e3%83%bb%e5%90%9b%e6%b4%a5%e5%b8%82%e3%80%80%e7%81%bd%e5%ae%b3%e6%99%82%e7%9b%b8%e4%ba%92%e5%bf%9c%e6%8f%b4%e5%8d%94%e5%ae%9a%e8%aa%bf%e5%8d%b0%e5%bc%8f

 さて、当市と君津市との交流は、「正徳の治」で知られる江戸時代の文人政治家「新井白石公」が縁で始まったものでございます。現在では、両市議会での議会友好交流協定をはじめ、白石公をきっかけとした市民交流が行われております。平成24年に開催致しました白石公をテ-マにした市制施行の記念講演会では、君津市から大型バス2台で大勢の君津市民の皆様にご参加を頂き、また開会式典の中で鈴木市長から特産の雨情楊枝の見事な記念品を頂き大変感激致しましたことを本日の協定締結に際して思い出し、新井白石公と君津市・白岡市との結びつきに改めて思いを寄せたところでございます。1764-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e3%83%bb%e5%90%9b%e6%b4%a5%e5%b8%82%e3%80%80%e7%81%bd%e5%ae%b3%e6%99%82%e7%9b%b8%e4%ba%92%e5%bf%9c%e6%8f%b4%e5%8d%94%e5%ae%9a%e8%aa%bf%e5%8d%b0%e5%bc%8f

 さて、これまで培ってまいりました君津市との交流の中、この災害時相互応援協定は、両市に暮らす住民の皆様の安心安全を確保するうえで、たいへん重要な意味を持つものでございます。近年は、全国各地で自然災害が猛威を振るっておりますが、東日本大震災以降も平成27年の関東・東北豪雨や平成28年熊本地震、今年1月の首都圏大雪、北陸・日本海側豪雪など全国各地で相次ぐ自然災害を目の当りにし、さらなる災害対策の充実の必要性を痛感しているところでございます。しかしながら、ひとたび災害が起こった場合、市や消防、警察等による公助には、残念ながら限界があると言わざるを得ません。ましてや、これが近隣市町も巻き込まれるような大災害であったとしたら、市自らも被災しながら、果たしてどれだけのことができるでしょうか。そうした状況においては、国や県そして多くのボランティアなどからの救助も寄せられるものとは思いますが、不安は尽きません。

 そのようなときに、県を越えて互いに手を差し伸べ合う存在があるということは、実に心強いものでございます。この災害時相互応援協定は、万が一の災害時に備えてのものですが、両市の絆を強くすることがこの協定の実効性を高めます。有事の際に相互に支え合う体制を構築することによって、両市の末永い交流を育み、絆を確かなものとしてまいりたいと考えております。また、本日の協定締結をひとつの契機と致しまして、今後とも様々な分野で両市の交流を深めてまいりたいと存じます。今後の両市のさらなる発展とご出席を頂きました皆様方のご健勝とご活躍をご祈念申し上げますとともに、本日の締結式に向けご尽力を頂きました関係者の皆様に心からお礼を申し上げます。なお、鈴木君津市長はじめ皆様は、帰路にあたり柴山伏越を熱心に見て頂きまして有難うございました。


この記事は 2018.3.14 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/3/12

小久喜二区行政区総会

平成30年3月11日(日)1763-%e5%b0%8f%e4%b9%85%e5%96%9c%e4%ba%8c%e5%8c%ba%e8%a1%8c%e6%94%bf%e5%8c%ba%e7%b7%8f%e4%bc%9a

 本日は、小久喜二区行政区の総会にご案内を頂き、誠にありがとうございます。総会が、盛大に開催されますことは皆様のご協力はもちろんのこと、前島区長をはじめとする役員の皆様方のご尽力の賜物と深く敬意を表する次第でございます。

日ご1763-2-%e5%b0%8f%e4%b9%85%e5%96%9c%e4%ba%8c%e5%8c%ba%e8%a1%8c%e6%94%bf%e5%8c%ba%e7%b7%8f%e4%bc%9aろ皆様には、市政運営に多大なるお力添えを頂戴しておりますことに、心から感謝申し上げます。

 さて、白岡市議会が開催中でありまして、平成30年度重点事業・新年度予算等の審議を頂いております。中でも、総合振興計画基本構想に掲げる3つの重点プロジェクトである「まちのにぎわい創出プロジェクト」、「地域活性化プロジェクト」、「白岡こども・ゆめ・みらいプロジェクト」に引き続き取り組んでいますが、2年目となる今年は事業を軌道に乗せるため大変重要な年でございますので鋭意取り組んでまいります。

 また、皆様の生活に関係するものとして、国民健康保険制度そのものも変更になりますが肝心の保険料ですが、色々工夫を致しましたが若干引き上げせざるを得ません。なお、看護保険料も改定時期となりまして工夫を致しましたが、これも少し引き上げのお願いとなります。ただし、近隣自治体より保険料は少ないものと思っております。固定資産税のうち建物関係は、若干引き下げになる予定であります。

 さらに、市役所のとなりに建設中でございます「生涯学習センタ-」の工事が着々と進んでおり、現在は施設の外装が完了して足場がすべて撤去されました。今年10月のオ-プンに向けて、今後は内装や外構工事を行ってまいります。更には、白岡中学校周辺の新たな土地利用や白岡宮代線をはじめとした都市計画道路の着実な進捗、小中学校へのエアコンの設置、こども医療費の無料化、保育所の大小の新設など各種事業を展開してまいりたいと存じます。

 私は昨年来から申しておりますが、白岡市へのふるさと納税や企業の進出希望など、「白岡市を知ろう」、「白岡市を知りたい」という方が確実に増えてきているということを肌で感じております。今年も、市民の皆様の幸せと本市のさらなる発展のために全力を傾注してまいる所存でございます。どうか小久喜二区行政区の皆様方におかれましては、今後とも市政の進展のため、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。小久喜二区のますますのご発展と、ご参会の皆様のご健勝とご多幸を心からご祈念申し上げましてます。

  *なお、本日は東日本大震災の発生から7年を迎えるに当たり、3月9日

   (金)職員の皆さんに、次のお願いをし上げました。 

   平成23年3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災から、まもな

   く7年が経過します。 この未曾有の大震災により、多くの尊い命が奪われ

   人々の住み慣れた町と暮らしが一瞬にして破壊されました。 亡くなられた

   方々とそのご遺族に対しまして、謹んで哀悼の意を表するとともに、今なお

   避難生活を余儀なくされている被災者の方々に心からお見舞いを申し上げま

   す。 国におきましては、東日本大震災7周年追悼式を開催するほか各官公

   署などで弔旗や半旗とすること、さらに国民を挙げて黙とうをささげるよう

   呼びかけております。 職員の皆さんにおかれましては、11日の地震発生

   時刻の午後2時46分になりましたら、この震災により犠牲となられた全て

   の方々に哀悼の意を表し、それぞれの場所で黙とうをささげられるますよう

   お願い致します。と申し伝えておきましたので、私もある会合の場所で皆さ

   んと黙とうを行いました。

  *その他、浄土宗忠恩寺本堂建設にかかる決算監査を実施して頂きました。

 


この記事は 2018.3.12 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成30年3月10日(土)

 本日は、白岡市商工会青年部創立40周年記念式典にご案内頂き、誠にありがとうございます。商工会青年部におかれましては、昭和53年に発足して以来、市内の商工業に従事する皆様方の情熱と実行力を結集し、白岡市の商工業の発展に多大な貢献をされておりますことを、役員の皆様をはじめ部員の皆様に対しまして、心から感謝を申し上げます。1762-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e5%95%86%e5%b7%a5%e4%bc%9a%e9%9d%92%e5%b9%b4%e9%83%a8%e5%89%b5%e7%ab%8b40%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%bc%8f%e5%85%b8

 また、商工会青年部の設立から今日まで活動を支えてこられました歴代の青年部長をはじめとする関係者の皆様のご努力に対し、敬意を表する次第でございます。商工会青年部の皆様には、「鯉のぼり事業」、「白岡まつり」、「白岡軽トラ市」、「白岡新春マラソン」への模擬店の出店や「ふるさとまつり」にご協力を頂くとともに、市内のお子さんにクリスマスプレゼントをお渡しする「サンタクロ-ス事業」など、若い事業家ならではの発想による地域振興活動や奉仕活動を積極的に展開して頂き、誠にありがとうございます。

 1762-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e5%95%86%e5%b7%a5%e4%bc%9a%e9%9d%92%e5%b9%b4%e9%83%a8%e5%89%b5%e7%ab%8b40%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%bc%8f%e5%85%b8商工業の振興は、地域の活性化にもつながるものでございますことから、今後も若き事業家として本市の商工業を躍動させるとともに、地域の一員として創造力と行動力を発揮し、地域活動と地域振興にお力添えを賜ります様お願い申し上げます。

