ブログ

ホームブログ

平成28年1月22日(金)

  本日は、埼葛北部地域労働組合連合会の旗開きがこのように盛会裏に開催されますこと心からお祝い申し上げます。また、ご案内を頂き誠にありがとうございます。埼葛北部地域労働組合連合会の皆様におかれましては、日ごろから、白岡市の市政運営に対し、ご支援・ご協力を賜り重ねてお礼を申し上げます。

  貴組合連合会におかれましては、労働者の利益や雇用の安定を守るため、地域の賃金底上げ及び労働条件の改善を求める運動や労務相談などの活動をされておられますことに、深く敬意を表する次第でございます。

  さて、人口が減少していく中で本市はわずかながらも増え続け、5万2千人を超えました。順調に市政運営が進展している中にあっても、今後の人口減少社会に対応し、住みよい環境を確保して活力ある地域社会を維持していくために、本年は地方創生の第一歩として、目指すべきまちづくりの方向と人口の将来展望を示す「白岡市人口ビジョン」と「白岡市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、住んでよかったと感じるまちづくりに全力を傾注してまいります。なかでも、JR宇都宮沿線の蓮田市・白岡市・久喜市連合によります、新たな仕組みつくりを策定してまいりたいと考慮中であります。

  さらに、生涯学習施設の整備や防災行政無線のデジタル化への取組、教育施策、福祉施策、都市整備施策等、今まで以上に住みよく魅力あるまちとなるよう、これからも努めてまいります。

  新年でございますので、少し白岡市に係ります明るいお話を一つ申し上げますと、白岡市立篠津中学校卒業生の方で廣瀬史子様という方がおりまして、この方は5年前に宇宙航空研究開発機構(ジャクサ)が開発し発射さした、金星探査機「あかつき」の極めて難易度の高いといわれました、軌道修正に成功されました35歳の女性の方であります。私達の身近に、このような素晴らしい方がおりますのは、大変嬉しくまた勇気も頂いております。

  なお、初めての埼北労連の旗開きに出席致しましてお聞きしましたことは、戦争法を必ず廃止し暮らしをまもるということと、久喜総合病院・久喜厚生連病院への継続した労働力の確保、地域医療施設の存続と当市が国民健康保険料の改定を行うにあたり基金の取り崩しを行い、改定料金の影響を極力抑えられたというお話しがありまして、とても参考になりました。

  今後とも、埼葛北部地域労働組合連合会の皆様におかれましては、市政運営により一層のご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、皆様のますますのご発展とご活躍をご祈念申し上げます。


この記事は 2016.1.23 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成28年1月21日(木)

  本日は、久喜・幸手地区保護司会新年会が盛大に開催されますこと心からお祝い申し上げますと共にいつもお招き頂き有難うございます。日ごろ、保護司の皆様方におかれましては、地域における更生保護活動にご尽力され、明るい社会の実現に大きな役割を果たしておられますことに心から敬意を表す次第でございます。

  さて、社会情勢の複雑な変貌を背景に、犯罪や非行はますます多様化し、犯行手口の巧妙化が進んでおります。また、近年ではマスコミで報道されていますように、家族間での悲惨な事件や子どもが犠牲となるような痛ましい事件など凶悪、粗暴な事件が後を絶ちません。こうした中、地域社会において様々な立場の人々が手をたずさえ、力を出し合って地域の犯罪や非行をなくすと共に、犯罪や非行をした人への立ち直りの支援が地域社会に求められているところであり、保護司の皆様方に期待される役割は一層高まるものと考えております。

  市政の進展には、地域皆様のふれあいや支え合いが不可欠であります。私と致しましても、引き続き安心して暮らせるまちづくりを推進するため、関係機関と連携し、犯罪のない明るい地域づくりに努めて参りますので、今後とも皆様方のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。当市と致しましては、平成28年度は防災行政無線の完全デジタル化を実施します。また、市民待望の図書館機能を有した生涯学習施設の秋の着工等、安心明るいまちづくりを進めて参ります。

  また、新春でありますので、少し明るい話題を一つお話し致しますと、白岡市立篠津中学校卒業生の方で、廣瀬史子様という方がおります。この方は、5年前に宇宙航空研究開発機構(ジャクサ)が開発し発射した、金星探査機「あかつき」の極めて難易度の高いといわれました、軌道修正に成功されました35歳の女性の方であります。私達も、このように身近に素晴らしい方がおりますのは、大変嬉しくまた勇気も頂いております。

  なお、私ごととなりますが、過日全国保護司会会長より、表彰を賜りました。本日はこれを記念して、私に対し久喜幸手地区保護司会の皆様より祝品を頂きました。突然のことで大変驚くとともに、保護司の皆様方に深く感謝と御礼を申し上げる次第であります。久喜・幸手地区保護司会の益々のご発展と、会員皆様方のご健勝をご祈念申し上げます。

   *今週は、職員昇任試験委員会の開催や長年功績のある職員の方々の取り扱いで多忙です。


この記事は 2016.1.22 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成28年1月20日(水)

  本日は、埼玉県電気工事工業組合久喜支部新年会が盛大に開催されお喜び申し上げますとともに、例年お招き頂き誠にありがとうございます。貴支部におかれましては、会員皆様の力強い結束と協力のもと、積極的な事業の推進に努められ、当市をはじめと致します久喜支部管内への電気設備工事に多大なるご協力を頂き、深く感謝を申し上げる次第でございます。

  また、昨年度から久喜支部長に就任された弓木様におかれましては、誠におめでとうございます。本年4月から電力小売りの完全自由化が始まり、電気事業の一大転換期が訪れることと存じます。弓木支部長には今後とも、久喜支部の活動の中心としてさらなるご活躍をご期待申し上げます。

  さて、人口が減少していく中で、当市はわずかながらも増え続け5万2千人を超えました。順調に市政運営が進展している中にあっても、今後の人口減少社会に対応し、住みよい環境を確保して活力ある地域社会を維持していくために、本年は地方創生の第一歩として、目指すべきまちづくりの方向と人口の将来展望を示す「白岡市人口ビジョン」、また今後5か年の目標と政策の基本的方向を定める「白岡市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、子育て支援、教育施策、福祉施策、都市整備施策等を図り、住んでよかったと感じるまちづくりに全力を傾注してまいります。

  さらに、図書館機能を有した生涯学習施設の整備や防災行政無線のデジタル化への取組等今まで以上に住みよく魅力あるまちとなるよう議会及び市民皆様と心を一つにし、これからも努めてまいります。

  皆様におかれましては、今後とも市政運営により一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げますとともに、埼玉県電気工事工業組合久喜支部のご発展と皆様方のご健勝とご多幸をご祈念申し上げます。 

 

 

 


この記事は 2016.1.21 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成28年1月19日(火)

  本日は、市内残雪のうち久喜地区更生保護女性会新春のつどいが、このように盛大に開催されますこと心よりお祝い申し上げますと共にご案内を頂き、誠にありがとうございます。日ごろ、皆様方におかれましては、愛の募金活動やミニ集会、更生保護施設の支援など多方面にわたり活動され、犯罪や非行の未然防止とともに、更生保護に貢献されておりますことに敬意を表す次第であります。

  さて、先日、県内では3歳の女児がやけどを負い死亡し、家庭での虐待の可能性があったとみられる痛ましい事件が発生しております。近年、新聞やニュース等では、子どもに関わる事件が多く報道されており、子どもが不幸にも犯罪の犠牲となり被害者に、また一方では、罪を犯し加害者となってしまう件が増えております。

  埼玉県の青少年問題をめぐっては、平成26年中の刑法犯少年の検挙・補導された人数は減少傾向にあるものの、検挙人員に占める中学生の割合が10年連続で高校生を上回り、非行の低年齢化が顕著になっているほか、犯罪少年の再犯者率は30パーセント台後半を維持しており、高止まりの状況にあります。

  また、スマートフォンを始めとする新たな機器やサ-ビスが急速に浸透するなど、青少年がインターネットを利用した犯罪をおこしたり、また、被害に遭う事例が絶えません。このため、青少年の非行や被害防止には、地域の大人達がそれぞれの立場から子どもの「SОS」を見逃さないことが重要であり、地域で守り育てる取組みが必要でございます。

  久喜地区更生保護女性会の皆様方におかれましては、子ども達が安心して健やかに成長ができますよう、今後とも犯罪や非行のない明るい社会実現のため、女性の細やかな優しさと深い愛情のもとご支援を賜りますようお願い申し上げます。

  本日は、女性の皆様ですので最近白岡市にかん絡んだ女性の活躍と明るいニュ-スのお話を二つ致します。まず、12月に白岡市立白岡東小卒で篠津中卒であります廣瀬史子さまが、金星探査機「あかつき」への極めて難易度の高いといわれております金星周回軌道投入に成功した快挙がありました。

