ブログ

ホームブログ

2322-2-%e8%93%ae%e7%94%b0%e7%99%bd%e5%b2%a1%e7%92%b0%e5%a2%83%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e9%96%a2%e4%bf%82%e5%9c%b0%e5%8c%ba%e7%92%b0%e5%a2%83令和2年2月13日(木)

 本日は、令和元年度第2回蓮田白岡環境センタ-関係地区環境保全連絡協議会定例会が開催されました。当協議会は、蓮田白岡環境センタ-近隣の行政区及び自治会の代表者の皆さんと、蓮田白岡衛生組合の代表者で組織されておりまして、例会として年2回開催しているものです。私も蓮田白岡衛生組合副管理者として出席致しました。

 蓮田白岡衛生組合では、平成25年度から5年の歳月をかけまして、ごみ焼却施設の延命化工事を実施しており、施設の運転管理には万全を期しております。会議の中で、ごみ焼却施設の稼働状況とばい煙測定結果について、し尿処理施設の稼働状況と放流水水質分析結果について、粗大ごみ処理施設稼働状況について報告致しました。各施設の稼働状況は順調に推移しており、測定結果は基準値を大きく下回っている状況です。

 また、昨年の4月1日から令和3年3月31日までの期間、埼玉県清掃行政研究協議会ごみ処理施設県内協力体制実施要綱に基づき、桶川市内高崎線東側地区の家庭系の燃えるごみの一部受け入れておりますが、順調に受け入れが進みこれまで白岡市内及び蓮田市内のごみ処理に支障は出ておりません。引き続き、委員の皆様をはじめ市民の皆様のご理解とご協力を賜りながら、職員と一緒になって安定した廃棄物処理を行ってまいります。

 

 


この記事は 2020.2.17 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2020/2/17

保健予防事務連絡会議

令和2年2月12日(水)2321-%e4%bf%9d%e5%81%a5%e4%ba%88%e9%98%b2%e4%ba%8b%e5%8b%99%e9%80%a3%e7%b5%a1%e4%bc%9a%e8%ad%b0

 本日は、令和元年度保健予防事務連絡会議を開催致しました。医師会の先生方におかれましては、大変お忙しい中ご出席を賜り、誠にありがとうございました。日頃から、大林会長をはじめ先生方におかれましては、市の保健・福祉・教育事業等の推進に格別のご協力とご理解を賜っておりますことに重ねてお礼申し上げます。

 2321-3%e4%bf%9d%e5%81%a5%e4%ba%88%e9%98%b2%e4%ba%8b%e5%8b%99%e9%80%a3%e7%b5%a1%e4%bc%9a%e8%ad%b0さて、現在、中国湖北省を中心とした「新型コロナウイルス関連肺炎」に関して連日報道され、国内でも感染症まん延防止のために様々な措置がとられています。市と致しましても、市公式ホ-ムペ-ジや安心安全メ-ル等により市民の皆様に埼玉2321-2-%e4%bf%9d%e5%81%a5%e4%ba%88%e9%98%b2%e4%ba%8b%e5%8b%99%e9%80%a3%e7%b5%a1%e4%bc%9a%e8%ad%b0県の相談窓口を案内するとともに、手洗いやうがい等の一般的な感染症対策を呼び掛けているところです。今後も、幸手保健所と情報連携しながら適切な対応がとれるよう準備してまいりますので、先生方のご理解とご協力をお願い申し上げます。市では、誰もが健康で安心して暮らし豊かな人間性を育むことを目指してこれまで「白岡市健康増進計画」及び「白岡市食育推進計画」に基づいて施策を推進してまいりました。

 この度、このふたつの計画が本年度をもって計画期間満了となることから、新たに自殺対策計画を加え3つの計画を一体的な計画として、現在「第二次はぴすイッチプラン」を策定しているところです。この計画の計画期間は令和2年度から令和6年度の5年間で、地域や関係機関の連携をさらに推進することで、市民が「健康で幸せに生きることへの包括的支援」を目指してまいります。これまで、計画の策定及び進行管理にあたりましても、市医師会をはじめ関係団体や市民の代表のかたに、ご協力を頂いております。特に、医師会の先生方には、市民の生命と健康を守るため、日夜ご尽力頂いており今後もさらに医師会との連携の強化を図り、計画を推進してまいりたいと存じます。

 本日の会議では、今年度の保健予防事業につい、事業終了の見込みがつきましたので先生方にご報告申し上げました。また、令和2年度の保健事業計画並びに予防接種関係の事業等について、ご協議を頂きました。限られた時間の中での会議でしたが、忌憚のないご意見を賜りありがとうございました。


この記事は 2020.2.17 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

令和2年2月10日(月)2320-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e6%b3%95%e4%ba%ba%e5%8c%96%ef%bc%94%ef%bc%95%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5

 本日は、白岡市社会福祉協議会法人化45周年記念「白岡市社会福祉大会」にご案内頂きました。白岡市社会福祉協議会法人化45周年記念「白岡市社会福祉大会」が多くの皆様のご出席のもと、盛大に開催されましたことを心からお喜び申し上げ2320-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e6%b3%95%e4%ba%ba%e5%8c%96%ef%bc%94%ef%bc%95%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5ます。大会は、社会福祉活動功績者表彰や小中学生による「感謝と成長のエピソ-ド」作文コンク-ルの表彰式も行われました。表彰をお受けになった皆様におかれましては、社会奉仕の精神をもって地域における福祉活動にご尽力頂いていることに深く敬意を表する次第でございます。

 また、白岡市社会福祉協議会におかれましては、昭和37年の設立そして昭和50年の法人化以来、各種の福祉サ-ビスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援をはじめ全国的な取組から地域の特性に応じた活動まで、幅広く取り組み社会福祉の増進にご貢献頂いてまいりました。皆様のご尽力により、白岡市の地域福祉が大きく前進していることに深く感謝申し上げる次第です。