 今週、私と市幹部担当職員で白岡市の各企業を訪問致しました。白岡市の30年度予算につきまして、企業皆様から頂けるおおよその法人税等、それによります税収を新たな事業に振り向けます予算などの説明を、感謝の念をもち会話をしつつ企業17社に訪問致しました。1762-3-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e5%95%86%e5%b7%a5%e4%bc%9a%e9%9d%92%e5%b9%b4%e9%83%a8%e5%89%b5%e7%ab%8b40%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%bc%8f%e5%85%b8白岡市と致しましても、市内企業の皆様から頂いたお声を大切にし、今後も更なる商工業の発展に出来る限りのご支援を致してまいりますのでご理解賜りますようお願い申し上げます。40周年を契機と致しまして、白岡市商工会青年部のさらなるご発展をご祈念申し上げます。

 

 

 


この記事は 2018.3.10 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/3/10

白岡トマト出荷協議会

1761-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e5%87%ba%e8%8d%b7%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a平成30年3月9日(金)

 本日は、平成30年産白岡トマト出荷協議会にお招きを頂き、誠にありがとうございます。白岡トマト組合の皆様方におかれましては、「白岡の太陽」の愛称で親しまれている白岡市のトマトの生産や出荷にご1761-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e5%87%ba%e8%8d%b7%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a尽力頂いておりますことに、心から感謝申し上げます。

 さて、「白岡の太陽」につきましては、多くの方から好評を頂いていると伺っております。これも、白岡トマト組合の大髙会長をはじめとする関係皆様方の日頃の熱意と努力の賜物であると敬意を表する次第でございます。現在、味彩センタ-やふれあいハウスで販売されているトマトは、色ツヤや味がとても良く、今年も素晴らしい出来のトマトが出荷されていると感じております。

 また、市のふるさと納税返礼品としてご提供頂いておりますが、今シ-ズンもすでにお申込みを頂いており、全国の皆様から好評を博しているところでございま。市といたしましても、引き続き農業生産・経営の基礎的な資源である農地が優良な状態で確保され、有効利用が図られるよう支援させて頂くとともに、市の立地性を活かした都市近郊農業を確立し、農業経営の安定化が図られるよう最大限の努力をしていく所存でございます。

 只今、白岡市議会が開催中でありまして平成30年度予算を審議頂いておりますが、皆様の生活に関係するものとして国民健康保険制度そのものも変更になりますが、肝心の保険料は色々工夫を致しましたが、若干引き上げせざるを得ません。また、看護保険料も改定時期となりまして、工夫を致しましてが、これも少し引き上げのお願いとなります。ただし、近隣自治体より保険料は少ないものと思っております。なお、固定資産税のうち建物関係は、若干引き下げになる予定であります。

 また、市役所のとなりに建設中でございます「生涯学習センタ-」の工事が着々と進んでおり、現在は、施設の外装が完了して足場がすべて撤去されました。今年10月のオ-プンに向けて、今後は内装や外構工事を行っていきます。更には、白岡中学校周辺の新たな土地利用や白岡宮代線をはじめとした都市計画道路の着実な進捗、小中学校へのエアコンの設置、こども医療費の無料化、保育所の新設など各種事業を展開してまいりたいと存じます。

 なお、皿沼地区のアンケ-ト結果を報告致しますと、当地区の土地や建物所有者151名の方に対して行ったところ回答率は68.2%、うち約80%の方は土地の有効活用や開発に概ね賛成ということでありました。そこで、今後これらをもとに調査研究してまいります。ただし本市では、白岡中学校周辺の新たな土地利用を最優先で検討して参ることには変わりわありません。どうか、トマト組合の皆様方には益々のご活躍と、本席の各市場の皆様方には白岡の太陽を一層ご支援下さいますようお願い申し上げます。ご参会の皆様方のご健勝と、ご繁栄を心よりご祈念申し上げます。


この記事は 2018.3.10 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/3/8

企業訪問

平成30年3月7日(水)1760-%e4%bc%81%e6%a5%ad%e8%a8%aa%e5%95%8f

 本日は、白岡工業団地、西部産業団地、その他地域の企業等10社以上の市内企業を訪問しました。国の経済状況は、雇用・所得環境の改善が続くなかで、緩やかな回復が続いております。1760-2-%e4%bc%81%e6%a5%ad%e8%a8%aa%e5%95%8fまた、個人消費や民間施設投資が持ち直すなど民需が改善し経済の好循環が実現しつつあります。

 当市においても、市制施行から5年が経過し企業の進出や圏央道の開通により交通利便性が向上するなど、着実な発展を続けております。1760-3-%e4%bc%81%e6%a5%ad%e8%a8%aa%e5%95%8fまた、緩やかではございますが、人口の増加も続いています。この流れを止めず活力ある白岡市を確実に前進させるため、商工業分野においては地域の特性を生かした活力溢れる産業づくりに取り組んでおります。1760-4-%e4%bc%81%e6%a5%ad%e8%a8%aa%e5%95%8f

 平成30年度を迎えるにあたりまして、当市の企業等に関する事業につきまして説明を致し、またご要望等を伺ってまいりました。市内企業の皆様から頂いたお声を大切にしながら、今後も更なる発展に向けて魅力あるまちづくりに取り組んで参ります。


この記事は 2018.3.8 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成30年3月4日(日)

 本日は、「地域活性化プロジェクト」の「大山地域菁莪地域活性化推進事業」の成果発表会を開催致しましたところ、皆様にはご多忙のなか多数ご出席抱き、誠にありがとうございます。また、慶応義塾大学総合政策学部の飯盛教授、そして飯盛研究会・白岡元気プロジェクトの学生の皆さんには、お忙しい中誠にありがとうございます。1759-%e5%a4%a7%e5%b1%b1%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%83%bb%e8%8f%81%e8%8e%aa%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e6%b4%bb%e6%80%a7%e5%8c%96%e6%8e%a8%e9%80%b2%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a

 さて、大山地域と菁莪地域は、豊かな緑と恵まれた環境の中、先人たちの努力と英知によって優良な農地が整備され、特産の梨をはじめとした「農業」を中心に当市の発展を支えてきた地域でございます。当市は、市制施行から5年が経過し、企業の進出や圏央道の開通をはじめとした交通利便性が向上するなど、着実な発展を続けており緩やかではございますが、人口も増えているところでございます。一方、大山地域、菁莪地域につきましては、市内他の地域に比べ高齢化や人口減少が顕著に現れており、将来的な地域社会の維持を保つためにも、力を入れていかなければならない地域となっております。1759-2-%e5%a4%a7%e5%b1%b1%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%83%bb%e8%8f%81%e8%8e%aa%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e6%b4%bb%e6%80%a7%e5%8c%96%e6%8e%a8%e9%80%b2%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a

 私は、中心市街地だけではなく、大山と菁莪を含めた「均衡ある発展」こそが当市の未来にとって重要なことであると考えております。そのためにも、昨年8月に慶応義塾大学SFC研究所と「地域活性化等に関する連携協定」を締結し、大学との連携による地域活性化に取り組1759-3-%e5%a4%a7%e5%b1%b1%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%83%bb%e8%8f%81%e8%8e%aa%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e6%b4%bb%e6%80%a7%e5%8c%96%e6%8e%a8%e9%80%b2%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9aんだものでございます。学生の皆さんには、夏の暑い中また寒さ厳しい時期に積極的に両地域に入って頂き、地域の皆さんからの聞き取りや調査と意見交換をして頂きました。

 本日は、その成果でございます「白岡元気プロジェクト」を発表頂くとともに、市が実施しております大山地域と菁莪地域に関します全体的な取組につきましてご説明をするものでございます。両地域の地域活性化の成功は、慶応義塾大学そして市役所は勿論のこと市民の皆さんのご理解とご協力があって成しえるものであると存じます。私は、現在の社会は少子高齢化や本格的な人口減少社会を迎える変革の時代であるといえると思っております。

 1759-4-%e5%a4%a7%e5%b1%b1%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%83%bb%e8%8f%81%e8%8e%aa%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e6%b4%bb%e6%80%a7%e5%8c%96%e6%8e%a8%e9%80%b2%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9aこういった時代であるからこそ、自分達の足元をしっかりと見つめ明日に向かい希望を持って、次の時代を担う子ども達に「白岡市をどうすれば、より良い形で引き継いでいくことができるか」ということを真剣に考えていく必要があると思っております。そのためにも、本日の成果発表会を起点として、大山地域と菁莪地域の活性化を進めてまいりたいと決意している次第でございます。

また、学生の皆さんには、大山と菁莪両地域の活性化のため熱心に取り組んで頂きまして改めてお礼申し上げます。

 成果発表は、市側からは大山地域・菁莪地域活性化推進事業に係る市の取組について、また慶応義塾大学SFC研究所飯盛研究会・白岡元気プロジェクトの学生側からは、白岡元気プロジェクト平成29年度活動報告を行いました。そうしたところ幾多の建設的なご意見を賜りましたので、今後の事業展開に生かしてまいります。今後、この地域活性化の取り組みを進める上において、困難なこともあることと存じますが、この白岡市を次ぎの時代を担う子ども達に引き継いでいくためにも、市民の皆様のお力を頂きながら全力で取り組んでまいる所存でございます。どうか皆様方のご協力をお願い申し上げます。