  もう一つは、先の日曜日に白岡新春マラソン大会を実施いたしました。当日は、ゲストランナ-として素晴らしい方に来て頂きました。昨年11月に行われましたオリンピック選考レ-スでもございます「第1回さいたま国際マラソン日本代表チャレンジャ-の部」におきまして、日本人トップという素晴らしい成績を収められました、吉田香織選手をゲストランナ-としてお迎えしております。

  このように、私たちの身近なところで、女性の方が大活躍しております昨今であります。久喜地区更生保護女性会の皆様におかれましては、益々のご活躍と会員皆様方のご健勝をご祈念申し上げまして挨拶と致します。


この記事は 2016.1.20 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/18

岡泉行政区新年会 

平成28年1月17日(日)

   本日は、岡泉行政区の新年会がこのように盛大に開催されましたこと心からお喜び申し上げますと共に毎年ご案内賜り厚くお礼申し上げます。旧年中は、内山区長さまをはじめ岡泉行政区の皆様方から賜りましたご厚情に対しまして、心から感謝申し上げます。

   市としましても、昨年はのりあい交通の運行等市民生活を大きく向上させる事業について大きな進展を果たした1年でもございました。また、白岡市にとって喜ばしく明るいい出来事も多くございまして中でも、篠津中学校卒業生であります廣瀬史子さまが、金星探査機「あかつき」への極めて難易度の高いといわれております金星周回軌道投入に成功した快挙もありました。

   本年は、皆様のかねてからの願いであった「図書館機能を有した生涯学習施設」の秋の着工、都市計画道路白岡宮代線の着実な進捗に向けた準備などを重点的に進めてまいります。さらに、厳しい財政状況ではございますが、教育施策、福祉施策、都市基盤施策など各種施策を展開してまいります。

   さて、人口が減少していく中で、本市はわずかながらも増え続けおよそ5万2千人となりました。しかしながら、順調に市政運営が進展している中にありましても、今後の人口減少社会に対応し住みよい環境を確保して活力ある地域社会を維持していかなければなりません。

   本年は地方創生の第一歩として、目指すべきまちづくりの方向と人口の将来展望を示す「白岡市人口ビジョン」、また今後5か年の目標と政策の基本的方向を定める「白岡市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定してまいります。また、子育て支援策等を実施し住んでよかったと感じるまちづくりに全力を傾注してまいります。

   本市が、皆様に愛され今後も持続的に発展していくため、私は皆様と力を合わせて未来の礎を築いてまいりたいと存じます。どうか、岡泉行政区の皆様方におかれましては、市政運営に対するより一層のご支援、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。皆様方のこの一年のご多幸とご健勝ご活躍を心からお祈り申し上げます。

 

 


この記事は 2016.1.18 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成28年1月17日(日)

  本日は、白岡歌謡連盟主催によります第27回社会福祉チャリテイ新春歌謡発表会が盛大に開催されますこと心よりお祝い申し上げます。また、いつもご案内を頂き、誠にありがとうございます。毎年、皆様方の素晴らしい歌声をお聞きしますと、私は深い感動を覚えるとともにこれからの一年に向け、新たな元気を頂いております。

  「歌う」ということは、心を豊かにするだけでなく健康にも大変有意義であります。お集まりの皆様には、ぜひ歌を通じて交流を深めて頂き、本年も元気で過ごされますことを願っております。 

  また、昨年はスタッキングチェア等を贈呈頂き、本年も引き続きましてテ-ブルサッカ-ゲ-ム等を賜り誠にありがとうございます。市内の施設で有効に活用させて頂きます。

  さて、人口が減少していく中で、本市はわずかながらも増え続け、20年前に比べまして1万人ふえまして5万2千人を超えました。なお、当市の成人者数は536人で例年とあまり変動はありません。

  本年は地方創生の第一歩として、目指すべきまちづくりの方向と人口の将来展望を示す「白岡市人口ビジョン」、また今後5か年の目標と政策の基本的方向を定める「白岡市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しまして、これらを基に現在市では、市民皆様の待望久しい図書館機能を有した生涯学習施設の秋の着工、都市計画道路白岡宮代線温水プ-ルの前を着実な進捗に向けた準備、さらには厳しい財政状況ではありますが、教育施策、福祉施策、都市基盤施策など各種施策を展開してまいります。

  なお、白岡市には、一つ明るいニュ-スがございまして、篠津中卒であります廣瀬史子さまが、昨年12月金星探査機「あかつき」への極めて難易度の高いといわれております金星周回軌道投入に成功した快挙もありました。身近なところに、とてもうれしい元気をもらうできごともありました。

  皆様におかれましては、今後とも市政運営により一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げますとともに、白岡歌謡連盟のご発展と皆様方のご健勝とご多幸をご祈念申し上げます。 


この記事は 2016.1.18 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/18

白岡新春マラソン大会

平成28年1月17日(日)

  本日、心配しました天候は素晴らしい青天の中、多数のマラソン愛好者の皆様をお迎えし、「第26回白岡新春マラソン大会」がかくも盛大に開催されますことは、誠に喜ばしく心から歓迎を申し上げる次第でございます。

  ここ数年は、毎年、参加申込者が2,000人を超え、白岡市の新春の一大イベントとして大勢のかたに、市内のみならず市外のかたにも認知されてきております。これもひとえに、大会運営に携わっていただいております実行委員を始めとする関係者の皆様の熱意とご尽力の賜物でございます。改めて厚くお礼申し上げます。

  さて、今大会は昨年11月に行われました、オリンピック選考レ-スでもございます「第1回さいたま国際マラソン日本代表チャレンジャ-の部」におきまして、日本人トップという素晴らしい成績を収められました、吉田香織選手をゲストランナ-としてお迎えしております。

  吉田選手におかれましては、本日は大変お忙しい中、お越しくださいまして、誠にありがとうございます。当大会を存分に楽しみながら、大会を盛り上げていただければと存じます。

  参加者の皆様におかれましてもそれぞれの体力や年齢、技術に応じて、走ることの楽しさを存分に味わいながら、体力の維持や健康増進を図って頂くとともに、友好の輪を広げて頂ければと存じます。

  白岡市には、一つ明るいニュ-スがございまして、白岡東小卒で篠津中卒であります廣瀬史子さまが、昨年12月金星探査機「あかつき」への極めて難易度の高いといわれております金星周回軌道投入に成功した快挙もありました。身近なところにとてもうれしい元気をもらうできごともありました。

  本日参加されます皆様におかれましては、ケガには充分ご留意の上完走されますようご期待申し上げますとともに、当大会の開催に当たりご尽力を賜りました関係者皆様に深く感謝を申し上げます。

 


この記事は 2016.1.18 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/16

久喜白岡薬剤師会新年会

平成28年1月16日(土)

  本日は、久喜白岡薬剤師会の新年会がこのように盛大に開催されますこと、お祝いを申し上げますと共にいつもいつもご案内を頂き、誠にありがとうございます。皆様方には、市政進展に大変なお力添えを賜り有り難く厚くお礼を申し上げます。薬剤師会の池上会長を始め皆様方におかれましては、日ごろから地域住民の保健衛生の向上にご尽力頂き、深く敬意を表するとともに心から感謝申し上げる次第でございます。

  さて、近年私たちは生活習慣病をはじめとする様々な疾病に脅かされておりますが、何よりも人生を充実して過ごすためには「まず健康であること」が第一であると存じます。申し上げるまでもなく、健康づくりの基本は『栄養、運動、休養』でございますが、現代の生活習慣病などは食生活を含めた生活スタイルに起因しているといわれております。

  特に、最近の食生活は大変豊かになりましたが、その反面栄養に対する正しい認識の欠如や運動不足などが影響して、生活習慣病などの慢性疾患の状態にある方が増えているようでございます。私といたしましても、常々「心身ともに健康であることがすべての基本である」と考えておりまして、地域保健活動を推進し、地域の皆様が、健康で、生きがいを感じられるまちづくりのために、最大限の努力を傾注してまいります。

  どうか、久喜白岡薬剤師会の皆様方におかれましては、今後とも各地域において、医薬品処方の専門家として健康づくりの案内役を果たして頂き、各地域の住民の皆様の健康増進をはじめ市の発展のために、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げる次第でございます。

  なお、医師会の会長さん、薬剤師会の会長さんから、ますます市政進展に努めるよう大変な激励を頂きました。有難うございました。久喜白岡薬剤師会のますますのご発展と、ご参会の皆様方のご健勝とご活躍をお祈り申し上ます。

 

 


この記事は 2016.1.16 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/16

白岡駅西口商店会新年会

平成28年1月15日(金)