 近年、地域福祉の課題は複雑化しており、これからも時代の流れや社会の変容などとともにさまざまな地域課題が出現するものと思われます。白岡市と致しましては、誰もが安心して暮らしていくことのできる社会の実現を目指しており、社会福祉協議会はその心強いパ-トナ-と考えています。今後とも、福祉の充実をはじめとする市政進展のため、より一層のご支援とご協力を賜わりますようお願い申し上げます。

  ※そのほか、埼玉東部消防組合議会正副管理者会議が開催され、3月議会に向

   けた提出議案の協議を行いました。


この記事は 2020.2.11 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

2319-%e7%ac%ac%ef%bc%93%ef%bc%92%e5%9b%9e%e6%9d%b1%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%b9%bc%e5%85%90%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%ef%bc%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a令和2年2月9(日)

 本日は、第32回東日本幼児サッカ-大会にご案内頂きました。立春を過ぎたとわいえ寒風の中、1都6県から64チ-ム約700名もの選手が白岡市にお集まりと伺いました。誠にありがとうございます。皆さんを2319-2-%e7%ac%ac%ef%bc%93%ef%bc%92%e5%9b%9e%e6%9d%b1%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%b9%bc%e5%85%90%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%ef%bc%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a白岡市にお迎えし、第32回東日本幼児サッカ-大会が盛大に開催されましたことは、誠に喜ばしく心からお祝い申し上げます。選手の皆さんにおかれましては、本日の大会に向けて一生懸命練習をされてきたことと思います。

 本日は、日ごろの監督、コ-チ、指導者の教えをまもり、練習された成果をこの大会において思う存分発揮し、明るく、楽しく、元気よく、悔いのないゲ-ムができたでしょうか。他のチ-ムの選手とも仲良くして頂き、たくさんのお友達をつくって良い思い出となりましたことをご期待申し上げます。また、当大会の開催に当たり、ご尽力を賜りました広範囲の関係者皆様方に深く感謝を申し上げますとともに、今後の選手の皆さんのご活躍を心からお祈り申し上げます。

   *そのほか、今日は小規模の会議の開催と山口ロ-ドレ-スを見たり、今週

   使用する幾つかの原稿作りの一日となりました。

 


この記事は 2020.2.11 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

令和2年2月7日(金)2318-%e8%93%ae%e7%94%b0%e7%99%bd%e5%b2%a1%e8%a1%9b%e7%94%9f%e7%b5%84%e5%90%88%e5%bb%83%e6%a3%84%e7%89%a9%e6%b8%9b%e9%87%8f%e6%8e%a8%e9%80%b2%e5%af%a9%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e3%80%80

 本日、蓮田白岡衛生組合の廃棄物減量推進審議会が開催され、蓮田白岡衛生組合の副管理者として出席致しました。

衛生組合では、廃棄物減量推進審議会委員の皆様から、ごみの減量とリサイクルなどについてのご意見やご提案を頂いており2318-2-%e8%93%ae%e7%94%b0%e7%99%bd%e5%b2%a1%e8%a1%9b%e7%94%9f%e7%b5%84%e5%90%88%e5%bb%83%e6%a3%84%e7%89%a9%e6%b8%9b%e9%87%8f%e6%8e%a8%e9%80%b2%e5%af%a9%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e3%80%80ます。

 今回、佐々木操会長から「一般廃棄物処理基本計画の見直しについて」の答申を頂きました。廃棄物減量推進審議会委員の皆様には、これまで延べ7回に渡り、衛生組合の廃棄物の処理施策に対しましてご審議頂いております。一般廃棄物処理基本計画は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づき、生活環境の保全と公衆衛生の向上を図りながら、白岡市と蓮田市における一般廃棄物の適正な処理を行うためのものです。

 今回頂ました答申につきましては、貴重なご意見として、今後各種施策の推進に役立ててまいりますので、皆様方のより一層のご指導を賜りますようお願い申し上げます。本日は、誠に有り難うございました。


この記事は 2020.2.8 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

2317-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e9%80%a3%e5%90%88%e4%bc%9a%e3%80%8c%e6%96%b0%e6%98%a5%e6%bc%94%e8%8a%b8%e3%81%ae%e9%9b%86%e3%81%84%e3%80%8d令和2年2月7日(金)

 本日は、白岡市老人クラブ連合会主催による「新春演芸の集い」にお招き頂きました。新春演芸の集いが盛大に開催されましたことを心からお喜び申し上げます。皆様におかれましては、生涯現役でいきいきと生活できる住みよい地域社会づくりのために、「健康、いきがいづくり」や「友愛活動」など豊かな人間性を培う熱意ある取組を実践されておりますことに、深く敬意を表しますとともに心から感謝申し上げる次第です。

 年の経過は早いもので、平成から令和となり令和2年を迎えました。皆様におかれましては、明るい未来へ向けてこの先ずっと健康で充実した日々を過ごして頂きたいと存じます。2317-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e9%80%a3%e5%90%88%e4%bc%9a%e3%80%8c%e6%96%b0%e6%98%a5%e6%bc%94%e8%8a%b8%e3%81%ae%e9%9b%86%e3%81%84%e3%80%8d私は、市民の皆様が健康で豊かな生活を送るためには、笑顔に満ちている老人クラブの皆様のご活躍が大きな原動力になると認識しているとみろであります。どうか、これからもお元気でこれまでの様々な分野で培ってこられた豊かな経験を生かして、市の発展のためにお力添えを賜りますようお願い申し上げます。2317-3-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e9%80%a3%e5%90%88%e4%bc%9a%e3%80%8c%e6%96%b0%e6%98%a5%e6%bc%94%e8%8a%b8%e3%81%ae%e9%9b%86%e3%81%84%e3%80%8d