  *その他 大変温かくなった本日、地元の定時総会に出席致しました。


この記事は 2018.3.5 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成30年3月3日(土)1758-%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%a4%a7%e5%b1%b1%e6%94%af%e9%83%a8%e3%80%80%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e6%87%87%e8%a6%aa%e4%bc%9a

 本日は、白岡市社会福祉協議会大山支部の高齢者懇親会がこのように盛会に開催されますこと心よりお喜び申し上げます。今年もご案内頂き、ごあいさつの機会を得ましたこと、誠に光栄に存じます。また、佐々木支部長を始め福祉委員の皆様、ご1758-2-%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%a4%a7%e5%b1%b1%e6%94%af%e9%83%a8%e3%80%80%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e6%87%87%e8%a6%aa%e4%bc%9a参加の皆様方におかれましては、日ごろから福祉行政をはじめとする市政運営に対し、特段のご支援とご協力を賜っておりますことに、この場をお借りして厚くお礼申し上げます。

 大山支部の皆様におかれましては、会員相互の連携を密にされお住まいの地域に合った福祉活動を展開して頂き、かつ市政進展により一層のご支援とご協力を賜りまして、重ねてお礼申し上げます。

体育館では、柴山こどもはやし連と大山小学校の生徒によります合唱や日本舞踊や演歌歌謡ショ-などとても沢山な劇が行われ、皆さん楽しく過ごされたものと思いました。

 1758-3-%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%a4%a7%e5%b1%b1%e6%94%af%e9%83%a8%e3%80%80%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e6%87%87%e8%a6%aa%e4%bc%9aさて、当市は、市制施行から5年が経過した現在、圏央道の開通をはじめとした交通利便性が向上するなど着実な発展を続けており、緩やかではございますが人口も増えているところでございます。一方、大山地域、菁莪地域につきましては、市内1758-4-%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%a4%a7%e5%b1%b1%e6%94%af%e9%83%a8%e3%80%80%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e6%87%87%e8%a6%aa%e4%bc%9a他の地域に比べ高齢化や人口減少が顕著に現れており、将来的な地域社会の維持を保つためにも、力を入れていかなければならず中心市街地だけではなく、大山と菁莪を含めた「均衡ある発展」こそが当市の未来にとって重要なことであると考えております。

1758-5-%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%a4%a7%e5%b1%b1%e6%94%af%e9%83%a8%e3%80%80%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e6%87%87%e8%a6%aa%e4%bc%9a そのための施策として明日コミセンニおきまして「地域活性化プロジェクト」として「大山地域・菁莪地域活性化推進事業

」の成果発表会を開催致します。この催しは慶応義塾大学総合政策学部の飯盛教授そして飯盛研究会・白岡元気プロジェクトの学生の皆さん、それと当会場におられます方等と昨年8月より地域活性化に取り組んできた成果発表会でございますのて、よろしければご参加頂きたいところであります。

 なお、只今議会が開会されておりますが、アンケ-ト結果を報告致しております。これは、皿沼地区の件でありまして、当地区の土地や建物所有者151名の方に対して行ったところ回答率は68.2%、うち約80%の方は土地の有効活用や開発に概ね賛成ということでありましたので、今後これらをもとに調査研究してまいります。ただし本市では、白岡中学校周辺の新たな土地利用を最優先で検討して参ることには変わりわありませんことは申し添えます。市民の皆様の幸せと、本市のさらなる発展のために全力を注いでまいるとともに白岡市社会福祉協議会大山支部のますますのご発展とご参会の皆様のご健勝をご祈念申し上げます。


この記事は 2018.3.4 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成30年2月28日(水)1757-%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%b9%b4%e7%ac%ac%ef%bc%91%e5%9b%9e%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%81%8c%e9%96%8b%e4%bc%9a%e4%b8%ad%e3%81%a7

 2月26日(月)から3日間の日程で行われました一般質問が本日終了致しました。一般質問は、市長提出議案とは関係なく、行政全般にわたっての議員主導による政策的な議論になります。

 今議会では、現在の行財政課題を1757-2-%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%b9%b4%e7%ac%ac%ef%bc%91%e5%9b%9e%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%81%8c%e9%96%8b%e4%bc%9a%e4%b8%ad%e3%81%a7はじめ都市計画道路、住環境整備、教育、福祉、安全対策、農政など様々な分野におきまして14名の議員から質問を頂きました。私を含め執行部から答弁致しましたが、どの質問も白岡市のまちづくりと未来にとって大変重要なことでございますので、誠心誠意答弁させて頂いたところです。3月2日(金)には、今議会に提案しております議案についての質疑、また平成30年度当初予算に対する会派代表質疑がございます。今議会には平成30年度当初予算を含め、42議案を提案しております。議員各位からの質疑に対しましては丁寧にお答えをしたいと思います。

 1757-3-%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%b9%b4%e7%ac%ac%ef%bc%91%e5%9b%9e%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%81%8c%e9%96%8b%e4%bc%9a%e4%b8%ad%e3%81%a7また、本日の冒頭、一部報道でございました白岡市長選挙における公職選挙法に関する件につきまして、さいたま地方検察庁から不起訴処分と決定された旨をお知らせ致しました。今回の件につきましては、市民の皆様に対してご心配をおかけし、1757-4-%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%b9%b4%e7%ac%ac%ef%bc%91%e5%9b%9e%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%81%8c%e9%96%8b%e4%bc%9a%e4%b8%ad%e3%81%a7大変申し訳なく存じます。この決定につきましては、さいたま地方検察庁において調査を頂いた上で、ご判断頂いたものと考えております。今後も、まちづくり市政運営に全力で取り組んで参る所存でございます。市民の皆様、議員の皆様には引き続き、こ理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 


この記事は 2018.3.1 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/2/26

柴山行政区班長会議

平成30年2月25日(日)1756-%e6%9f%b4%e5%b1%b1%e8%a1%8c%e6%94%bf%e5%8c%ba%e7%8f%ad%e9%95%b7%e4%bc%9a%e8%ad%b0

 本日は、柴山行政区班長会議にご案内を頂き、誠にありがとうございます。また、日ごろから皆様には、市政運営に多大なるお力添えを頂いておりますことに、この場をお借りして心から感謝申し上げる次第でございます。特に、佐々木区長には、1756-2-%e6%9f%b4%e5%b1%b1%e8%a1%8c%e6%94%bf%e5%8c%ba%e7%8f%ad%e9%95%b7%e4%bc%9a%e8%ad%b0白岡市行政区長会会長として多大なるご尽力頂いております。

 さて、昨年を振り返りますと10月に市制施行5周年を迎え、これを記念して式典や冠事業等を開催したことでございます。また、市役所のとなりに建設中でございます「生涯学習センタ-」の工事が着々と進んでおり、現在は足場を撤去しはじめて建物の外観や3本の束柱が見えてきたところでございます。今年10月のオ-プンに向け、現在も整備を進めております。

 さて、国政においては、一億総活躍社会の実現と人生百年時代を見据えた、幼児教育や高等教育の無償化や介護の処遇改善など、幅広い世代が安心して生活できる制度を改革する「人づくり革命」が掲げられました。地方自治体にとっても、人づくりは喫緊の課題です。本市においても、引き続き活力ある地域社会を維持していくため、シニア世代などが生き生きと活躍できる仕組みづくりや子どもたちが将来に向けて大きな夢や希望を抱くことができる取組が求められております。

 市では、総合振興計画基本構想に掲げる3つの重点プロジェクトである「まちのにぎわい創出プロジェクト」、「地域活性化プロジェクト」、「白岡こども・ゆめ・みらいプロジェクト」に引き続き取り組んでおりますが、2年目となる今年は事業を軌道に乗せるための大変重要な年でございます。私は、市政を預かるに当たり、市民の皆様に満足を頂き、また多くの皆様や企業から注目して頂けるような白岡市にするため、白岡中学校周辺の新たな土地利用や白岡宮代線をはじめとした都市計画道路の着実な進捗など、各種事業を展開してまいりたいと存じます。

 一つだけ当地区に関係致します皿沼地域に土地や建物などを所有する地権者151名の方々にアンケ-トを頂きました。その結果についてですが、今議会に報告致しておりますが、アンケ-トの回答率は68.2%うち約80%の方は開発に概ね賛成ということでありましたので、今後これらをもとに調査研究してまいります。市民の皆様の幸せと本市のさらなる発展のために全力を注いでまいる所存でございます。どうか、柴山行政区班長の皆様方におかれましては、今後とも親睦を深められ市政進展のため、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。ご参会の皆様のご健勝とご多幸を心からご祈念申し上げます。


この記事は 2018.2.26 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/2/24

白岡1・2区 区長会

1755-%e7%99%bd%e5%b2%a1%ef%bc%91%e3%83%bb%ef%bc%92%e5%8c%ba%e3%80%80%e5%8c%ba%e9%95%b7%e4%bc%9a平成30年2月23日(金)