  本日は、平成28年白岡駅西口商店会の新年会にご案内頂まして、誠にありがとうございます。皆様と新年をご一緒にお祝いできますことは、この上ない喜びでございます。

  さて、昨年を顧みますと、大変悲しい出来事がございました。商店会連合会の会長や当商店会の会長として、長きにわたり市の商業振興に多大なご尽力を頂きました柳祐作様がお亡くなりになられました。誠に残念なことで悲しみに耐えません。白岡駅西口商店会の皆様におかれましては、柳様がお亡くなりになられた後も、佐藤会長代行をはじめ会員皆様方の力強い結束のもと、積極的な事業推進に努められ、市内の商業振興に多大なご理解とご協力を頂いておりますことに、この場をお借りし心から感謝を申し上げる次第でございます。

  また、「夏祭り」や「わんぱく笑店街・軽トラ市」の開催、「クリスマスツリ-」の設置など、一年を通して多くの市民の皆様が楽しい時間を過ごすことができましたのも、会員の皆様方のご尽力によるものと、重ねて感謝申し上げる次第です。私といたしましても、ここにお集まりの皆様と手を取り合いながら、地域の経済を活性化し次世代に向けた活力あるまちづくりを進めてまいる所存でございますので、今後ともご協力を賜りますようお力添えをお願い申し上げる次第でございます。

  なお、そのほかのご挨拶は、白岡駅西口・東口の整備や消防団会議と区長会議とほぼ同様なご挨拶をさせて頂き皆様のご理解を得るよう努めました。本年が皆様にとりまして実り多い一年となりますことを心からご祈念申し上げます。

   *その他、本日は、埼玉東部消防組合正副管理者会議も行われましたし、盛り沢山の会議等もござい

  まして帰宅は相当遅くなりました。

 

 


この記事は 2016.1.16 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成28年1月15日(金)

  本日は、行政区長会議のご案内を申し上げましたところ、大変お忙しい中、ご参集を賜りまして誠にありがとうございます。新年を迎えましてから初めての会議の開催に当たりまして、行政区長の皆様におかれましては各地区の代表者として、地域を取りまとめるとともに、市行政との連絡調整を図って頂くなど、重要な任務に当たって頂いておりますことに改めて感謝を申し上げます。本年も変わらぬご支援を賜りますようお願いを申し上げます。

  さて、平成24年10月1日の市制施行から丸3年が経過致しました。本年1月1日の人口は、初めて52,000人を超え、52,035人となりました。また、都市計画道路柴山篠津線の開通、のりあい交通の運行、パスポ-トの交付、「ふるさと納税」におきましては全 国の皆様から5千9百9拾万円という多額の寄附を頂くなど、着実に市としての歩みを進めていると感じております。

  そして、皆様ご案内のとおり、10月31日には圏央道の桶川北本インタ-チェンジと白岡菖蒲インタ-チェンジ間が開通致しました。この開通の効果により、本市を取り巻く「ひと」「もの」の移動のあり方が大きく変わってきております。この地域経済を活性化につなげる千載一遇のチャンスを生かし、本市の特性が最大限に発揮できるよう、今後のまちづくりを進めてまいりたいと考えております。

  明るいニュ-スとしましては、白岡東小卒と篠津中卒であります廣瀬史子さまが、金星探査機「あかつき」への極めて難易度の高いといわれております、金星周回軌道投入に成功した快挙もありました。現在、市では、市民皆様の待望久しい図書館機能を有した生涯学習施設の秋の着工、都市計画道路白岡宮代線の着実な進捗に向けた準備、さらには厳しい財政状況ではありますが、教育施策、福祉施策、都市基盤施策など、各種施策を展開してまいります。

  なお、白岡中学校周辺の土地利用の件でありますが、いよいよ2月16日に考える会の初会議を開催する予定でありますが、権利者皆様のご理解を頂き市街化主に商業系施設の開発が図られるよう進めてまいります。住みよい環境を確保して活力ある地域社会を維持していくために、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定を鋭意進めているところでございます。

  今後、有識者会議の会長をお勤め頂いております当区長会長の佐々木様等にて戦略を決定して頂いた後、市として、それぞれの施策と取組を展開していくことにより、市民の皆様が幸せや豊かさを感じ得るような元気な白岡の創生を図ってまいりたいと存じます。今後も白岡市が住み続けたいまちとしてあり続けるよう、私も先頭に立って将来の礎を築いてまいる覚悟でございますので、行政区長の皆様方には、引き続きお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

  行政区長の皆様のますますのご健勝をご祈念申し上げます。なお、行政区長新年会におきましては、新年早々夢をみました。それは、今年はオリンピックがあり、日本が沢山キンメダルを取った夢と、その他とてもビッグな夢でした。夢が本物になるならば、この上ない喜びとなります。と挨拶をさせて頂きました。


この記事は 2016.1.16 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/16

消防団初会議・新年会

平成28年1月15日(金)

  白岡市消防団の初会議・新年会にお招き頂きました。市消防団長はじめ各分団長の皆様、埼玉東部消防組合の皆様、そして関係皆様には、平成28年の新春にあたり、謹んで新年のお喜びを申し上げます。大髙団長をはじめ消防団の皆様には平素から、火災等の災害から市民の生命、身体、財産を守るため、献身的なご努力を賜り厚くお礼申し上げます。

  昨年は、近年に比べ火災出動が多く、消防団の皆様には時間・場所を問わず多くの方に出動を願い、迅速な消火活動を行って頂きました。その結果、住宅への被害はありましたが、幸いにも人的被害を出すことなく、鎮火することができました。

  これは、日頃から行っている皆様の訓練の成果が十分に発揮された結果だと思います。改めてお礼を申し上げますとともに、引き続き市民の安心安全のためにご尽力賜りますようお願い申し上げます。また、白岡消防署の皆様におかれましては、引き続き市の消防行政に対しましてご協力をお願いする次第でございます。

  近年の災害は、何時、どのように発生するのかなかなか見当もつきません、どちらかと申しますと、今迄は火災対策に重点を置いた防災対策を今後は若干修正しまして、もっと幅を広げた地域防災計画を只今策定しております。

  私といたしましては、今年も引き続き地域の消防力・防災力が向上するよう努めてまいりますので、皆様におかれましてもより一層のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。消防団のますますのご発展と、本日ご参会の皆様の今年一年のご健勝とご活躍を心から祈念申し上げます。

 

 

 

 


この記事は 2016.1.16 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/13

白岡市商工会新年賀詞交歓会

平成28年1月12日(火)

  本日は、平成28年「白岡市商工会」新年賀詞交換会にご案内頂き、大変有難うございました。白岡市商工会の皆様方におかれましては、田中会長をはじめとした役員の方々を中心に、積極的な事業推進に努められ、白岡市の商工業の振興に多大なご理解とご協力を頂き、心から感謝を申し上げる次第でございます。

  さて、我が国の景気はこのところ一部に弱さもみられますが、緩やかな回復基調が続いておるところでございます。こうした中、昨年白岡市は各種事業の大きな進展と明るい話題がありました。まず、新白岡駅西口から大山地区までを1本の道路で結ぶ都市計画道路「篠津・柴山線」の開通、JR上野東京ラインの開業、のりあい交通の本格運行、ふるさと納税によろ5千6百万円程の有難い寄付金、白岡高校野球部の埼玉大会準優勝、パスポ-トの交付開始、圏央道の埼玉県内全線開通、日経新聞による扶助費に対する全国的に高い評価、白岡東小卒・篠津中学校卒であり若々しい廣瀬史子さんが、金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入に5年ぶりに成功などがありました。

  本年は、皆様のかねてからの願いであった「図書館機能を有した生涯学習施設」の秋頃の着工や 防災行政無線のデジタル化、都市計画道路の着実な進捗に向けた準備などを重点的に進めてまいります。さらに、厳しい財政状況ではございますが、教育施策、福祉施策、都市基盤施策など各種施策を展開してまいります。なお、白岡中学校周辺の土地利用につきましては、地権者の皆様のご理解を頂き,2月中旬頃から「考える会」の皆様と、当地域の市街化編入・商業系施設の開発が可能になるよう全力を図ってまいります。

  私と致しましては、白岡市の更なる発展のため、商工会及び関係者の皆様や市民の方々の協力のもと,創意と工夫を凝らして全力で新しいまちづくりに取り組んで参ります。その一つと致しまして、平成28年度には商工業の皆様にご協力を頂き、産官学の連携による特産品の開発を進めてまいりたいと考えております。

  さて、私は、正月早々初夢をみました。その初夢は、白岡市にとってとてもビツグな初夢でした。初夢が早く本物になることを願っております。本日お集まりの皆様には、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。本年が皆様にとりまして、実り多い一年となりますことを心からご祈念申し上げます。


この記事は 2016.1.13 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成28年1月11日(月) 

   本日は、爪田ケ谷行政区・支部合同新年会に、地元の市議会議員と共に私と岡県議会議員もご案内頂き誠にありがとうございました。皆様方には、清々しい新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。旧年中に、八木橋区長さまをはじめ、爪田ケ谷行政区・支部の皆様方から賜りましたご厚情に対しまして、心から感謝申し上げます。また、八木橋区長より私に対しまして身に余るお言葉を頂きました。心から厚くお礼を申し上げますと共に、健康に留意し良い仕事を日々行い、お言葉にお答えできるように努力してまいる所存であります。有難うございました。