 さて、市では、シニア世代の皆様に活躍して頂き地域活動や市民活動などを盛んにして地域の活性化を図ることを目的に、昨年度からアクティブシニア活躍支援事業を立ち上げて様々な取組を展開しているところです。このアクティブシニア活躍支援事業は、おおむね60歳以上のシニア世代の皆様の地域活動や市民活動、健康・生きがいづくり、就業などの社会参加を支援するものです。シニアの皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

 さて、昨年は、市民皆様と進めてまいりましたまちづくりについて、幾つかご報告致します。中でも大きな災害が多発しましたが特に台風19号は各地に甚大な被害をもたらしましたが、白岡市は県内で浸水のない数少ない市でありました。また、東洋経済新報社の2019年住みよさランキングにおいて、白岡市は埼玉県で5位になりました。市制施行以来、白岡市は埼玉県内で上位に位置し続けており、これまで皆様と一体となって進めた白岡市のまちづくりが一定の評価を得たものであるととても嬉しく思っています。更に、今月の3日には、大野埼玉県知事より市県民税の徴収率が県内の市で3位また交通安全推進市町村として表賞して頂きました。これらの表彰は、市民皆様ともに喜び嬉しく思うところであります。

 そして、いよいよ今年は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。8月にはパラリンピックの聖火リレ-が白岡市を含め埼玉県にやってまいります。多くの市民の皆様、特に将来を担う子どもたちに感動と夢を与えるような、記憶に残る聖火リレ-にしたいと考えております。今後も、本市の魅力や強みを最大限に活用して他に誇れるまちづくりを進めてまいりたいと考えておりますので、皆様のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。歌をうたうことは、心を豊かにし体にも良いと言われておりますので、皆様方には今日一日、希楽人新春演芸の集いを大いに楽しんで頂きたいと思います。ご参会の皆様方が、健康で末永くお幸せに過ごされますよう心からご祈念申し上げます。


この記事は 2020.2.8 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2020/2/7

埼葛斎場組合議会定例会 

2316-%e5%9f%bc%e8%91%9b%e6%96%8e%e5%a0%b4%e7%b5%84%e5%90%88%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%80%80令和2年2月6日(木)

 本日は、令和2年2月埼葛斎場組合議会定例会が開催され、副管理者として出席致しました。この埼葛斎場組合は白岡市、春日部市、蓮田市、杉戸町の3市1町で構成している一部事務組合です

 この定例会には、「埼葛斎場組合会計年度任用職員の任用及び給与その他の勤務条件に関する条例の制定について」など条例案件3件、令和元年度一般会計補正予算(第2号)1件、令和2年度一般会計予算1件、そして公平委員会委員の選任についての人事案件1件の合計6議案を上程致しました。補正予算については、清掃や空調設備点検などの事業費が概ね確定したことから、減額するものです。また、令和2年度の予算の総額は、歳入歳出それぞれ423,704千円とするものです。構成市では、人口と世帯数の割合により、負担金を支出しております。議員の皆さんには、慎重審議頂きまして、全ての議案が可決承認となりました。今後とも、埼葛斎場組合の職員と一緒になって施設の維持管理等に努めてまいります。2316-2-%e5%9f%bc%e8%91%9b%e6%96%8e%e5%a0%b4%e7%b5%84%e5%90%88%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%80%80

 なお本日は、白岡市下水道事業審議会の山﨑会長と柳生副会長にお越し頂き、白岡中学校・はぴすしらおか・味彩センタ-第10負担区)の受益者負担金についての答申を頂きました。

 また、白岡市工業団地振興会の佐藤会長、西野副会長、髙橋副会長にもお越し頂き、社会福祉向上のためにと例年通りご寄附を頂きました。ありがとうございます。

2316-3-%e5%9f%bc%e8%91%9b%e6%96%8e%e5%a0%b4%e7%b5%84%e5%90%88%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9a%e3%80%80私しから、皆様のお蔭で白岡市が限りなく発展しております現状をお話し、感謝とお礼を申し上げました。その後、市役所職員の最大の組織であります土曜会に、三役と議会代表をお招き頂き出席致しました。会は、大変盛り上がっておりました。

 

 


この記事は 2020.2.7 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

令和2年2月4日(火)2315-%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%81%a8%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%8b%e6%a0%84%e9%a4%8a%e3%82%bc%e3%83%9f%e3%83%8a%ef%bc%8d%e3%83%ab%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a%e3%83%bb%e9%96%89

 本日は、「地域とつながる栄養ゼミナ-ル」の成果発表会及び閉講式を開催致しました。これまでゼミナ-ルに参加して頂きました皆様、誠におつかれさまでした。また、本ゼミナ-ルの講師を務めて頂くとともに運営にご尽力を頂きました一般社団法人全国食支援活動協力会の熊谷修先生をはじめ埼玉県栄養士会の川嶋啓子先生、川﨑喜代美先生、NPO法人にこにこママズの高橋亜紀先生、事業運営をお引き受け頂いたウエルシアホ-ルディングスの小原道子様、福田英二様におかれましては、ご多用中にもかかわらず本ゼミナ-ルの成果発表会及び閉講式にご出席を頂き、誠に有難うございました。