 本日は、白岡1・2区 区長会にご案内を頂き、誠にありがとうございます。また、日ごろから皆様には、市政運営に多大なるお力添えを頂いておりますことに、心から感謝申し上げる次第でございます。さて、昨年を振り返り、印象深い出来事と致しましては、なんといっても10月に市制施行5周年を迎え、これを記念して式典や冠事業、市のPR事業、各団体等との協賛事業等を開催したことでございます。

 また、市役所のとなりに建設中でございます「生涯学習センタ-」の工事が着々と進んでおり、現在は足場を撤去しはじめて建物の外観や3本の束柱が見えたところでございます。今年10月のオ-プンに向け、現在も整備を進めております。その他の各種事業も順調に進展を見ることができた年であったと感じているところでございます。1755-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%ef%bc%91%e3%83%bb%ef%bc%92%e5%8c%ba%e3%80%80%e5%8c%ba%e9%95%b7%e4%bc%9a

 さて、国政においては、「一億総活躍社会の実現」を実現するためには「人づくり」が重要であるとの考えから、子どもたちの誰もが「夢に向かって頑張ることができる社会」、「新しいことにチャレンジできる社会」、「人生百年時代を見据えた経済社会のあり方」を実現するため、幼児教育や高等教育の無償化や介護の処遇改善など、幅広い世代が安心して生活できる制度を改革する「人づくり革命」が掲げられました。地方自治体にとっても、人づくりは喫緊の課題です。

 本市においても、引き続き活力ある地域社会を維持していくため、シニア世代などが生き生きと活躍できる仕組みづくりや子どもたちが将来に向けて大きな夢や希望を抱くことができる取組が求められています。市では、総合振興計画基本構想に掲げる3つの重点プロジェクトに引き続き取り組んでおりますが、2年目となる今年は、事業を軌道に乗せるための大変重要な年でございます。

 私は、市政を預かるに当たり、市民の皆様に満足を頂きまた多くの皆様や企業から注目して頂けるような白岡市にするため、白岡中学校周辺の新たな土地利用や白岡宮代線をはじめとした都市計画道路の着実な進捗など、各種事業を展開してまいりたいと存じます。今年も、市民の皆様の幸せと本市のさらなる発展のために全力を注いでまいる所存でございますので、市民の皆様のご理解ご協力の程お願い申し上げます。なお、私のことで市民皆様に大変ご心配とご迷惑をおかけしまして申し訳ありません。今は事態をみまもるのみでありまして、一刻も早く調査が終わるのを願うものであります。どうか、白岡1・2区 区長会の皆様方におかれましては、今後とも親睦を深められ市政進展のため、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。白岡1・2区 区長会のますますのご発展と、ご参会の皆様のご健勝とご多幸を心からご祈念申し上げます。


この記事は 2018.2.24 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

1754-%e8%a6%8b%e6%b2%bc%e4%bb%a3%e7%94%a8%e6%b0%b4%e5%9c%9f%e5%9c%b0%e6%94%b9%e8%89%af%e5%8c%ba%e9%80%9a%e5%b8%b8%e7%b7%8f%e4%bb%a3%e4%bc%9a平成30年2月23日(金)

 本日、見沼代用水土地改良区第74回通常総代会が久喜市の菖蒲文化会館で開催され、北は行田市から南は川口市までの各総代が出席しました。私は、組合員選出の総代・理事として出席致しました。

 10議案のうち主なものは、第2号議案平成29年度一般会計、特別会計除斥決済積立金、特別会計基金、各歳入歳出補正予算案や、第8号議案平成30年度一般会計、特別会計除斥決済積立金、特別会計基金、特別会計役職員退職手当積立金、特別会計見沼代用水協力協議会、特別会計管理費調整基金、各歳入歳出予算案などでございました。1754-2-%e8%a6%8b%e6%b2%bc%e4%bb%a3%e7%94%a8%e6%b0%b4%e5%9c%9f%e5%9c%b0%e6%94%b9%e8%89%af%e5%8c%ba%e9%80%9a%e5%b8%b8%e7%b7%8f%e4%bb%a3%e4%bc%9a

 議案数が多いため、長時間の説明と審議を頂き原案どおり可決承認賜りました。異常気象やTPP問題、後継者不足等、課題が山積している農政分野でございますが、農業用水や飲料用水等の安定給水に引き続き努めてまいります。なお、第4号議案平成30年度組合費賦課率につきましては、従来どおりで変更ありません。

 

 


この記事は 2018.2.24 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/2/21

第26回白岡まつり総会

1753-%e7%ac%ac%ef%bc%92%ef%bc%96%e5%9b%9e%e7%99%bd%e5%b2%a1%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e7%b7%8f%e4%bc%9a平成30年2月21日(水)

 本日は、第26回白岡まつり総会が開催され、また全ての議事が円滑のうちに原案どおり可決されましたこと、誠におめでとうございます。また、白岡まつり運営委員会山本委員長はじめ運営委員の皆様、各部会員の皆様及び関係団体の皆様におかれましては、白岡まつりを開催するにあたって一方ならぬご尽力を賜りまして、誠にありがとうございます。この場をお借り致しまして、深く感謝を申し上げる次第でございます。

 さて、この白岡まつりは、平成5年から市民による市民のための一大イベントとして実施してまいりました。昨年は、市制施行5周年記念事業と致しまして、第25回白岡まつりを開催することができました。夏の暑さ対策として、開催時間を午後からに変更致しましたが、新たな企画も加わり多くの市民の皆様に好評を博することができたものと実感しております。あらためて、ここにお集まりの皆様のご努力に対し、敬意と感謝を申し上げたいと存じます。

 また、第26回白岡まつりにおかれましても、引き続き皆様と連携を図り一丸となって、子どもからお年寄りまで誰もが楽しめる市民のための白岡まつりとして、さらに充実していけるよう支援してまいる所存でございますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。皆様のご健勝と、ご活躍ご繁栄をご祈念申し上げます。


この記事は 2018.2.21 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成30年2月19日(月)1752-%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e6%94%af%e9%83%a8%e5%90%88%e5%90%8c%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9a

 本日は、平成29年度白岡市社会福祉協議会支部合同研修会にご案内頂きました。このように盛大に研修会が開催されますことは、福祉委員の皆様はもちろんでございますが、秋葉会長はじめ役員の皆様のご尽力の賜物と深く敬意を表する次第でご1752-2-%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e6%94%af%e9%83%a8%e5%90%88%e5%90%8c%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9aざいます。また、皆様方におかれましては、日ごろより福祉行政を始めとする市政運営に対し、特段のご支援とご協力を賜りましてこの場をお借りし厚くお礼申し上げます。

 さて、今日の地域社会においては、少子高齢化や核家族化の進行と地域のつながりの希薄化を背景に、市民が生活していくうえでの課題やニ-ズが増加・多様化しているところでございまして、このような社会状況において様々な福祉課題を解決するには、地域全体で互いを思いやり助け合う地域の福祉力の向上が求められております。こうした中、白岡市社会福祉協議会においては、市内の小学校区を基礎として支部を設置し、各支部がそれぞれの地域特性を活かしながら地域住民の皆様が主体となって、サロン活動や地域の交流会を始めとした地域を支える様々な福祉活動に取り組ん頂いております。

 私は、各地区単位で、行政区長さんや民生委員さん並びにPTAの方々を始めとした様々な方々が、福祉委員として共に地域で活動されていることが、地域の福祉力の向上につながっており、こうした市民と密接につながっている社会福祉協議会の活動は、20年以上前から地域を支えてきたわが市の強みであり市の発展のもととなっているものと考えております。どうか、社会福祉協議会の皆様におかれましては、今後とも会員相互の連携を密にされ、お住まいの地域に合った福祉活動を展開して頂き、「誰もが安心して共に暮らせるまち」の実現に向け、より一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。岡市社会福祉協議会並びに同支部の益々のご発展と福祉委員の皆様のご健勝をご祈念申し上げます。


この記事は 2018.2.20 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

1751-%e7%ac%ac32%e5%9b%9e%e3%80%8c%e5%bd%a9%e3%81%ae%e5%9b%bd21%e4%b8%96%e7%b4%80%e9%83%b7%e5%9c%9f%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%80%8d%e5%9f%bc%e8%91%9b%e5%8c%97%e6%94%af%e9%83%a8%e5%a4%a7%e4%bc%9a平成30年2月18日(日)

 本日、第32回「彩の国21世紀郷土かるた」埼葛北支部大会が、このように盛大に開催されますことを心からお祝い申し上げます。このかるた大会は、郷土埼玉の歴史や文化と美しい山や川などの自然をよく知り、ふるさと埼玉をますます好きになって頂くことを目的としていると伺っています。かるた一枚一枚に描かれた意味をとらえながら、礼儀正しくル-ルを守りベストを尽くして競い合った後は、勝ち負けにこだわることなくお互いの健闘をたたえ合い、友情を深めて頂きたいと思います。

 本大会の開催に当たりましては、白岡市子ども会育成連絡協議会の役員の方々をはじめ各子ども会の役員並びに多数の保護者の皆様方には、日頃から子ども会活動にご尽力頂いておりますことに心から敬意を表しますとともに、深く感謝申し上げます。