   さて、平成27年の市政でございますが、「のりあい交通」の本格運行の開始や新白岡駅西口周辺から大山地区までを1本の道路で結ぶ「篠津・柴山線」の開通、パスポートの交付開始など市民生活を大きく向上させる事業について大きな進展を果たした1年でした。また、圏央道の埼玉県内全線開通や上野東京ラインの開業、白岡高校野球部の全国高等学校野球選手権埼玉大会準優勝など、白岡市にとって喜ばしい出来事も多くございました。その他、当市は全国紙のある新聞報道によりますと、健康的で、勤勉者が多く、勤労意欲があるまちですと高い評価を頂きました。また、篠津中学校卒の廣瀬史子さんが、金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入に成功したという、快挙もありました。

   平成28年の本年は、皆様のかねてからの願いであった「図書館機能を有した生涯学習施設」の着工に向けての準備や防災行政無線のデジタル化、都市計画道路白岡宮代線の着実なあゆみに向けた準備などを重点的に進めてまいります。さらに、事業の優先順位の明確化と取捨選択に努め、厳しい財政状況ではございますが、教育施策、福祉施策、都市基盤施策など、各種施策を展開してまいります。なお、白岡中学校周辺の土地利用につきましては、権利者の皆様のご理解を頂き、考える会の皆様と当地域の開発が可能になるように強い決意をもって努力してまいります。

   さて、人口が減少していく中で、本市はわずかながらも増え続け、5万2千35人となりました。しかしながら、順調に市政運営が進展している中にありましても、今後の人口減少社会に対応し住みよい環境を確保して活力ある地域社会を維持していかなければなりません

   本年は地方創生の第一歩として、目指すべきまちづくりの方向と人口の将来展望を示す「白岡市人口ビジョン」、また今後5か年の目標と政策の基本的方向を定める「白岡市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定してまいります。子育て支援等市民満足度の向上を図る政策等を実施し、住んでよかったと感じるまちづくりに全力を傾注してまいります。

   日々、私が行政を遂行する中で、今、肌で感じていることがひとつあります。それは、「白岡市を知ろう」という方が確実に増えてきているということです。

本市が「住んでみたい」「住み続けたい」まちとして皆様に愛され、今後も持続的に発展していくため、私は皆様と力を合わせて未来の礎を築いてまいりたいと存じます。

   どうか、爪田ケ谷区の皆様方におかれましては、市政運営に対するより一層のご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。皆様方のこの一年のご多幸とご健勝を心からお祈り申し上げます。

 

 


この記事は 2016.1.12 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/11

篠津1神山行政区新年会

平成28年1月11日(月)

   本日は、篠津1神山行政区の新年会にお招きを頂きまして、誠にありがとうございます。皆様方には、清々しい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。旧年中に、阿部区長さまをはじめ篠津1神山区の皆様方から賜りましたご厚情に対しまして、心から感謝申し上げます。

   当地区の集会は、神山耕地の総会として開催され、それぞれの事業が細分化しておりまして、内容は神山耕地の一般会計、集会所会計、祭典費会計、山車保存会会計となっておりまして、これらの報告が終了した後行政区の事業・会計報告、当番長の交代を行っております。それぞれの役に携わった皆様、そして新任の当番長等になられた皆様方には、更なる市政進展にご理解ご協力を下さいますようお願い申し上げます。

   さて、昨年市政は「のりあい交通」の本格運行の開始や新白岡駅西口周辺から大山地区までを1本の道路で結ぶ「篠津・柴山線」の開通、パスポートの交付開始など、市民生活を大きく向上させる事業について大きな進展を果たした1年でございました。また、圏央道の埼玉県内全線開通や上野東京ラインの開業、白岡高校野球部の全国高等学校野球選手権埼玉大会準優勝など、白岡市にとって喜ばしい出来事も多くございました。

   本年は、皆様のかねてからの願いであった「図書館機能を有した生涯学習施設」の着工に向けての準備や防災行政無線のデジタル化、都市計画道路の着実な進捗に向けた準備などを重点的に進めてまいります。さらに、事業の優先順位の明確化と取捨選択に努め、厳しい財政状況ではございますが教育施策、福祉施策、都市基盤施策など各種施策を展開してまいります。

   さて、人口が減少していく中で本市はわずかながらも増え続け、およそ5万2千人となりました。しかしながら、順調に市政運営が進展している中にありましても、今後の人口減少社会に対応し、住みよい環境を確保して活力ある地域社会を維持していかなければなりません。

本年は地方創生の第一歩として、目指すべきまちづくりの方向と人口の将来展望を示す「白岡市人口ビジョン」、また今後5か年の目標と政策の基本的方向を定める「白岡市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定してまいります。そして、子育て支援等市民満足度の向上を図る政策等を実施し、住んでよかったと感じるまちづくりに全力を傾注してまいります。

   なお、当地域の皆様に関連があります白岡中学校周辺の土地利用につきましては、関係権利者等の皆様のご理解を頂き、主に商業系の開発に向け努力をしてまいります。日々、私が行政を遂行する中で、今、肌で感じていることがひとつあります。それは、「白岡市を知ろう」という方が確実に増えてきているということです。本市が「住んでみたい」「住み続けたい」まちとして皆様に愛され、今後も持続的に発展していくため、私は皆様と力を合わせて未来の礎を築いてまいりたいと存じます。

   篠津1神山区の皆様方から、温かい激励の言葉を頂きまして厚くお礼申し上げますと共に、今後とも市政運営に対するより一層のご支援とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。皆様方の、この一年のご多幸とご健勝を心からお祈り申し上げます。

 


この記事は 2016.1.11 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/10

平成二十七度成人式

平成28年1月10日(日)

   平成二十七年度白岡市成人式に当たり、お祝いのご挨拶を申し上げました。本日、成人式を迎えられました536名の皆様、御成人誠におめでとうございます。新しい時代を担う皆様方が、心身ともに 健やかに成長され若さ溢れる立派な成人として、新たな人生の第一歩を踏み出されたことを心からお祝い申し上げます。

   ご来賓の皆様方には公私とも御多用の中、多数ご臨席を賜り厚くお礼申し上げます。また、本日の成人式を開催するに当たり、成人式実行委員会の委員の皆様には、司会進行を始め式の企画や運営に携わって頂き、感謝を申し上げる次第でございます。

   さて、新成人の皆様は、平成七年四月二日から翌年四月一日までの間にお生まれになりました。当時を振り返りますと、この年の七月には、テニスのウィンブルドン選手権大会で松岡修造選手が日本人男子として六十二年ぶりのベスト8に進出しました。また、十一月にはアメリカ大リーグのロサンゼルス・ドジャースの野茂英雄選手が日本人として初めてナショナルリーグの新人王に選ばれました。特に、スポーツにおいて、世界に挑戦し続ける日本人の活躍が印象付けられた一年でございました。そして、二十年の月日が経った今日でも、日本人の世界への挑戦と活躍は続いています。

   昨年十二月、宇宙航空研究開発機構(JАXА)は、金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入に成功したことを発表しました。この挑戦の成功には、一人の女性研究者の活躍がありました。それは、皆さんの先輩であります篠津中学校出身の廣瀬史子さんの活躍でございます。皆さんの先輩が世界で活躍していることを、郷土の誇りに思うとともに皆さんも自身に秘められた可能性を信じ、世界での活躍を夢見て、行動してみてはいかがでしょうか。

   また、昨年のラグビ-ワ-ルドカップでの日本代表の活躍は、見事でした。日本代表として活躍した五郎丸歩選手は、勝利は「必然」であったと語っています。その言葉の裏には、日々の厳しい練習に裏打ちされた自信があったとされています。皆様は、成人を迎えた今日という節目の日に、社会への期待と不安を胸に新たな門出に立っていることと思います。今まで自分が積み重ねてきた経験を思い返し、臆することなく社会への第一歩を踏み出して頂きたいと思います。皆さんのこれからのご活躍を心からご祈念申し上げます。

   また、今日という日を迎えることができましたのは、ご家族を始め、恩師や地域の方々の支えがあったからこそであります。これを契機に、お世話になった方々に改めて感謝の気持ちを伝えて頂きたいと存じます。

 さて、現在、白岡市は人口五万二千人を超え、皆様が誕生した二十年前と比べると約一万人増加しました。十年後、二十年後の白岡市、そして日本という国の未来を切り拓いていくのは、新成人の皆様の行動力、柔軟な発想、新しい知識でございます。皆様には、どんな方向に進まれようと前途洋々の将来が開けています。小さく固まることなく、胸を張って、 自分の可能性を信じ、目標に向かって邁進してください。新成人の皆様の輝かしい未来を祝福申し上げ、励ましとお祝いの言葉といたします。