 2315-2-%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%81%a8%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%8b%e6%a0%84%e9%a4%8a%e3%82%bc%e3%83%9f%e3%83%8a%ef%bc%8d%e3%83%ab%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a%e3%83%bb%e9%96%89本ゼミナ-ルは、アクティブシニア活躍支援事業2年目の核となる事業として、各講師を始めとして色々な方のご協力を得ながら実施してまいりました。食べ物の栄養や調理する際の衛生面についての知識や技術を習得し、今後地域食堂の開催・運2315-3-%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%81%a8%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%8b%e6%a0%84%e9%a4%8a%e3%82%bc%e3%83%9f%e3%83%8a%ef%bc%8d%e3%83%ab%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a%e3%83%bb%e9%96%89営などに携わって頂けるような内容としたものです。本ゼミナ-ルを修了した皆様におかれましては、このゼミナールを地域デビューのきっかけとして、地域イベントへの参加や地域食堂の開催などにチャレンジして頂くなど地域でのご活躍をご期待申し上げます。

 さて、白岡市では、多様な価値観を持つ一人ひとりがお互いを認め会い、尊重し合って、まちづくりが順調に進んでおるところであります。こうした、市民皆様と進めておりますまちづくりについて、幾つかご報告致します。昨年は大きな災害が多発しましたが、特に台風19号は各地に甚大な被害をもたらしましたが、白岡市は県内で浸水のない数少ない市でありました。また、東洋経済新報社の2019年住みよさランキングにおいて、白岡市は埼玉県で5位になりました。市制施行以来、白岡市は埼玉県内で上位に位置し続けており、これまで皆様と一体となって進めた白岡市のまちづくりが一定の評価を得たものであるととても嬉しく思っています。更に、昨日大野埼玉県知事から、市県民税の徴収率が県内の市で3位、また交通安全推進市町村として表賞して頂きました。これらの表彰は、市民皆様ともに喜び嬉しく思うところであります。

 そして、いよいよ今年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。8月には、パラリンピックの聖火リレ-が白岡市を含め埼玉県にやってまいります。多くの市民の皆様、特に将来を担う子どもたちに感動と夢を与えるような、記憶に残る聖火リレ-にしたいと考えております。今後も、本市の魅力や強みを最大限に活用して他に誇れるまちづくりを進めてまいりたいと考えておりますので、皆様のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。講師の皆様を始め、ご参会の皆さまのご多幸とご健勝をご祈念申し上げます。


この記事は 2020.2.5 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

令和2年2月3日(月)

 本日は、令和元年度交通安全功労者等表彰式に出席して参りました。埼玉県交通安全対策協議会の会長である大野元裕埼玉県知事から、交通安全推進市町村表彰の7市を代表して、表彰状を頂きました。 2314

 白岡市では、2年連続で交通事故死亡者数が減少しかつ他市町村と比較して交通事故死傷者数の減少割合が大きいことから、受賞したものです。今回の受賞は、記録が残る昭和42年以降では平成6年、14年、24年、29年に続く5回目の受賞となります。今回同時に、久喜地方交通安全協会の松野理事(白岡支部副支部長)と白岡市交通安全母の会の川島幹事が交通安全功労者を、クマコン熊谷株式会社大宮工場様が交通安全功労団体を受賞致しました。2314-2

 白岡市では、直近で平成30年11月10日に交通死亡事故が発生しましたが、それまで843日間交通死亡事故ゼロを記録しました。また、この交通死亡事故発生後から昨日(2月2日)までの449日間交通死亡事故が発生しておりません。この交通安全推進市町村表彰受賞は、交通安全関係団体の皆様や久喜警察署をはじめ地域、企業、学校、家庭、そして市が一緒になって交通安全に取り組んでいる結果だと思っております。皆様に感謝申し上げます。今後も交通死亡事故ゼロが、500日、1000日とそれ以上に継続できますよう努力致して参りますので、皆様のご協力をお願い致します。

 

 


この記事は 2020.2.3 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

令和2年2月3日(月)2313-%e5%80%8b%e4%ba%ba%e4%bd%8f%e6%b0%91%e7%a8%8e%e5%b8%82%e7%94%ba%e6%9d%91%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e7%b4%8d%e7%a8%8e%e7%8e%87%e9%83%a8%e9%96%80%e3%82%92%e5%8f%97%e8%b3%9e

 本日は、令和元年度個人住民税表彰式に出席して参りました。大野元裕埼玉県知事から納税率部門で県内市3位ということで表彰状を頂きました。なお、受賞された県内自治体は12市町村でした。2313-2-%e5%80%8b%e4%ba%ba%e4%bd%8f%e6%b0%91%e7%a8%8e%e5%b8%82%e7%94%ba%e6%9d%91%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e7%b4%8d%e7%a8%8e%e7%8e%87%e9%83%a8%e9%96%80%e3%82%92%e5%8f%97%e8%b3%9e

 今回の受賞は、平成22年度の収入未済額圧額部門、平成23年度の納税率アップ部門、平成25年度の納税率部門(市3位)に続く、4回目の受賞となります。白岡市では、平成30年度に「白岡市市税等の滞納対策に関する対策方針」の見直しを行い、前年度比で約7,700万円の税収増と滞納繰越額の約5割圧縮することができました。これにより、納税率(平成30年)は、97.4%と過去最高の実績となりました。2313-3-%e5%80%8b%e4%ba%ba%e4%bd%8f%e6%b0%91%e7%a8%8e%e5%b8%82%e7%94%ba%e6%9d%91%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e7%b4%8d%e7%a8%8e%e7%8e%87%e9%83%a8%e9%96%80%e3%82%92%e5%8f%97%e8%b3%9e

 これは、職員一人ひとりが業務改善に取り組んできたことや県への実務研修職員の派遣を通じて連携・協力を図ってきたこと、そして何より市民の皆様が納税意識を高く持っておられることが一番の要因だと思っております。納税頂いている皆様一人ひとりに感謝申し上げます。表彰後には、大野知事と意見交換をさせて頂きました。この内容は、埼玉新聞に後日掲載されるとのことです。