 子どもは、日本の宝です。最近、若者が将棋、囲碁、平昌冬季五輪等で大活躍し素晴らしい成績を上げているのを見ますとすごく頼もしく思えます。保護者の皆様、日本の将来をしょってたつ子ども達のゆくすえを末永く応援して下さい。きっと期待に応えてくれるものと信じております。本大会が盛会でありますようお祈り申し上げますとともに、選手の皆さんをはじめご参会の皆様方のご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げます。

 

 

 


この記事は 2018.2.19 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成30年2月16日(金)1750-%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%b9%b4%e7%ac%ac%ef%bc%91%e5%9b%9e%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%80%80%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e9%81%8b%e5%96%b6

 今日は、平成30年第1回白岡市議会定例会に向けた議会運営委員会が開催されました。各会派から選出された議員で構成される議会運営委員会は、議会を円滑に運営するために設置され、議会の開催日程の調整や本会議の進行の確認などが行われ1750-2-%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%b9%b4%e7%ac%ac%ef%bc%91%e5%9b%9e%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%80%80%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e9%81%8b%e5%96%b6ます。議会から説明員の出席要求をいただきましたので、私から、平成30年第1回白岡市議会定例会に提案する議案について説明を申し上げました。

 まず、人事案件として「白岡市監査委員の選任について」、「白岡市公平委員会委員の選任について」及び「白岡市教育委1750-3-%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%b9%b4%e7%ac%ac%ef%bc%91%e5%9b%9e%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%80%80%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e9%81%8b%e5%96%b6員会教育長の任命について」3件、条例の制定議案として「白岡市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準等を定める条例」1件、条例の全部改正議案として「白岡市国民健康保険財政調整基金条例」1件、条例の一部改正議案として「白岡市個人情報保護条例の一部を改正する条例」、「白岡市重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する条例」、「白岡市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」、「白岡市介護保険条例の一部を改正する条例」、「白岡市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」、「白岡市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」、「白岡市指定地域密着型サービス事業者等の指定に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」、「白岡市地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例」、「白岡市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例」、「白岡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例」、「白岡市国民健康保険条例の一部を改正する条例」、「白岡市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例」、「白岡市都市公園条例の一部を改正する条例」、「白岡市地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例」、「白岡市都市計画税条例及び白岡市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例」、「白岡市いじめ防止対策推進委員会条例の一部を改正する条例」の計16件です。1750-4-%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%b9%b4%e7%ac%ac%ef%bc%91%e5%9b%9e%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%80%80%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e9%81%8b%e5%96%b6

 次に、規約の変更等を協議することについて、「埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少について」及び「埼玉県市町村総合事務組合の規約変更について」2件、そのほか「白岡市道路線の認定について」1件、「白岡市道路線の廃止について」1件です。

 また、予算関係として、平成29年度一般会計及び特別会計の補正予算8件、平成30年度一般会計及び特別会計並びに水道事業会計当初予算9件です。平成30年第1回白岡市議会定例会に私から提案致しますのは42議案です。準備を重ねてきました今議会定例会は、2月22日(木)から3月19日(月)までの期間開催される予定です。なお、その先はもう春となります。

  *その他 平成29年度第2回白岡市土地開発公社理事会を開催致しました。

   協議事項は、平成29年度土地開発公社補正予算・平成30年度予算が主で

   ありまして、例年とほぼ変わりない内容であります。 


この記事は 2018.2.17 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

1749-%e8%93%ae%e7%94%b0%e7%99%bd%e5%b2%a1%e8%a1%9b%e7%94%9f%e7%b5%84%e5%90%88%e9%96%a2%e4%bf%82%e5%9c%b0%e5%8c%ba%e7%92%b0%e5%a2%83%e4%bf%9d%e5%85%a8%e9%80%a3%e7%b5%a1%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a平成30年2月13日(火)

 本日は、蓮田白岡衛生組合関係地区環境保全連絡協議会(委員11名)が開催されました。委員の皆様には、大変お忙しいところご出席頂き有難うございます。また、当衛生組合の事業運営につきましては、野原会長1749-2-%e8%93%ae%e7%94%b0%e7%99%bd%e5%b2%a1%e8%a1%9b%e7%94%9f%e7%b5%84%e5%90%88%e9%96%a2%e4%bf%82%e5%9c%b0%e5%8c%ba%e7%92%b0%e5%a2%83%e4%bf%9d%e5%85%a8%e9%80%a3%e7%b5%a1%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9aをはじめ委員の皆様のご理解とご協力を賜っておりますことに重ねてお礼申し上げます。

 本協議会は、当衛生組合のごみ処理施設の建設を機に委員の皆様方にお世話になっておるところでありますが、そのほか施設の整備と廃棄物行政の取り組みなど、大変なご指導とご協力を頂いているところであります。只今、当組合では、平成25年度から平成29年度までの5か年事業として、ごみ処理施設並びに粗大ごみ処理施設の基幹的な設備を更新する延命化工事を実施しているところでありまして、本年度で計画していた17件の工事が全て完了する予定であります。

 さて、本日の会議は、①施設維持管理状況についてとし、ごみ焼却施設稼働状況及びばい煙測定結果等、し尿処理施設稼働状況及び放流水水質分析結果等、粗大ごみ処理施設稼働状況についてご報告致し、施設の維持管理状況は良好である旨のご理解を頂きました。②催物の開催状況についてとし、第9回エコプラザまつり開催結果、リサイクル肥料販売会開催結果、タイヤ・バッテリ-引取会開催結果、エコプラザ利用状況及びリュース品展示販売状況、エコプラザ体験講座開催状況について、ご報告致しご理解を頂きました。委員の皆様には、引き続き当組合の運営にご理解ご協力を賜り増すようお願い申し上げます。


この記事は 2018.2.14 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成30年2月11日(日)

 本日は、白岡高校野球部 成人祝・祝勝会にご案内頂き、誠にありがとうございます。先ずは、先程エレベ-タ-とトイレにおいて私に「今日は」と声をかけてくれました皆さん、覚えてくれていたのですねと思い嬉しくなりました。有難うございました。1748-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e9%ab%98%e6%a0%a1%e9%87%8e%e7%90%83%e9%83%a8%e3%80%80%e6%88%90%e4%ba%ba%e7%a5%9d%e3%83%bb%e7%a5%9d%e5%8b%9d%e4%bc%9a成人を迎えられた皆さん、誠におめでとうございます。新しい時代を担う皆さんが、立派な成人として新たな人生の第一歩を踏み出されましたことを心からお祝い申し上げます。1748-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e9%ab%98%e6%a0%a1%e9%87%8e%e7%90%83%e9%83%a8%e3%80%80%e6%88%90%e4%ba%ba%e7%a5%9d%e3%83%bb%e7%a5%9d%e5%8b%9d%e4%bc%9a

 また、本日は「全国高等学校野球選手権埼玉大会」準優勝の祝勝会とのことでございますが、皆さんと久しぶりにお会いして平成27年の夏に思いを馳せますと、今でもあのときの感動が昨日のことのようによみがえり、胸が熱くなってまいります。白岡高校の皆さんが大活躍し準優勝を勝ち取った埼玉大会では、私は市役所に都合をつけてもらい、ほぼ全ての試合を球場で観戦致しました。特に試合前のシ-トノックやブルペンでのバッテリ-の練習を見て、試合を予測するとか試合中の一球一球による相対するチ-ムの作戦の妙を読むのを、バックネット裏で熱心見つめておりましたが、白高が勝ち進むにつれ応援団と一緒になり応援を致しました。

 これまで無名であった県立高校が、全国的にも有名な私立高校を次々と撃破していくさまは、白岡市民に大きな感動を与えて下さいました。市役所にも、皆さんを応援する電話やメッセージを数多くいただき、甲子園出場の期待がかかった決勝戦では、市役所にモニターを設置して集まった市民や職員が一丸となって野球部の皆さんに熱い声援を送りました。その快進撃により、「白岡」の名を埼玉県内はもとより、県外にも広く知らしめてくださいましたことに、心からお礼申し上げます。 

 また、包容力の小林校長先生、個性とそれぞれ練習により高度な技術を持つ選手をまとめ、一丸となり試合に臨む体制を作り上げ生徒たちを大きく成長させた鳥居監督をはじめコ-チ、チームを影ながら支えられたOB、後援会等の皆様に深く敬意を表する次第でございます。白岡市は、今後市政進展のためにも、埼玉県立白岡高等学校と同野球部の活躍を応援してまいります。成人を迎えられました皆様には、時には白岡市に足を運んで頂ければ幸いです。本日ご参会の皆様、白岡高校野球部のますますのご健勝とご活躍をご祈念申し上げます。

  

 


この記事は 2018.2.12 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/2/12

寺塚睦会蕎麦会

平成30年2月11日(日)