 本日は誠におめでとうございます。とこのような事を申し上げました。例年のことでありますが、白岡市の成人式が秩序正しく実行されているさまは、大変うれしく存じます。ご尽力頂いた関係皆様に深甚なる敬意と感謝を申し上げます。

 

 


この記事は 2016.1.10 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成28年1月8日(金)

   本日は、平成28年南埼玉郡市医師会新年賀詞交換会にお招き頂きました。久喜市内において開催されまして、南埼郡市医師会の先生方と久喜市・蓮田市・白岡市・宮代町のそれぞれの行政、教育、保健医療、消防関係者多数参加のもと盛会に行われました。

   行政は、市民皆様の生命と財産を守り、最小限の社会保障を行う責務があります。しかし、これらの課題の解決には限界がありまして、何時の時にも先生方に頼ることが多々あります。

   最近の自然環境は、複雑多様化しており各地で多くの自然災害が勃発しておりその上交通事故等も多発しております。加えて、生命の誕生、子ども達の健全育成、中高年齢者の健康維持管理、伝染性の病気対策等先生方の力が何よりも重要であります。

   行政と先生方が連携しまして、安全なまちを作ってまいることが、今後一層必要であると考えるものであります。南埼玉郡市医師会の皆様方には、今後とも各自治体に対しまして絶大なるご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げますと共に先生方のご健勝ご活躍をご祈念申し上げます。

 


この記事は 2016.1.10 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成28年1月8日(金)

   本日は、蓮田市商工会2016年新春賀詞交換会にご案内頂き、誠にありがとうございます。蓮田市商工会の皆様及び来賓の皆様方には、明るい希望に満ちた新春をお迎えのことと、心からお喜び申し上げます。蓮田市商工会におかれましては、昭和35年の設立以来、積極的な事業の推進に努められ、蓮田市の商工業の振興に多大なるご貢献をされておりますことに、敬意を表する次第であります。

   蓮田市と白岡市はお隣同士でございますので、商工業はもちろんのことコミュニティや地域振興など様々な分野において協力し、お互いに手を携えて発展していければと考えております。そのためには、行政だけではなく、商工業者の方々が交流を深めることが大事なことかと存じます。

   このような中、昨年4月22日及び24日に白岡市商工会で開催された「経営計画作成セミナー」を、蓮田市商工会の皆様と合同で実施されたことは、市という枠にとらわれない商工業の振興につながるものであると考えております。今後とも、蓮田市と連携を図りながら、両市の商工業とコミュニティ及び地域振興の発展に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

   さて、白岡市には、最近明るいニュ-がございまして、5年前にJAXAが打ち上げた金星探査機「あかつき」の極めて難易度の高い金星周回軌道投入に昨年12月に成功された科学者は、白岡市立篠津中学校卒で以前は市内にお住まいであった廣瀬史子さんであります。

   また、白岡新春マラソンを17日に開催致しますが、先のさいたま国際マラソンにおいて日本人一位になりました、吉田香織選手がゲストランナ-としまして走って頂くことになりました。皆様も足を運んで頂ければ有難いです。ご参会の皆様方には、今年は走って走って、とんでとんで、ご活躍とご健勝並びに「蓮田市商工会」のますますのご発展をご祈念申し上げます

 

 

 

 


この記事は 2016.1.8 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/8

防火安全協会新年会

平成28年1月8日(金)

   本日は、市内において開催されました、白岡市防火安全協会の新年会にお招き頂きました。白岡市防火安全協会会員の皆様方におかれましては、田中会長をはじめ役員の皆様、会員の皆様には、積極的に地域の防火安全の確保に多大なるご尽力を賜り、深く敬意と感謝を申し上げる次第であります。

   さて、私たちを取り巻く社会環境は、年々複雑多様化しており、各地で自然災害による被害が発生しております。昨年の異常気象による東日本豪雨では、関東と東北地方が記録的な豪雨に見舞われ、河川の氾濫や土砂崩れなど各地に甚大な被害をもたらしました。今後、起こるであろう災害に備えなければならないと痛感しております。

   防災から減災に移りつつある防災体制の中、当協会会員の皆様が固い結束のもとに、危険物安全管理の啓発活動をはじめ危機管理体制の確立など、安全確保に対する取組みを積極的に進めて頂いておりますことは誠に喜ばしく心強い限りでございます。

   私と致しましても、「市民の生命と暮らしを守り、安心で安全なまちづくり」のために全力を傾注し、市政に取り組んでまいります。今後とも行政の発展に変わらぬご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。会員の皆様にとりまして、今年一年が明るく実り多い年となりますよう心からお祈り申し上げます。

 

 


この記事は 2016.1.8 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成28年1月7日(木)

   本日は、恒例となっております、埼玉県と市長会・町村会との新年懇談会が開催されました。懇談会は、県内63自治体の首長がほぼ全員出席しました中で、上田知事挨拶、田中市長会長挨拶、吉田町村会長挨拶、信任市町村長紹介と続きまして、それぞれの方々から新年のご挨拶がありました。

   知事は、新年はスピ-ド感がまし、そして急速に変化もする一年になるであろうというお言葉でした。今日の会合には、各自治体の生産品がテ-ブルに並ぶなど、どちらかといいますと比較的リラックス出来る会合でありまして、各首長と種々懇談することが出来ました。

   さて、慣例的な儀式はこれまでとしまして、気の切り替えと共に27年度主要事業の完遂と、28年度当初予算の編成にとみに努めてまいります。

 


この記事は 2016.1.7 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成28年1月6日(水)

  本日は、恒例の埼玉県の関係部署に新年の挨拶を行う日となました。どちらにご挨拶にまいりましても大変温かく接して頂きました。また、埼玉新聞社主催によります「豊かな埼玉をつくる県民の集い 賀詞交換会」が、上田清司埼玉県知事をはじめとします発起人多数のもと、さいたま市内のホテルにおいて開催され私もまいりました。

  埼玉県の指導的な立場にあります各界各層の皆様が一堂に会し、埼玉県のさらなる発展のため賀詞を交換し、懇親を深めるための催しであります。会場は、溢れるばかりの人出であり、受付にありました受付表示版には4,300番の番号がありました。

  驚きのニュ -スです。北朝鮮は、本日日本時間午前10時30分頃初の水爆実験を行い成功したと発表しました。このことにつき、安倍総理は即座に、北朝鮮の水爆実験は、我が国に対する重大な脅威であり、断じて容認することは出来ないと談話を発表しました。

  私たちは、いつも小さな力を積み重ねながら、核兵器の廃絶と世界の平和を願っているものとしては、この度の水爆実験はとても残念であり、許すことは出来ません。世界各国の冷静な対処を望みます。本年が皆様にとりましてより良い年となりますようご念申し上げます。

 


この記事は 2016.1.6 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/5

年頭の挨拶を行いました

平成28年1月4日(月)

   職員の皆様に念頭にあたりまして恒例の挨拶を行いました。

新年あけましておめでとうございます。職員の皆様には、清々しい気持ちで新しい年の始まりを迎えられたことを心からお喜び申し上げます。

   また、市議会の藤井議長様、村田教育委員会教育長職務代理者様、濵公平委員会委員長様、鬼久保代表監査委員様、古武農業委員会会長様、山岸固定資産評価審査委員会委員長様には、松の内の大変お忙しい中、ご臨席賜り心から感謝申し上げる次第でございます。

   さて、新年を迎え、晴々した皆様のお顔を拝見致しますと、私もこの1年頑張ろうという気持ちを、更に胸に焼き付けたところです。それでは、平成28年の仕事初めにあたり、職員の皆さんに一言ご挨拶を申し上げます。

私が市政をお預かりして8年目となりますが、新年を迎え、5万2,000人の白岡市民の福祉の向上のために、引き続き市政運営に全力で取り組む決意を新たにしております。皆様にも白岡市の職員であるという誇りと情熱をもって心を新たに職務に励んで頂きたいと思います。

   さて、ご案内のとおり国におきましては、「地方創生」を掲げております。人口急減、超少子高齢社会の本格的な到来という我が国が直面する大きな課題に対して、各地域が自律的で持続的な社会を形成できるよう、具体的な施策を展開していこうというものです。

それぞれの市町村が自らの現実を見つめ直し、将来を的確に予測しながら、まちづくりに関して戦略的運営を行っていく必要があります。もちろん白岡市も例外ではありません。昨年、議会に対しまして、皆様と総力をあげて策定した「白岡市人口ビジョン(案)」、「白岡市まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)」を報告致しました。

   今後、戦略を決定しそれぞれの施策と取組を展開していくことにより、活力を失わず、市民の皆様が幸せや豊かさを感じ得るような元気な白岡の創生を図ってまいりたいと考えています。『人口減少にいたずらに脅える必要はない。人間が安心して生まれ、育ち、老いていける社会を築けば、自然との環境容量の関係で適切に調整されるはずである。』という識者の指摘もあります。