 


この記事は 2020.2.3 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2020/2/3

太田新井行政区新年懇親会

2312-%e5%a4%aa%e7%94%b0%e6%96%b0%e4%ba%95%e8%a1%8c%e6%94%bf%e5%8c%ba%e6%96%b0%e5%b9%b4%e6%87%87%e8%a6%aa%e4%bc%9a令和2年2月2日(日) 

 本日は、太田新井行政区新年懇親会にご案内頂きました。太田新井行政区の新年懇親会が盛大に開催されますことは、行政区の皆様のご協力はもちろんのこと、鈴木区長さんをはじめとする役員の皆様方のご尽力の賜物であると深く敬意を表する次第です。日頃から、太田新井行政区の皆様には、市政運営に多大なるお力添えを賜っておりますことに心から感謝申し上げます。今後とも親睦を深められ、市政の進展のため、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 さて、白岡市民の皆様は、多様な価値観を持つ一人ひとりがお互いを認め会い尊重し合って、まちづくりが順調に進んでおるところであります。こうした市民皆様と進めておりますまちづくりについて、幾つかご報告致しますと、昨年は大きな災害が多発しましたが、特に台風19号は各地に甚大な被害をもたらしましたが、白岡市は県内で浸水のない数少ない市でありました。2312-2-%e5%a4%aa%e7%94%b0%e6%96%b0%e4%ba%95%e8%a1%8c%e6%94%bf%e5%8c%ba%e6%96%b0%e5%b9%b4%e6%87%87%e8%a6%aa%e4%bc%9aまた、東洋経済新報社の201

9年住みよさランキングにおいて、白岡市は埼玉県で5位になりました。市制施行以来、白岡市は埼玉県内で上位に位置し続けており、これまで皆様と一体となって進めた白岡市のまちづくりが一定の評価を得たものであるととても嬉しく思っています。また、明日は大野埼玉県知事から、市県民税の徴収率が良かったことや交通安全推進により交通事故が少なかったことについて表彰して頂く予定です。

 そしていよいよ今年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。8月には、パラリンピックの聖火リレ-が白岡市を含め埼玉県にやってまいります。多くの市民の皆様、特に将来を担う子どもたちに感動と夢を与えるような、記憶に残る聖火リレ-にしたいと考えております。今年も、市民皆様の幸せと本市のさらなる発展のため全力を傾注してまいる所存でございます。特に皆様の関心の高い、都市計画道路白岡宮代線の道路工事を引き続き進めてまいる所存であります。太田新井行政区のますますのご発展と、ご参会皆様のご健勝とご多幸を心からご祈念申し上げます。

 


この記事は 2020.2.3 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

令和2年2月2日(日)2311-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%85%83%e6%b0%97%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a

 本日は、白岡元気プロジェクト成果発表会を開催致しました。ご多忙中にもかかわらず、「令和元年度白岡元気2311-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%85%83%e6%b0%97%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88%e6%88%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9aプロジェクト」成果発表会にご出席を頂きました皆様、誠にありがとうございました。慶應義塾大学総合政策学部の飯盛教授、飯盛研究室・白岡元気プロジェクトの学生の皆さんにおかれましても、大変お忙しい中ご協力を頂きまして、誠にありがとうございました。

 現在、我が国では、過去に経験したことのない人口減少と高齢化が進んでいます。 このような中、市では「大山地域・菁莪地域の活性化」を市の重点プロジェクトとして掲げて、両地域の活性化を積極的に推進しています。「白岡元気プロジェクト」とは、この大山地域・菁莪地域の活性化に関する事業のうち、慶應義塾大学飯盛研究室との連携・協力により実施している取組の全てを指しています。このプロジェクトは平成29年度から開始しており、地域にお住まいの皆様と飯盛研究室の学生の皆さんにより、数多くの実践的な取組が行われてきました。本日は、その成果を学生の皆さんから発表して頂き、また市が実施している大山地域及び菁莪地域に関する取組についても報告致しました。両地域の地域活性化の成功は、慶應義塾大学との連携・協力はもちろんのこと、市民の皆様のご理解とご協力があって成しえるものであると思います。引き続き皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 白岡市では多様な価値観を持つ市民一人ひとりがお互いを認め会い、尊重し合って、まちづくりが順調に進んでおるところであります。こうした市民皆様と進めておりますまちづくりについて、幾つかご報告致しますと昨年は、大きな災害が多発しましたが、特に台風19号は各地に甚大な被害をもたらしましたが、白岡市は県内で浸水のない数少ない市でありました。また、東洋経済新報社の2019年住みよさランキングにおいて、白岡市は埼玉県で5位になりました。市制施行以来、白岡市は埼玉県内で上位に位置し続けており、これまで皆様と一体となって進めた白岡市のまちづくりが一定の評価を得たものであるととても嬉しく思っています。

 更に、明日3日午前大野県知事から、市県民税の徴収率が県内で3位、また午後には交通安全推進市町村として表彰して頂くこととなりました。大変うれしく思っております。そしていよいよ今年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。8月には、パラリンピックの聖火リレ-が白岡市を含め埼玉県にやってまいります。多くの市民の皆様、特に将来を担う子どもたちに感動と夢を与えるような、記憶に残る聖火リレ-にしたいと考えております。今後も、本市の魅力や強みを最大限に活用して他に誇れるまちづくりを進めてまいりたいと考えておりますので、皆様のお力添えお願い申し上げます。また、本日ご参会の皆様方のご健勝とご活躍をご祈念申し上げます。


この記事は 2020.2.3 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2020/2/3

新春を祝う豆まきまつり

新春を祝う豆まきまつり

令和2年2月2日(日)