 ようやく福寿草が大きくなった本日は、寺塚睦会主催の蕎麦会にご案内を頂き、誠にありがとうございます。このように盛大に蕎麦会が開催されますことは、皆様1747-%e5%af%ba%e5%a1%9a%e7%9d%a6%e4%bc%9a%e8%95%8e%e9%ba%a6%e4%bc%9aのご協力はもちろんのこと、齋藤会長さんをはじめとする役員の皆様方のご尽力の賜物と深く敬意を表する次第でございます。また日ごろから、地域からまちづくりを進めて頂いております皆様方には、市政運営に多大なるお力添えを頂戴しておりますことに、心から感謝申し上げる次第でございます。1747-2-%e5%af%ba%e5%a1%9a%e7%9d%a6%e4%bc%9a%e8%95%8e%e9%ba%a6%e4%bc%9a

 さて、市役所のとなりに建設中でございます「生涯学習センター」の工事が着々と進んでおり、昨年末には外壁材の取付作業が完了し、只今は足場の取り除きが進んでおりまして、今年10月のオ-プンに向け現在も整備を進めております。引き続き、本市においても活力ある地1747-3-%e5%af%ba%e5%a1%9a%e7%9d%a6%e4%bc%9a%e8%95%8e%e9%ba%a6%e4%bc%9a域社会を維持していくために、シニア世代などが生き生きと活躍できる仕組みづくりや、子どもたちが将来に向けて大きな夢や希望を抱くことができる取り組みを進めてまいります。

 また、昨年来から申しておりますが、私は、白岡市へのふるさと納税や企業の進出希望など「白岡市を知ろう」あるいは「白岡市を知りたい」という方が確実に増えてきているということを肌で感じております。一つの例ですが、白岡工業団地内に、大きな物流施設の建設も予定されております

 私は、市政を預かるに当たり、白岡市が市民の皆様に満足を頂きまた多くの皆様や企業から注目して頂けるような市にするため、白岡中学校周辺の新たな土地利用や白岡宮代線をはじめとした都市計画道路の着実な進捗など、各種事業を展開してまいりたいと存じます。なお、陳情も頂いております当地区及び各地区道路改良につきましては、鋭意努力してまいります。

 今年も、市民の皆様の幸せと本市のさらなる発展のために全力を傾注してまいる所存でございますが、これも市民の皆様のご協力ご支援があってこそ実現できるものでございます。どうか、寺塚睦会の皆様方におかれましては、今後とも親睦を深められ、市政の進展のためより一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。寺塚睦会のますますのご発展と、ご参会の皆様のご健勝とご多幸を心からご祈念申し上げます。

 

 


この記事は 2018.2.12 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

1746-%e7%ac%ac%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%9b%9e%e6%9d%b1%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%b9%bc%e5%85%90%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%ef%bc%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a平成30年2月11日(日) 

 本日は、サッカ-球児の皆様、白岡市にお越しくださり誠にありがとうございます。(参加チ-ムは、東京都、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県の各地からです)皆様を白岡市にお迎えし、開始時間を1時間ずらして1746-2-%e7%ac%ac%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%9b%9e%e6%9d%b1%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%b9%bc%e5%85%90%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%ef%bc%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9aの第30回東日本幼児サッカ-大会がこのように盛大に開催されますことは、誠に喜ばしく心からお祝い申し上げす。

 選手の皆さんにおかれましては、今日の大会に向けて監督、コ-チ、指導者のもと一生懸命練習をされてきたことと思います。今日は、日ごろの練習の成果を思う存分発揮して明るく、楽しく、元気よく、みんなで力を合わせてプレ-して、悔いのないように頑張ってください。張り切りすぎて、けがなどしないように気をつけてくださいね。1746-3-%e7%ac%ac%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%9b%9e%e6%9d%b1%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%b9%bc%e5%85%90%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%ef%bc%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a

 また、他のチ-ムの選手とも仲良くなって頂き、たくさんお友達をつくって、この大会を良い思い出にしてください。保護者の方々も沢山お見えになっておりますので、ひとつだけ白岡市をPR致します。白岡市は今年度、日本サッカ-協会と提携致しまして、若い子どもたちに1746-4-%e7%ac%ac%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%9b%9e%e6%9d%b1%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%b9%bc%e5%85%90%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%ef%bc%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a将来に渡り夢と希望を持ち続けて頂くことを目的し、サッカ-協会の現役の選手、OBの方によります、楽しみながらのサッカ-実技・勉学を教えて頂いております。

 今年度は、全校・五年生に教えを頂きました。生徒は、目を丸くして指導者をうけいれて一緒に楽しく過ごして頂きました。これからも引き続き、日本の宝となる若者を育ててまいります。この大会の開催に当たり、ご尽力を賜りました関係者の皆様に深く敬意を表しますとともに、選手の皆さんのご活躍を心からお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 


この記事は 2018.2.12 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

cimg0158平成30年2月10日(土)

 白岡市コミュニテーセンター2階第1・2会議室で党員とサポーターズの皆さん、また来賓として衆議院議員土屋品子様、参議院議員関口昌一様、参議院議員古川俊治様の代理の高橋秘書、参議院議員片山さつき様、cimg0159衆議院議員百武公親様をお迎えし、自由民主党白岡支部第20回定期大会を開催しました。

 昨年を振り返りますと10月安倍首相による突然の衆議院解散は、準備の時間がとれないほど皆様に多大なお骨折りをおかけしました。しかし、白岡支部は埼玉13選挙区の土屋品子候補を、各種団体の協力を得て選挙対策本部を立ち上げ見事当選させることが出来ました。その上、北関東比例区から立候補した百武公親候補も、白岡市民として初めて国会議員として当選させることが出来ました。cimg0164

 その結果、国民の力強い支持を受け政権与党で2/3を超える議席を獲得し、

引き続き安定した政権運営が出来ることになりました。しかし、比例選挙区の得票率を見ると自民党33.28%、立憲民cimg0160主党と希望の党の合計得票率は37.24%であり、今後丁寧な政権運営に努めなければ、対抗勢力次第では再び逆風を受ける可能性があります。ですから今後は、安倍政権が掲げている「人づくり革命」と「生産性革命」を真剣に誠実に推し進めて行かなければならないと思われます。

 白岡支部にあっては、役員のcimg0161改選期でもなくまた党員の減少もなく、安定した支部活動の上昨年10月22日投開票の第48回衆議院議員選挙に臨むことが出来たことは幸いなことでもあり、また党委員並びにサポーターズの皆様をはじめ市民の皆様の温かく力強いご支援・ご協力を心より感謝する次第であります。今後とも自民党白岡支部は、白岡が目指す「住みやすい元気なまちづくり」に全力を挙げて応援して行きたいと思います。


この記事は 2018.2.11 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/2/5

平成30年2月5日(月)

 本日は、埼玉県知事公館で行われた平成29年度交通安全功労者等表彰式に出席しました。埼玉県交通安全対策協議会表彰規程に基づき、交通安全功労者(47名)、交通安全功労団体(12団体)、優良運転者(10名)、交通安全対策事業協力者(2名・2団体)、交通死亡事故ゼロ市町村(7市町村)、交通安全推進市町村(7市町)が表彰されました。1744-%e4%ba%a4%e9%80%9a%e5%ae%89%e5%85%a8%e5%8a%9f%e5%8a%b4%e8%80%85%e7%ad%89%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%bc%8f

 白岡市は「交通安全推進市町村」として、また白岡市にお住まいの交通安全母の会会員及び交通指導員が「交通安全功労者」として表彰を受け、最後に上田知事と記念撮影を致しました。

 白岡市では、「子どもと高齢者の交通事故防止」と「自転車の安全利用の推進」などの重点項目を軸に、街頭指導や啓発活動、子どもや高齢者の交通安全教育、路面標示を始めとする交通安全施設の整備など、様々な施策を講じております。今後も、交通事故のない「安全なまち」とするため、関係機関・団体との連携を深めながら、これまで以上にきめ細やかな取組を推進していく必要があると私も決意を新たに致しました。


この記事は 2018.2.5 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成30年2月4日(日)

 本日は、白岡市観光協会設立15周年記念式典を開催致しました。会員の皆様をはじめご参会の皆様におかれましては、日頃白岡市の観光行政にご尽力を賜り、この場をお借りして深く感謝を申し上げる次第でございます。1743-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%a6%b3%e5%85%89%e5%8d%94%e4%bc%9a%ef%bc%91%ef%bc%95%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%bc%8f%e5%85%b8ご来賓の皆様には、公務ご多忙の中、ご臨席賜り有り難く厚くお礼申し上げます。

 観光協会は、平成15年3月に発足してから今年度で15周年を迎えることができました。これまでの間、観光資1743-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%a6%b3%e5%85%89%e5%8d%94%e4%bc%9a%ef%bc%91%ef%bc%95%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%bc%8f%e5%85%b8源が乏しいと言われていた白岡市において、理事の皆様及び会員の皆様のご協力のもと、各種イベントの開催や市内の豊かな自然・歴史などの観光資源の再発見により、観光行政の推進を図ることができました。多くの事業に取り組んできた15年の間には協会事務所の移転や市制の施行、そして埼1743-3-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%a6%b3%e5%85%89%e5%8d%94%e4%bc%9a%ef%bc%91%ef%bc%95%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%bc%8f%e5%85%b8玉県知事から当協会事業が表彰されるなど、多くの出来事がありました。当初は約370人だった会員数も、現在では約820人を超え身近な観光協会を目指すことができました。