   さらに、若者の間で「地元志向」や「田園回帰」と言える現象も増えてきているとも聞きます。悲観的になる必要はありません。職員の皆さんと、お互いの経験と知恵を出し合いながら、白岡市が発展を遂げ、市民の皆様が幸せを実感できるようなまちづくりに向かって努力してまいりたいと考えております。

   さて、本年も「住んでみたい」「住み続けたい」まちとして市民の皆様に愛され、今後も持続的に発展していくため、私は市民の皆様、白岡市議会、職員の皆さんと力を合わせて未来の礎を築いてまいります。市民の皆様のかねてからの願いであった「図書館機能を有した生涯学習施設」の建設につきましては、いよいよ着工に向けて準備をしてまいります。すでに建設イメージや基本コンセプト等をお知らせしておりますが、すべてのかたが生涯を通じて楽しく学び、憩い、交流することができる生涯学習・地域コミュニティ・文化創造の拠点として整備を進めてまいります。

   また、防災行政無線のデジタル化による災害時の情報伝達手段の強化や都市計画道路の着実な進捗に向けた準備など、「うるおいとやすらぎの生活未来都市」の実現に向け、各種施策を展開してまいります。これからの白岡市の発展に向け、私はもちろん職員のみなさんの役割と責任は益々大きくなっていきます。

   そして、私が行政を遂行するに当たり、今まさに肌で感じていることがひとつあります。それは、「白岡市を知ろう」という方が確実に増えてきているということです。職員の皆さん。自信を持っていただきたいと思います。私は、常々、世に大事を成すは、「天の時 地の利 人の和」であり、職員の皆さんと一体なればこそ、何事も成就し得るものと信じております。どうか、自らの仕事について使命感と気概を持ち、私と共に新しい元気な白岡市づくりに邁進して頂きたいと思います。

   ここで、私から、年頭にあたり職員の皆さんに何点かお願いがあります。まず、これから一年で最も寒い時期に入ってまいりますので、健康には十分留意してください。家庭がしっかりし、健康でいられるからこそ良い仕事ができます。周りの人の健康にも目配りして、風通しのよいより良い職場環境を作って頂きたいと思います。そして、行政は市民の皆様にとって最も身近なサービス産業であり、住民福祉こそが行政の最大の使命であります。市民の皆さんに対しては、親切をモットーに、思いやりをもって丁寧に応対してください。しかしながら理不尽な行為には、毅然たる態度で臨み、組織として対応するようお願いします。

   私のまちづくりの基本理念は、「ともに支え合うまちづくり」です。私は、いつの時でも、人は一人では生きていけない周りの人に支えられて生きている、ということを心に刻んで歩んで参りました。サラリーマンの時代を振り返りましても、同僚や部下をはじめ様々な方に支えられて過ごしてまいりました。職員の皆さんも、これまで歩んできた道のりの中では、様々な方々に支えられてきたものと思います。今、皆さんは、白岡市職員として、白岡市をそして市民の皆様を支える立場にあることを忘れないで頂きたいと思います。「ともに支え合うまちづくり」には、職員の皆さんと私との信頼関係の構築が不可欠であります。

   私は、職員の皆さんの能力の高さと誠実さは、一番理解をしていると自負しておりますので、職員の皆さん、白岡市の職員であることの誇りと自覚を持って、引き続きご協力をお願い致します。結びにになりますが、市民の皆様がこの1年幸せに過ごせますよう、そして職員の皆様が思う存分力を発揮できますことを祈念致しまして、年頭のご挨拶とさせて頂きます。

   *その他 本日は、来訪者、往訪先も多くありました。

 


この記事は 2016.1.5 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/3

正月三日

平成28年1月3(日)

   正月三が日は、素晴らしい好天に恵まれました。私の今日の行動も、朝のお供えを上げることから始まりました。そのあとは、第92回東京箱根間往復大学駅伝競走をテレビで見つつ、書類整理を行いました。駅伝は、青学の完全優勝となり見事の一言です。本日は、気温も上昇しましたので外に少し出ますと、あちらこちらに水仙が咲いていました。季節も、一歩一歩変わってきているのを感じました。

   さて、明日からは平成28年の仕事始めとなります。私が、市政をお預かりして8年目になりますが、新年を迎え52、000人の白岡市民の福祉の向上のために、引き続き市政運営に全力で取り組む決意を新たにしております。

   国におきましては、「地方創生」を掲げております。白岡市におきましても、市民の皆様、議会のご理解、ご協力のもと「白岡市人口ビジョン」、「白岡市まち・ひと・しごと創生総合戦略を決定頂き、それぞれの施策と取組を展開していくことにより、活力を失わず市民の皆様が幸せや豊かさを感じ得るような元気な白岡の創生を図ってまいる所存であります。

   平成28年度予算にあたりましては、新たな事業も進展致すべく計画しておりますが、特に、市民皆様のかねてからの願いでありました、「図書館機能を有した生涯学習施設」の建設に、いよいよ着工に向け準備してまいります。すべての方が生涯を通じ楽しく学び、憩い、交流することができる生涯学習・地域コミュニティ・文化創造の拠点として整備を進めてまいりますので、皆様のご理解とご協力の程お願い申し上げます。市民の皆様の、この一年のご多幸をご祈念申し上げます。

 


この記事は 2016.1.3 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/2

賀詞交換会・年始廻り

平成28年1月2日(土)

   今日も、一日があっという間に過ぎました。朝はお供えを上げてから、いつもの通り、第92回東京箱根間往復大学駅伝競走をテレビ観戦を少し見て、春日部市内において例年実施されております代議士主催の賀詞交換会に、私達は車3台でまいりました。

   行くにあたり、まだ主要道路は比較的に空いておりましたが、代議士邸宅は沢山の人で一杯でした。交換会は、早く切り上げまして途中で昼食を取り、帰宅し来訪者と挨拶等を行いました。

   次は、幸手市内の忠恩寺住職宅に総代3名にてお年始に伺いました。挨拶の後の協議は、新世話人・委員の初顔合わせや決算・予算、新本堂建設状況、そして本堂が建設中であるので、会議場所等選定など多岐にわたりおこなわれ、相互理解の中に終了し帰宅することができました。

   その後には、来訪予定者の方々と新年に当たり有意義な挨拶を行うことができました。周りは、既に日がとっぷりと暮れました。

 


この記事は 2016.1.2 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2016/1/1

謹賀新年

平成28年1月1日(金)元旦

   新年明けましておめでとうございます。皆様方には、2016年、平成28年をご家族お揃いにてお健やかにお迎えのことと心よりお喜び申し上げます。元旦は、今年をうらなうかのように、朝7時頃朝日が垣根越しに直視することが出来ないほどの赤々と光を放ちながら上昇する、初日の出を拝むことが出来ました。

   朝日を拝んだのちは、身支度しまして正月恒例の神様、大神宮様等への男子の務めとしまして、お灯明、御神酒、正月料理、榊等をお供えしました。外には三峰様が祭ってあるのですが、昨年末に通称裏山を約2か月かけ,有志方々の善意もありまして伐採したので通り抜けがよくなりました。

   長年の懸案でありました、銀杏の木、杉、竹、雑木を一本なしに切りましたので、多くの方々に周りの模様が大きく変化したと言われておりましたが、慣れますと違和感もなくなってきております。朝食の後は、恒例の第60回全日本実業団男子対抗駅伝競走大会のテレビ放映にくぎ付けでした。

   午後には、地元の高岩天満宮元旦祭、白岡八幡宮歳旦祭にまいりました。今年は、天候も最高でして、どちらさまも初詣の人々で一杯でした。さて、今年は、昨年確実に前進した各事業の勢いを継続し、まち・ひと・しごと地方創生戦略の具体策を基とし、図書館機能を有した生涯学習施設の秋頃の着工、白岡中学校周辺の土地利用策定、子どもたちの教育環境並びに医療費の一層の充実、都市計画道路の整備促進、高齢者健康促進策等につきまして、財政健全化を貫きながら進めてまいりたいと思っております。

   なお、平成28年度予算編成作業も、最終段階となっておりますので、議会に承認頂きながら具体策につきましては、ご説明しご理解してまいる所存であります。皆様にとりまして、本年が素晴らしい年でありますこと、重ねてご祈念申し上げます。皆様、本年もどうぞよろしく、ご指導とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 


この記事は 2016.1.1 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2015/12/31

平成27年職員に仕事納め挨拶

平成27年12月30日(水)