 本日は、興善寺の新春を祝う豆まきまつりにお招き頂きました。節分は、季節を分けることを意味しています。古来、季節の変わり目には邪気が生じると信じられており、それを追い払うため、平安時代には悪霊払いの神事が行われていたそうです。室町時代には、この神事が現在のような豆まきに変化して江戸時代に庶民に広まったとのことです。2310-%e8%b1%86%e3%81%be%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a

 興善寺山門にての新春を祝う豆まきまつりは、こうした古来からの伝統文化芸術を今日に引き継いでおられますのも、興淳明先生や中央商店会並びに実行委員皆様のご尽力によるものであります。おかげさまで、白岡市では多様な価値観を持つ一人ひとりがお互いを認め会い尊重し合って、まちづくりが順調に進んでおるところであります。2310-2-%e8%b1%86%e3%81%be%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a

 白岡に住む皆様が心穏やかに日々の生活を重ね充実した毎日が送れるよう、私たち行政だけではなく、ここにお集まり頂いた市民の皆様とともに、寛容さと柔軟さをもってまちづくりを進めてまいりますので、引き続きご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。こうした、市民皆様と進めておりますまちづくりについて幾つかご報告致しますと、昨年は大きな災害が多発しましたが、特に台風19号は各地に甚大な被害をもたらしましたが、白岡市は県内で浸水のない数少ない市でありました。

 また、東洋経済新報社の2019年住みよさランキングにおいて、白岡市は埼玉県で5位になりました。市制施行以来、白岡市は埼玉県内で上位に位置し続けており、これまで皆様と一体となって進めた白岡市のまちづくりが一定の評価を得たものであるととても嬉しく思っています。更に、明日3日午前大野県知事から、市民税と県民税の徴収率が県内3位という価値ある表彰を頂くことになりました。また、午後には埼玉県交通安全対策協議会・県知事から交通安全推進市町村として表彰を頂くこととなりました。一重に市民皆様のまちづくりの素晴らしい成果とご報告致すとともに感謝申し上げ、大変うれしく思っております。お集まりの皆様にとりまして、来たるべき春が希望に満ちたものとなりますことを心からご祈念申し上げます。


この記事は 2020.2.3 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2020/2/1

埼玉県医師会新年会

2309令和2年2月1日(土)

 2月4日の立春をまじかに、庭の紅梅が綺麗な花を咲き始めました。本日は、さいたま市内で開催された第5回埼玉県医師会新年会にお招き頂きました。埼玉県医師会の皆様におかれましては、日々医療活動に従事され、住民の生命と健康を守っておられますことに深く敬意を表する次第です。また、日頃から、白岡市の市政運営にご理解・ご協力を賜っておりますことに厚くお礼申し上げます。2309-2

 市では、未来を担う子どもたちの健全な成長や高齢社会問題に対応するための健康寿命の延伸に向けて、医師会をはじめとした医療・保健・福祉・教育などの関係機関の方々と連携・協力して事業を推進してまいります。第一次白岡市健康増進計画及び食育推進計画が今年度をもって計画期間が満了となることから、現在令和2年度に向けて、新たに自殺対策計画を加えた第二次計画「しらおかはぴすイッチプラン」の策定を進めているところです。二次計画の策定により、健康づくり、食育、自殺予防、社会環境の整備等の施策の充実を図り市民の皆様の健康で幸せな生活をさらに推進してまいります。


この記事は 2020.2.1 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

2308-%e5%9c%9f%e5%b1%8b%e5%93%81%e5%ad%90%e8%a1%86%e8%ad%b0%e9%99%a2%e8%ad%b0%e5%93%a1%e3%81%a8%ef%bc%94%e5%b8%82%ef%bc%91%e7%94%ba%e6%83%85%e5%a0%b1%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e4%bc%9a令和2年2月1日(土)

 過日土屋品子衆議院議員と4市1町(春日部市、久喜市、蓮田市、白岡市、宮代町)の首長による情報交換会が行われました。

今回のテ-マは、新年度(令和2年度)予算事業についてでした。

 近隣の市町の首長方とは、普段から多方面の会議等でもお会いして話をしますが、お互いに各市が進めている事業の詳細については知らないことが多く、地元選出の土屋品子衆議院議員にも知っておいて頂きたい事もございますことから実施したものです。2308-2-%e5%9c%9f%e5%b1%8b%e5%93%81%e5%ad%90%e8%a1%86%e8%ad%b0%e9%99%a2%e8%ad%b0%e5%93%a1%e3%81%a8%ef%bc%94%e5%b8%82%ef%bc%91%e7%94%ba%e6%83%85%e5%a0%b1%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e4%bc%9a

 私からは、現在継続して白岡市が実施している3つの事業について説明しました。最初に白岡・宮代線道路改良事業についてですが、白岡は東北自動車道で東西に分断されており、橋やトンネル及びカルバ-トボックスの立体交差が18か所ございます。しかしながらカルバ-トボックスは、台風や大雨などで通行止めとなるところもあります。この橋脚を整備し白岡駅から県道春日部菖蒲線まで道路がつながることで、市民生活の利便性は向上致します。また、東側の地域では駅や商業施設等に、西側の地域では市役所や生涯学習センタ-などの公共施設へのアクセスが大幅に容易になることを説明しました。

 次に、白岡には概ね200もの橋があり、平成28・29年度に行った橋梁の法定点検の結果に基づき、橋梁長寿命化修繕計画を策定して継続して長寿命化対策工事を実施していることを説明しました。最後に、平成29年度に策定した公園長寿命化修繕計画に基づき、31の都市公園内に設置されている遊具等の施設について、一定の安全基準が保たれるよう改修工事を進めていることを説明しました。