 また、設立以来実施してまいりましたイベント部会、資源研究部会、宣伝広報部会の三部会1743-4-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%a6%b3%e5%85%89%e5%8d%94%e4%bc%9a%ef%bc%91%ef%bc%95%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%bc%8f%e5%85%b8と部会の正副部会長で構成される幹事会を中心とした事業はすっかり定着し、市民の皆様に愛されている観光協会であると認識しております。本日は15周年の記念として、各種アトラクションと特別講演「中島撫山と白岡の文化と教育」を予定しております。中島撫山は白岡の先人たちに教育を施した偉人です。教育により地域に優秀な人材が育つと、おのずと素晴らしい文化が生まれ、それを見て頂くのが観光の務めと考えたことから企画したものでございます。1743-5-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%a6%b3%e5%85%89%e5%8d%94%e4%bc%9a%ef%bc%91%ef%bc%95%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%bc%8f%e5%85%b8

 早稲田大学の名誉教授でいらっしゃる講師の村山先生は、多方面で講演をなされており、5年前の白岡市制施行記念講演の際にもご講演頂きました。本日も興味深いお話が伺えると思いますので楽しみにして頂きたいと存じます。会員の皆様におかれましては、今後とも、市観光行政にご尽力を賜りますようお願い申し上げる次第でございます。本日ご出席頂きました、会員の皆様方をはじめご参会皆様の益々のご発展とご健勝をご祈念申し上げます。1743-6-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%a6%b3%e5%85%89%e5%8d%94%e4%bc%9a%ef%bc%91%ef%bc%95%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%bc%8f%e5%85%b8

 なお、その後、白岡の歴史を語る会主催によります、村山吉廣先生を囲む懇親会が興善寺圓通閣で開催されお招き頂きました。村山吉廣先生には、先程は、白岡市観光協会の15周年記念式典の講演において、「中島撫山と白岡の文化と教育」というテ-マで、中島撫山をとおして、白岡市の文化と教育につきまして専門的な立場から大変わかりやすい講演を頂きありがとうございました。村山先生のお話をお聞きしまして、白岡市の先人たちの文化や教育活動を理解することができ、一層ふるさと白岡に誇りを持つことができました。大変有意義な懇親会を企画されました「白岡の歴史を語る会」のご発展と、皆様方のご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げます。

  *その他、大雪の後の厳しい冷え込みが続いておりますが、体調管理も自分の

   務めであると考えまして、先週の会合・行事を幾つか(日曜日の5件のうち

   1件、火曜日の5件のうち2件、土曜日の3件のうち1件)を副市長にお願

   い致しました。行事等が行われ、参加できなかったことにつきましては申し

   訳ありませんでした。皆様には立春とはいえ寒さ厳しいおりご自愛下さい。


この記事は 2018.2.5 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/2/5

市民と市長との対話集会

1742-%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%a8%e5%b8%82%e9%95%b7%e3%81%a8%e3%81%ae%e5%af%be%e8%a9%b1%e9%9b%86%e4%bc%9a平成30年2月3日(土)節分

 本日は、「白岡街づくり勉強会」の皆様方と対話集会を実施致しました。本日のテ-マは、「都市計画及び農業政策」についてでありましたので、私の考えを申し上げました。始めに、都市計画についてでございま1742-2-%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%a8%e5%b8%82%e9%95%b7%e3%81%a8%e3%81%ae%e5%af%be%e8%a9%b1%e9%9b%86%e4%bc%9aす。昨年度策定した第5次総合振興計画後期基本計画では、本市の抱える重要な課題に対して重点的に取り組むため、3つのプロジェクトを掲げました。そのうち2つのプロジェクトが今日のテ-マになりました。その1が、「まちのにぎわい創出プロジェクト」として白岡中学校周辺区域における都市的土地利用を推進し、人や物が集まる都市機能を集中させることです。その2が「地域活性化プロジェクト」として、人口減少や高齢化が顕著に現れている地域の活性化を図ることです。

 白岡市の特徴として、駅からわずか300mの場所から広がる白岡中学校周辺区域が農地として残っています。白岡駅に近く、また幹線道路へのアクセスなど優れた交通利便性を有しています。一方で埼玉県では、人口減少・超高齢社会の到来を踏まえ、日常生活に必要な利便施設が適切に配置・集積された「歩いて暮らせるまち」の実現を目指すため、市街地の拡散を抑制する方針を示しています。一見しますと、白岡中学校周辺区域に大規模集客施設を立地するために市街化編入することは、市街地の無秩序な拡散のように映るかもしれませんが、当市の場合は駅周辺に人・物を集積させることで、賑わい拠点を市の中心部に立地させることで、市民が暮らしやすいコンパクトなまちづくりを目指しています。

 他方、駅や中心市街地から離れた地域に目を向けますと、人口減少や高齢化が顕著に現れている地域もあり、将来活力ある地域社会の維持が困難となることが懸念されています。このため、拠点を結ぶ交通連携軸を形成することで生活利便性の向上を図り、定住人口を確保し地域の活性化や市内外からの交流人口の増加を目指してまいります。さらに、交通連携軸の形成と併せて人口減少や高齢化が顕著に表われている地域には、生活に必要な一定規模の商業施設等の誘致も必要であると考えております。地域の定住促進に向けた小さな拠点づくりを進め、集落の維持と活性化を図ってまいりたいと考えています。

 次に、「高齢化や人口減少が進む中、コンパクトシティ等を勘案する時期ではないか、また、当市は人口増減が同時進行しているが今後どう取り組むのか」ということにつきまして、私の考えを申し上げます。白岡市は、首都圏40km圏内にあり2つのJRの駅を有していることから、もともとベッドタウンとしての魅力が高く加えて公共施行による区画整理事業等により住環境の整備を進めてきたことにより、現在でもわずかではありますが人口が増えております。一方で、中心市街地から離れた地域では人口減少が進んでおり、地域の定住を促進するような小さな拠点作りや中心市街地との交通ネットワ-クが必要とされています。人口減少社会を迎えコンパクトシティの必要性が注目されておりますが、白岡市のコンパクトシティは中心市街地の活性化というだけではなく、いかに市民が暮らしやすい街をつくるかということだと考えています。

 このため、既存の市街地に集積させることが難しい医療、福祉施設や商業施設などの生活利便施設を市の中心に新たに集約させ、それらと連携した交通ネットワ-クを形成することで、コンパクト+ネットワ-クにより、中心市街地から離れた地域の利便性も確保しつつ、市全体の利便性の向上を目指しております。

人口増減の同時進行という課題につきましては、市全体の利便性の向上により、人口の流出を防ぎ、若年層や子育て世代を呼び込むことで対応してまいりたいと考えております。

 これまで申し上げた施策を実現するための道筋について私の考えを申し上げます。人口減少を迎えた現在では、様々な分野において拡大社会の論理が合わなくなっており、既成概念にとらわれない考え方や取り組みが求められております。

そのため、第5次総振後記基本計画の実現に向け、自治体の特性を踏まえつつ市民目線を取り入れ、市民協働によるまちづくりを進めていくことが大切だと考えております。

 続きまして農業政策でございます。日本農業は、新たなTPP農業分野の今後の動きや減反政策終了後のコメの需給バランスの問題など混沌としている状況にあります。白岡市でも農業従事者の高齢化、後継者不足、耕作放棄地の増加など様々であり、また当市は首都圏近郊のため、就業機会に恵まれ兼業農家や自給的農家が多数を占めております。このような状況の中、白岡市の農家と農地をどのように守り農業振興を図っていくか、これは私に課せられた責務であると考えておるところでございます。農業を競争力のある産業にするためには、規模の拡大が必要でございますが、それだけでは当市の農業が抱える問題が解決するかというと、なかなか難しい面もあろうかと存じます。

 私としましては、第5次総振後期基本計画を基に、農業担い手の掘り起こしや農地の持つ多面的な機能を発揮させ、さらには農地の集約集積を進めあわせて首都圏近郊の地の利を生かし、持続可能な農業の実現に取り組んで参りたいと考えておるところでございます。現在の施策の具体的な内容は、担当からの説明となりましたが、少し申し上げますと白岡市の農作物といえば、皆様一番先に思いつくのが梨だと思います。ご存知のとおり白岡の梨は県内で毎年トップクラスの収穫量を誇っております。梨は、毎年4月に真っ白い花が咲き受粉作業を行ない、7月末から収穫が始まります。みずみずしい幸水から秋の新興等まで色々楽しめる事ができ、市で最も活気のある時期でもあります。そんな梨も、昭和40年から50年代に全盛期を迎え、それ以降、梨農家及び面積は減少傾向にあり、現在梨農家は77軒、面積は約50haになっております。