   平成27年12月28日(月)仕事納めに当たりまして、挨拶を申し上げました。平成27年の仕事は、本日をも

って終了となります。明日から年末年始の休暇に入りますが、職員の皆さんには、今年1年それぞれの担当分野において、市政進展のためにご努力頂き心から感謝申し上げます。

   この一年間、皆さんにとりまして、どのような一年であったでしょうか。皆さんの仕事の一年間を振り返ってみて頂ければと思います。以前とは変わ

った街並み、新しい行政サービスの開始、そして四季折々の景色とともに開催された行事など、様々なことが思い出されると思います。間違いがなくて当たり前と思われている窓口業務、根気のいる相談業務、あるいは交渉業務など、はっきりと成果が見えてこない業務等も多々あったことと思います。「このような仕事の一つひとつが、市民の皆様から頂いた貴重な税金を使って行った成果であり、私たちの汗の結晶である」、そう思いますとこの一年を振り返り、思わず胸が熱くなる思いであります。この仕事納めの節目で、改めて皆さんにお伝えしたいことは、まず皆さんへの感謝の気持ちであります。この一年間、本当に有難うご苦労さまでした。

   この一年の様々なことを振り返りながら、私の想いを聞いて頂きたいと思います。まず、国政においては、選挙権の年齢を18歳以上へと引き下げた改正公職選挙法や安全保障関連法が成立致しました。国の根幹に関わる大きな動きがあった年であったと感じております。

   次に、国内経済に目を向けてみますと、安倍首相は、「新三本の矢」の一つとして名目GDPを600兆円に増やす目標を掲げました。企業が過去最高水準となった利益を、賃上げや配当増につなげることが重要であります。もちろん、家計や市税収入にも大きく影響してまいります。家計が潤うことで、個人消費を押し上げ、更に企業収益を伸ばす『経済の好循環』を確実なものとしていただけるよう、引き続き注視してまいりたいと存じます。

   また、今年も多くの災害が発生しました。特に、昨年の御嶽山の噴火に続き、箱根山、口永良部島の新岳、浅間山、阿蘇山、桜島など、全国各地において活発な火山活動が観測されております。9月には、台風18号から変わった低気圧の影響で、関東地方に激しい雨が降り続き、茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊し、甚大な被害が発生致しました。昨今は、竜巻やゲリラ豪雨など、私達が、今まで経験したことがない災害が身近で発生しております。昔から言われておりますとおり、災害はいつ発生するかは予測できません。災害発生時には、市の災害対策本部はもちろん、消防団や自主防災組織という市民の皆様のお力が大変重要であると考えております。職員の皆さんには、是非、日頃から、職務を通じ、地域との関係を密にして頂くなど、安心安全なまちづくりにご協力をお願い致します。

   一方、埼玉県出身の梶田隆章東京大学教授のノーベル物理学賞、北里大学の大村智特別名誉教授のノーベル医学・生理学賞の受賞や国産初のジェット旅客機 MRJが名古屋空港で初飛行するなど、日本人として大変喜ばしい明るいニュースもございました。そんな中、12月9日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、極めて難易度の高い挑戦である金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入について成功したことを発表しました。日本で初めての金星探査機「あかつき」は、5年前に打ち上げられましたが、メインエンジンが破損したことで失敗し、太陽の回りを漂うように回り続けておりました。

今回、不可能とも言われたこの再挑戦の道を切り開いたのは、一人の女性研究者、以前新白岡にお住いの篠津中学校出身の廣瀬史子さんです。白岡の中学校を卒業した方が、この世界的な偉業をなしえたことは、非常に喜ばしく市長として大変誇りに思っております。

 

   さて、本市のこの一年をふり返りますと、様々な出来事がございました。

まず、3月には「都市計画道路篠津柴山線」が全線開通致しました。新白岡駅西口周辺から大山地区までを1本の道路で結び、交通利便性が大きく向上したところです。また、同じく3月には、生涯学習施設の基本構想と基本計画(案)の答申を頂きました。現在、基本設計と実施設計を進めておりますが、平成30年の竣工に向け全力を傾注してまいります。

   そして、同月には「障害者福祉計画」、「子ども・子育て支援事業計画」、「高齢者福祉計画」、「介護保険計画」、「健康増進計画」を策定しました。大変厳しい財政状況等ではありますが職員の皆さんと知恵を絞り、今後も市民の皆様に「やさしさ」を届ける様々な施策を実施してまいりたいと思います。

   4月には、長島秀夫教育長が就任され、また「総合教育会議」を設置致しました。総合教育会議を効果的に活用し、教育長、教育委員とのさらなる連携を図り、白岡市の未来を作る子どもたちのための教育環境の整備に繋げてまいります。

   また、同月には、市議会議員選挙が行われ、有権者の信頼によって選出されました議員の皆様方には、白岡市の発展のためにご尽力を頂いております。

   さらに、同月には「のりあい交通」の本格運行を開始致しました。昨日までに、延べ9,859回のご利用を頂き、また利用登録をして頂いている方は2,966人となり、順調に運行を進めているところです。将来にわたり持続可能な公共交通サービスとなるよう、今後とも市民の皆様と大切に育ててまいりたいと思います。

   6月には、「ふるさと納税」をリニューアルしました。返礼品として設定した「梨」、「特別栽培米」などが大変な好評を頂き、12月27日までに3,528人の方から57,185,102円の寄附を頂いております。今後、頂いた寄附を有効に活用すべく、鋭意検討してまいりたいと思います。

また、同じく6月には、公共下水道の新料金の適用を開始しました。平成3年の供用開始以来、初めての料金改定となり、4月1日から平均で23.7%の引上げを行ってまいりました。今後も、市民の皆様に公共下水道事業の厳しい現状をご理解頂けるよう、努めてまいりたいと思います。

   7月には、第九十七回全国高等学校野球選手権埼玉大会において、白岡高校野球部が創部以来最高の準優勝という素晴らしい成績を収められました。これまで無名であった県立高校が、全国的にも有名な私立高校を次々と撃破していくさまは、白岡市民に大きな感動を与えてくれました。また、現在、シティプロモーション戦略により市の魅力を内外に積極的に発信しているところでありますが、この快進撃により、白岡の名を県内はもとより県外にも広く知らしめてくれました。

   そして、10月には、市制施行4年目となり、新たな事業も始まっております。まず、市民課窓口でパスポートの申請・受付・交付業務を開始し、昨日までに473件の手続きを行っております。また、「シティプロモーション戦略」の一環として新たなマスコットキャラクター「シラオ仮面」と新たな「ロゴマーク」を決定致しました。今後、様々な場面で活躍してまいりますので、職員の皆さんにも育てて頂きたいと思います。

 さらに、10月31日には、圏央道桶川北本インターチェンジ-白岡菖蒲インターチェンジ間が開通し、埼玉県内の全線58.4キロメートルが開通しました。白岡市におきましても、関越道、中央道、東名道へのアクセスが飛躍的に向上し、「ひと」「もの」の移動が大きく変わってまいります。これを地域経済の活性化等に大きく寄与する千載一遇のチャンスと捉え、白岡市の特性を最大限に発揮し、

今後のまちづくりを進めてまいります。また、同月には、蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業が完了しました。昭和62年の事業開始以来、28年にわたり、関係地権者をはじめ、関係各位のご協力を頂き、事業を進めてまいりました。10月17日からは、新たに新白岡4丁目から9丁目となり、良好な住環境が整った街として更なる発展を期待するものです。

  11月には、白岡中学校周辺区域における「まちづくり計画」等の全体説明会を開催しました。

白岡中学校周辺区域は、白岡駅に近接するなど交通利便性が非常に高い区域となっていることから、他の地区にはない魅力と可能性を有する区域であります。現在、担当課を中心に調整を進めておりますが、困難な壁に当たることもあるかもしれません。職員の皆さんの連携を強化し、組織一丸となって、推進をお願い致したいと思います。この他、各課の様々な事業が実施され、着実な進展を見ることができましたのも、一重に、職員の皆さんが、常日ごろから、職務に精励、尽力された賜物であり、心から感謝申し上げます。

   そして、何よりも、今日の白岡市の発展がございますのは、白岡市議会の藤井議長をはじめとする議員の皆様方にご指導頂いた成果であり、そして市民皆様の深いご支援とご理解の賜物と存じます。

私は、これからのまちづくり如何によりまして、10年後、20年後の白岡市の姿が定まってくるものと考えております。また、今の白岡市を知ろう、知りたいという方が確実に増えております。そのためにも、先人たちが育んできた風土、自然環境や歴史・伝統を守りながら、引き続き厳しい行財政環境の中ではありますが、創意と工夫を凝らし、職員の皆さんと叡智を結集して、まちづくりに取り組んで参ります。

 

   私はこの7年間、皆さんと一緒に仕

をして参りまして、皆さんの誠実さ、勤勉さは誰よりも理解しているつもりです。皆さんと力を合わせれば、乗り越えられない課題はないと確信をしております。是非、皆さんの持てる力を存分に発揮してください。最後の決断と責任は私が取りますので、職員の皆さん、大いに力を振るって頂きたいと考えております。

   さて、明日から、年末年始の休暇に入りますが、緊急時に対応できるよう連絡網などを今一度確認をお願いし、休暇に入られますようお願いします。また、昔から暮れとお正月は、お酒に親しむ機会が多いと思います。くれぐれも、お酒を飲んだら、絶対に車の運転をしないよう、十分注意してください。飲酒運転等、法令に違反した場合、厳しく処分せざるを得ませんし、市自体が大変厳しい世論の批判にさらされることを申し添えます。