 いずれの事業も財政支出が大変大きいものですから、国に社会資本整備総合交付金を申請して事業を進めているところです。都市基盤整備の推進は、市民生活の向上や安心安全なまちづくりを進める上で必要不可欠なものです。継続して事業を実施していくためにも、国からの支援は重要です。土屋品子衆議院議員には、支援・協力をお願いしたところです。


この記事は 2020.2.1 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

2307-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b7%a5%e6%a5%ad%e5%9b%a3%e5%9c%b0%e6%8c%af%e8%88%88%e4%bc%9a%e6%96%b0%e5%b9%b4%e8%b3%80%e8%a9%9e%e4%ba%a4%e6%ad%93%e4%bc%9a%e3%80%80令和2年1月31日(金)

 本日は、白岡工業団地振興会新年賀詞交歓会にご案内頂きました。白岡工業団地の経営陣皆様、技術革新の最先端で活躍されております皆様と新春にあたり賀詞交歓会が出来ますこと、心から感謝申し上げます。白岡2307-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b7%a5%e6%a5%ad%e5%9b%a3%e5%9c%b0%e6%8c%af%e8%88%88%e4%bc%9a%e6%96%b0%e5%b9%b4%e8%b3%80%e8%a9%9e%e4%ba%a4%e6%ad%93%e4%bc%9a%e3%80%80工業団地振興会におかれましては、佐藤会長並びに役員の皆様をはじめ会員皆様方の力強い結束と協力のもと、本市の工業発展のためにご尽力頂いておりますことに心から感謝と敬意を表す次第であります。

 さて、昨年は、天皇陛下の御即位や改元、一連の国事行為、消費税率の引上げなど、暮らしを取り巻く環境が大きく変わる、市民の皆様の関心事がたくさんありました。消費税率の引き上げに伴う影響を緩和するため実施いたしました、プレミアム付商品券発行事業につきましては、皆様のご協力のもと、昨年から事業を展開し、これまでの間、順調に進捗しておりますことに感謝申し上げます。

 さて、昨年は、大きな災害が多発しましたが、特に台風19号は各地に甚大な被害をもたらしましたが、白岡市は県内で浸水のない数少ない市でありました。また、東洋経済新報社の2019年住みよさランキングにおいて、白岡市は埼玉県で5位になりました。市制施行以来、白岡市は埼玉県内で上位に位置し続けており、これまで皆様と一体となって進めた白岡市のまちづくりが一定の評価を得たものであるととても嬉しく思っています。

 いよいよ今年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。そして、8月20日にはパラリンピックの聖火リレ-が白岡市にやってきます。多くの市民の皆様、特に将来を担う子どもたちに感動と夢を与えるような、記憶に残る聖火リレ-にしたいと考えています。更に、白岡市は、来たる2月3日午前大野県知事より市民税と県民税の徴収率県内市全体で3位という価値ある表彰を頂くことになりました。また、午後には埼玉県交通安全対策協議会・県知事から交通安全推進市町村として、表彰を頂くこととなりました。これら二つの表彰は、一重に市民皆様の当市への限りない愛着と責任を全うする市民皆様のお力添えの賜物と深く感謝申し上げます。

 今後も、本市の魅力や強みを最大限に活用して他に誇れるまちづくりを白岡工業団地振興会の皆様、市民皆様とともに進めてまいります。白岡工業団地振興会のますますのご発展とご繁栄を心からご祈念申し上げます。

 

 


この記事は 2020.1.31 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2020/1/31

国民健康保険運営協議会

令和2年1月31日(金)2306-%e5%9b%bd%e6%b0%91%e5%81%a5%e5%ba%b7%e4%bf%9d%e9%99%ba%e9%81%8b%e5%96%b6%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a

 本日は、国民健康保険運営協議会が開催されました。委員の皆様におかれましては、お忙しい中ご出席を頂きまして誠にありがとうございます。昨年12月に開催した当白岡市国民健康保険運営協議会において、令和2年度以降の国保財政の見通しについてご審議頂き、今月16日に国民健康保険運営協議会佐々木会長から答申書の提出を受けたところです。貴重なご意見を賜りましたことに深くお礼申し上げます。

 市と致しましては、答申書の内容を踏まえ国民健康保険事業費納付金の算定に基づく今後の方向性について、1月23日に開催された白岡市議会全員協議会において報告したところです。本日の会議では、令和2年度白岡市国民健康保険特別会計予算についてご審議を賜りました。委員の皆様から忌憚のないご意見を賜り、誠にありがとうございました。今後とも、本市の国民健康保険の運営に特段のご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

 さて、白岡市は、2月3日(月)大野県知事より市民税と県民税の徴収率県内市全体で3位という価値ある表彰を頂くことになりました。更に同日、令和元年度 埼玉県交通安全対策協議会・県知事から、交通安全推進市町村表彰を受賞することとなりました。これは、交通事故死者数が減少しかつ他市町村と比較して交通事故死者数の減少割合が大きい自治体が表彰されるものであり、大変嬉しく思っています。これら二つの表彰は、一重に市民皆様の納税意識の高さと市民生活向上がはかられ、そして市民生活の安全にお力添えを頂いております皆様方のお蔭でありまして深く感謝申し上げます。

 


この記事は 2020.1.31 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

2305-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e8%8f%85%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e5%8d%94%e5%90%8c%e7%b5%84%e5%90%88%e6%96%b0%e5%b9%b4%e4%bc%9a令和2年1月30日(木)

 本日は、白岡市菅工事業協同組合令和2年新年会にお招き頂きました。白岡市菅工事業協同組合の皆様におかれましては、お健やかに新年をお迎えのことと心からお喜び申し上げます。また、日頃から白岡市の市政運営にご支援・ご協力を賜っておりますことに厚くお礼申し上げます。