 白岡市の農家全体をみましても昭和40年代頃は1,500軒程ございましたが、今では約半分の700軒程にまで減ってしまいました。このような厳しい状況でありますが、市では主に梨をはじめ米やトマトを主要農作物として、多くの農家の皆様が作付けをしておるところでございます。各農家の皆様におかれましては、市農業の振興に大きく貢献して頂き感謝を申し上げるしだいでございます。お陰様で、昨年NHKやテレビ埼玉の番組で白岡の梨やお米を紹介して頂き、白岡の農作物を広めることができ大変嬉しく思っておるところでございます。また、ふるさと納税の返礼品としても多くの農作物を取り扱っておりますことから、その宣伝効果はさらに上がったものと思われます。今年も、テレビ局の方々が必ず来て頂けると確信しております。引き続き私といたしましては市農業の発展のために、様々なツ-ルを使って市農作物の情報発信等に努めて参る所存でございます。

 また、最近では市内全体を見渡しますと、ネギ栽培を行う農業法人が市内に参入し大規模に事業展開を行っております。このような動きは、今後の市の農業施策を考えていく上で重要な位置づけになっていくものであると思っております。このように、農業の情勢も時代と共に経営形態等が変化してきております。私といたしましても、様々な情勢等に順応したそして市の特色に合致した独自の施策等を打ち出せればと思っております。そのためには、皆様からのいろいろな意見や提案等の声が必要になります。そういった声は施策を展開する上で大きな財産であり宝であります。以上、私からの都市計画と農業政策の考えを述べさせて頂きました。皆様方には市政運営に対しまして、今後とも変わらぬご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


この記事は 2018.2.5 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/2/4

第21回いけばな展

平成30年2月3日(土)節分

 本日は、白岡市華道連盟主催によります第21回いけばな展の開会式にご案内頂き、誠にありがとうございます。1741-%e7%ac%ac%ef%bc%92%ef%bc%91%e5%9b%9e%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%b0%e3%81%aa%e5%b1%95いけばな展が、関会長をはじめ関係皆様方のご尽力により、このように盛大に挙行されますことを心からお喜び申し上げます。1741-2-%e7%ac%ac%ef%bc%92%ef%bc%91%e5%9b%9e%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%b0%e3%81%aa%e5%b1%95

 さて、私は、常々文化や芸術にふれることは、情感を高め豊かな人間性を培い現代人の心の糧として欠くことのできないものであり、地域の文化活動がさらに活性化されることで白岡市の個性が磨かれより魅力的な市になるものと考えております。そのため、市では現在生涯1741-3-%e7%ac%ac%ef%bc%92%ef%bc%91%e5%9b%9e%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%b0%e3%81%aa%e5%b1%95学習・地域コミュニティ・文化創造の拠点となる白岡市生涯学習センタ-の整備を進めており、10月1日のオ-プンに向けて建設工事を進めております。

 「学び楽しむまちづくり」を目指して様々な取組を行ってまいりますので、皆様方におかれましては今後ともそれぞれの活動を通じて、市政進展のため、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。いけばな展の開催にご尽力頂きました皆様方に心から敬意を表しますとともに、ご参会の皆様方のご健勝とご多幸を心からご祈念申し上げます。

 

 


この記事は 2018.2.4 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/2/2

都市計画審議会

1740-%e9%83%bd%e5%b8%82%e8%a8%88%e7%94%bb%e5%af%a9%e8%ad%b0%e4%bc%9a平成30年2月2日(金)

 本日は、平成29年度第2回都市計画審議会を開催致しました。委員の皆様には、ご多忙にも関わらずご出席頂きまして、誠にありがとうございます。また、日ごろから本市のまちづくりに対し、格別のご理解とご協1740-2-%e9%83%bd%e5%b8%82%e8%a8%88%e7%94%bb%e5%af%a9%e8%ad%b0%e4%bc%9a力を賜っておりますことに、厚くお礼申し上げます。

 市では、第5次白岡市総合振興計画の重点プロジェクトの一つに、「まちのにぎわい創出プロジェクト」を掲げ、白岡中学校周辺区域における都市的土地利用を実現するべく鋭意取組を進めており、昨年10月には関係権利者のご理解のもと、「白岡中学校周辺区域土地利用協議会」を設立したところでございます。今後は、この土地利用協議会と市が連携し白岡中学校周辺地区における都市的土地利用の実現に向けて、まちづくり基本構想や土地利用計画案等の検討を進めてまいりたいと考えております。

 さて、本日は、「蓮田都市計画地区計画の変更について」1件諮問させて頂きました。なお、白岡市では7地区を指定しておりますが、この度は白岡ニュ-タウン地区地区計画、テクノパ-ク白岡地区地区計画、白岡物流センタ-地区地区計画、白岡西部産業団地地区地区計画の4地区について、区分の名称の用途地区を現状に合わせる変更や建築基準法別表第2項に掲げる建築物等の用途の制限などについて一部地区計画の変更を行ったものであります。都市計画審議会委員の皆様方におかれましては、忌憚のないご意見を頂き、本市のまちづくりの進展にお力添えを賜り有難うございました。委員の皆様方の益々のご健勝をご祈念申し上げます。

 

 


この記事は 2018.2.2 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/2/2

白岡市空家等対策協議会

平成30年2月2日〔金〕1739-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e7%a9%ba%e5%ae%b6%e7%ad%89%e5%af%be%e7%ad%96%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a

 本日は、平成29年度第4回白岡市空家等対策協議会を開催致しました。これまで、委員の皆様には本市における空家等(371件)がもたらす様々な問題についてご審議を頂戴してまいりましたところ、本日「空家等対策計画」の最終案をご決定1739-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e7%a9%ba%e5%ae%b6%e7%ad%89%e5%af%be%e7%ad%96%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a頂きました。また、昨年12月から今月までパブリックコメントを実施しまして、市民の皆様からのご意見も頂戴し、最終案としてご提示させて頂いたものでございます。

 空家問題と一口に申しましても、様々な要因によって悩みを抱えていらっしゃる方々が多くいらっしゃいます。空家等の所有者は、相続によって得た空家の処分に苦慮されたり、利活用の方法が分からないといった悩みを抱える一方、周辺の方にとっても空家から繁茂した草木が越境してくるなど、深刻な問題となっております。本計画の策定後も、地域住民の皆様や関係団体の皆様のお力添えを賜りまして、一歩ずつ着実に空家等問題の解消に向けた取組を講じてまいりたいと存じます。

 委員の皆様におかれましては、引き続き地域の実情や専門的な視点など、それぞれのお立場から忌憚のないご意見を頂戴致しまして、本計画の実効性を高めてまいりたいと考えております。なお、協議会終了後皆様にお礼を申し上げました。本市における空家等対策を総合的かつ計画的に推進していくための「白岡市空家等対策計画」を、無事に策定することができました。委員の皆様におかれましては、長期間に渡り慎重かつ活発なご協議を頂き、あらためて深く感謝申し上げます。空家等の問題は所有者だけではなく、関係者や周囲にも影響を及ぼす問題であることはご承知のとおりでございます。

 本計画で掲げる基本方針のとおり、空家等の管理責任が第一義的には所有者にあることを前提としつつ、地域住民や関係団体の皆様とともに、予防、活用、解消の取組を進めてまいりたいと存じます。委員の皆様におかれましては、引き続き空家等問題の解消に向け、それぞれのお立場からご意見を頂戴したいと考えておりますので、一層のご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。空家等対策協議会委員皆様の、ますますのご健勝とご活躍をご祈念申し上げます。

 

 


この記事は 2018.2.2 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2018/2/1

埼葛斎場組合議会定例会

平成30年2月1日(木)

 本日は、埼葛斎場組合議会定例会が開催され議案は4件でございました。議案第1号は埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少について、議案第2号は埼玉県市町村総合事務組合の規約変更についてでございます。1738-%e5%9f%bc%e8%91%9b%e6%96%8e%e5%a0%b4%e7%b5%84%e5%90%88%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9aともに、入間東部地区衛生組合が平成30年3月31日をもって解散すること、また入間東部地区消防組合が入間東部地区衛生組合と統合の上、平成30年4月1日より入間東部地区事務組合に名称変更することに伴うものです。

 また、議案第3号は平成29年度埼葛斎場組合一般会計補正予算(第2号)についてでして、内容はすでに執行見込みがついたことによる補正でございます。議案第4号は平成30年度埼葛斎場組合一般会計予算についてでございます。新予算の歳入歳出総額はともに、478,341千円で、対前年比17,469千円増でございます。なお、この予算に少し関連致します平成30年度末の地方債見込み額は、239,689千円となり従前よりは相当額減少しておりましてこれは良いことであります。

 以上4議案は、質疑のうえ可決賜りました。天気予報のとおり、午後1時30分頃から雨となりました。今晩は、市職員の土曜会が開催され招待頂きましたので、大勢の皆さんと参加し懇親を深めることができました。しかし帰りにはみぞれがかなり降ってまいりましたのて、明日の天気がとても気がかりとなりました。


この記事は 2018.2.1 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動