   今年1年間の、職員の皆さんのご努力に、重ねて感謝申し上げますとともに、来年も一層の前進が図られますよう、お願い申し上げまして、年末のごあいさつといたします。皆さん、どうぞ健康に十分留意して頂き、ご家族おそろいで明るい良い年をお迎えください。そして、来年1月4日、また元気に皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。以上、私として、このような内容を市職員に庁内放送通じて行いました。

   また、次の15か所には訪問挨拶と致しました。蓮田白岡環境センタ-、白岡消防署、中央公民館、図書館、千駄野保育所、白岡駅前連絡所、観光協会、西保育所、白岡消防署篠津分署、水道課・下水道課、高岩保育所、シルバ-人材センタ-、社会福祉協議会、健康増進課、東児童館です。

   しめくくりとしまして、今年最後の株式取引となりました大納会の30日の東京株式市場で日経平均株価の終値は、1万9,033円71銭となり、年末終値で1万9,000円台に乗ったのは、19年ぶりとのことです。今年の株高の要因は、最高益を更新する企業が相次ぐなど企業業績が好調であったことが大きいと思います。

   白岡市にとりましても、この一年は、市政進展が各般にわたり確実にはかられた年であったと確信しております。これ一重に市民皆様の温かいご理解ご協力の賜物と感謝と敬意を表す次第であります。

皆さまにとりまして、2016年、平成28年がよい年でありますようご祈念申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。  

 

 

 

 


この記事は 2015.12.31 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2015/12/23

蓮田白岡衛生組合議会定例会

平成27年12月22日(木)

   平成27年第5回(12月)蓮田白岡衛生組合議会定例会が開催されました。

当議会は、いつも、蓮田市・白岡市両市の定例議会の終了後に開催致しておるのが通例であります。

   本日の議会では、管理者提出議案の総括説明並びに行政報告と、議案第12号蓮田白岡衛生組合監査委員に関する条例の一部を改正する条例と議案第13号平成27度蓮田白岡衛生組合一般会計補正予算{減額とする}(第2号)の提出議案に対する、慎重な審議を頂きましてご可決を賜りました。

   また、行政報告としてごみ処理施設延命化事業等の報告を行いました。当衛生組合の事業は、年末年始に向かい多忙を増しますが、議員の皆様方のご指導とご協力を頂きながら、職員とともに職務に精励してまいります。

   市民皆さま、議員皆さまにとりまして、来たるべき2016年平成28年が素晴らしい年となりますように心からご祈念を申し上げます。

 


この記事は 2015.12.23 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2015/12/21

忠恩寺本堂上棟式

平成27年12月20日(日)

   本日は、忠恩寺本堂建設委員長として、師走もおしせまり何かとお忙しい中、忠恩寺本堂上棟式を執り行いました。檀家皆様、建設関係者皆様には多数のご臨席を賜り有り難く厚くお礼申し上げます。また、檀家皆様には、常々忠恩寺の護持運営に格別のご理解ご協力を頂き、当忠恩寺責任役員と致しまして重ねてお礼申し上げます。

   当忠恩寺は、平安時代の創建と伝えられる古刹で、江戸時代には代々の徳川家から禄高を頂きその朱印状を賜っていたという由緒と歴史のあるお寺であります。古来の本堂は、私が中学3年生の夏の課外事業を受けていた時、大雨があり落雷によりまして本堂が全焼してしまいました。

   その後の本堂は、昭和30年頃に縁ありまして杉戸から移築し再建されたものでして,今思うと先祖皆様のご苦労は大変なものがあったものと推察致します。以来築後約60年を経過する中で、補修等を実施してまいりましたが、近年老朽化が進み、新本堂の建設を望む機運が高まってまいりました。このことを受け、各地区から選出頂いた委員並びにご住職と総代で組織する(忠恩寺本堂建設委員会)が平成24年10月に設立され、資金管理部会、工事部会、事業推進部会において様々な検討を重ねてまいりました。

   建設委員会で取りまとめた基本計画につきまして、檀家の皆様にお示ししたところ、多くの皆様からご賛同を頂き、平成26年11月、有限会社大和田社寺工務店と工事請負契約を締結しまして、事業に着手する運びとなりました。それから一年あまり、埋蔵文化財の調査などに若干の時間を要しましたが、ほぼ工事は順調に進んでまいりまして、本日上棟式を迎えたところでございます。

   予定では、来年の秋には、面積約56坪の新本堂が完成するものと今から期待しております。また、境内の植栽や外構などにつきましても、建設委員会で検討致しまして、出来る限り整備してまいりたいと考えております。

   本堂建設事業は、何世代に一度の大事業であります。今日まで順調に進んでまいりましたのも、檀家皆様のご理解ご協力の賜物でございまして、今後とも変わらぬご支援を賜れば幸甚と存じます。工事が事故なく無事に進むようご祈念するとともに、ご参会の皆様とご家族様の益々のご健勝ご発展をご祈念申し上げます。

      *その後、ビデオ取していました全国高等学校女子・男子駅伝競走を一部始終見ました。結果は、

   広島県の世羅高校が女子・男子とも優勝で、お見事でした。京都を舞台にして繰り広げられま

   す、師走伝統の高校駅伝を見終わりますと、私もふと今年ももう少しで新年を迎えるのかと、

   この時期思う例年です。なお、白岡の新春マラソン大会には、吉田香織選手が走ってくれれば

   うれしいと思いつつ、今日の記念すべき日が過ぎていきました。

 


この記事は 2015.12.21 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成27年12月19日(土)

   本日は、太田新井花と緑の会 イルミネ-ション点灯式にお招き頂き大変有難うございました。皆様方には、日頃より、農政はもとより市政の進展について多大なるご支援とご協力を賜り、心から感謝を申し上げる次第でございます。

   当イルミネ-ションは、多面的機能支払交付金を活用した事業として、1月まで点灯させると伺っております。夜にはきれいに輝き、地域の方々の目を楽しませてくれるものと存じます。

   また、皆様方が地域と一体となって行っております日々の活動により、地域の活性化が図られておりますことや環境を重視した取り組みが求められている中、地域の環境保全にも貢献されておりますことに、深く敬意を表す次第です。

   どうか、皆様方におかれましては、市政進展のためより一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げるとともに、太田新井花と緑の会のますますのご発展と、ご参会の皆様のご健勝を心よりご祈念申し上げます。

 

 

 


この記事は 2015.12.20 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成27年12月18日(金)

   本日は、白岡市民生委員・児童委員協議会の忘年会にお招きを頂き、誠にありがとうございました。日頃から、民生委員・児童委員の皆様におかれましては、地域福祉の推進に対し、格別のご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

   また、今年1年、それぞれの地域におきまして、市民の皆様のためにご尽力頂き心から感謝申し上げます。昨今、「地域のつながり」や「家族の絆」の希薄化が指摘されておりますが、私は支援を必要とする方々への安心と安全を確保するためには、各地域における見守りが大変重要であると考えております。

   常に相手の立場に立ち、親身になって相談や支援をして頂き、地域と行政をつなぐ民生委員・児童委員の皆様の役割にますます期待が高まっております。また、多様化する課題に対応するべく、民生委員・児童委員の皆様方が、昼夜大変なご苦労のもと活動されていることは、本当にありがたく深く敬意を表する次第でございます。

   今後とも長年の経験を生かし、市の地域福祉に引き続きお力添えを頂ければ幸いでございます。


この記事は 2015.12.20 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

平成27年12月17日(木)

   本日は、しらおか味彩センター出荷組合役員及び職員によります忘年会にお招き頂き、誠にありがとうございます。日ごろ、出荷組合の皆様方におかれましては、地域で生産された農作物を、新鮮で安心・安全に消費者に供給され、市の農業振興並びに地産地消の推進にご尽力頂いておりますことに、心から感謝申し上げます。

   また、本年度からふるさと納税に対する返礼品として、皆様方が手塩にかけて作られた農作物をご提供頂き、心から厚くお礼申し上げます。おかげさまで、多くの方のご理解とご協力を賜りまして、ふるさと納税の申し込みが急増したところでございます。重ねてお礼申し上げます。

   市といたしましては、農業生産・経営の基礎的な資源である農地が優良な状態で確保され、有効利用が図られるよう支援させて頂くとともに、市の立地を活かした都市近郊農業を確立し、農業経営の安定化が図られるよう、国や県の制度を活用し最大限の努力を傾注してまいる所存でございます。

   また、しらおか味彩センターの駐車場を含めた、一層の利活用につきまして、私と致しまして努力してまいります。どうか、皆様方におかれましても、今後とも、市政進展のため、より一層のご協力とお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

      *その他 本日も年末を迎え他の会合に出席してからの帰宅となりました。

 


この記事は 2015.12.18 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動