 菅工事業協同組合におかれましては、山田理事長を中心に会員皆様の力強い結束と協力のもと、市民生活や都市機能になくてはならない給排水や冷暖房などの設備を設置して頂き、深く感謝を申し申し上げる次第です。私達が,四季を通じて日々快適に過ごせることは、皆様方のご尽力の賜物であると重ねでお礼申し上げます。私と致しましても,本市の魅力や強みを最大限に活用して他に誇れるまちづくりを進めてまいりたいと考えておりますので、引き続き皆様方のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

 さて、白岡市は、2月3日大野県知事より市民税と県民税の徴収率県内市全体で3位という価値ある表彰を頂くことになりました。更に、令和元年度 埼玉県交通安全対策協議会・県知事から、交通安全推進市町村表彰を受賞することとなりました。これら二つの表彰は、一重に市民皆様のお力添えの賜物と深く感謝申し上げます。白岡市菅工事業協同組合の益々のご発展と皆様方のご健勝とご繁栄をご祈念申し上げます。

 

 

 


この記事は 2020.1.31 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

令和2年1月30日(木)

 国土交通省気象庁の熊谷地方気象台長と担当職員の方とお話しする機会がありました。熊谷気象台の皆さんには、危険度の高まるタイミングやエリア等の防災気象情報などをご提供頂いております。2304-%e6%b0%97%e8%b1%a1%e5%ba%81%e7%86%8a%e8%b0%b7%e5%9c%b0%e6%96%b9%e6%b0%97%e8%b1%a1%e5%8f%b0%e9%95%b7%e3%81%a8%e4%bc%9a%e8%ab%87頂いた情報は、防災対応の判断等に活用させて頂いております。特に埼玉県内にも甚大な災害をもたらした昨年の台風19号上陸などをはじめとする有事の際には、防災体制や住民の避難等を検討する際に最大限に活用してきたところです。

 また、必要に応じてホットラインで、気象状況とその見通しや警報等の発表・解除の見通しなどの解説・助言を頂いております。このように日頃から白岡市と連携して頂き、防災対応にご支援頂いておりますことに感謝申し上げました。本日は、相互の連携強化に向けた、たいへん有意義なお話ができました。ありがとうございました。

 

 


この記事は 2020.1.31 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

令和2年1月30日(木)2303-%e4%bb%a4%e5%92%8c%e5%85%83%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e6%9d%b1%e9%83%a8%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e8%81%b7%e5%93%a1%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9a

 埼玉県市長会東部ブロック連絡会と埼葛町長会では、毎年、共催による東部地域職員研修会を開催しております。本日、杉戸町のすぎとピアで、埼玉県県民生活部スポ-ツ局の山野均局長を講師にお迎えし、「東京オリンピック・パラリンピックで2303-2-%e4%bb%a4%e5%92%8c%e5%85%83%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e6%9d%b1%e9%83%a8%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e8%81%b7%e5%93%a1%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9a埼玉の魅力発信!」をテ-マに講演頂ました。私も職員と一緒に参加して参りました。

 早いもので、東京2020オリンピックまであと176日、パラリンピックまであと208日となりました。埼玉県では、オリンピック4競技(バスケットボ-ル、サッカ-、ゴルフ、射撃)とパラリンピック1競技(射撃)が開催されます。白岡市では8月20日(木)にパラリンピック聖火リレ-が通過します。パラリンピック聖火リレ-は「あなたは、きっと、誰かの光だ」をコンセプトに、パラリンピックへの期待や祝祭感を最大限に高めてくれる事でしょう。「埼玉県内のル-トを走りたい」という方は、埼玉県聖火リレ-実行委員会が2月15日(土)まで募集しておりますので、応募してはいかがでしょうか。

 山野局長から埼玉県の魅力発信ということでお話を頂きましたが、白岡市でも埼玉県と一緒になって、オリンピックの熱気と興奮をパラリンピックにつなげるような聖火リレ-にしたいと考えております。聖火が白岡を走る日まで、あと203日です。楽しみにしていてください。


この記事は 2020.1.30 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

2302-%e4%b9%85%e5%96%9c%e5%9c%b0%e5%8c%ba%e8%ad%a6%e5%af%9f%e5%ae%98%e5%8f%8b%e3%81%ae%e4%bc%9a%e6%96%b0%e6%98%a5%e8%b3%80%e8%a9%9e%e4%ba%a4%e6%ad%93%e4%bc%9a令和2年1月29日(水)

 本日は、久喜地区警察官友の会令和2年新春賀詞交歓会にご案内を頂きました。日頃から、久喜地区警察官友の会の皆様におかれましては、それぞれのお立場で警察官の立場を良く理解され、地域の犯罪防止や明るい2302-2-%e4%b9%85%e5%96%9c%e5%9c%b0%e5%8c%ba%e8%ad%a6%e5%af%9f%e5%ae%98%e5%8f%8b%e3%81%ae%e4%bc%9a%e6%96%b0%e6%98%a5%e8%b3%80%e8%a9%9e%e4%ba%a4%e6%ad%93%e4%bc%9a社会づくりに多大なるご尽力頂いておりますことに感謝申し上げます。

 近年は、社会経済状況や雇用情勢の悪化などを背景に、犯罪の多様化や犯行手口の巧妙化さらに犯罪が低年齢化しています。こうした中、久喜警察署長をはじめ署員の皆様のご尽力により、市民の生活の安全を守って頂いていることに重ねてお礼申し上げます。また、警察官の方々のご活躍は、警察官友の会の皆様のご協力のもとに各種事業を実施されていることなどが大きな支えになっているものと存じます。深く敬意を表する次第です。

 さて、白岡市は、令和元年度 埼玉県交通安全対策協議会・県知事から、交通安全推進市町村表彰を受賞することとなりました。これは、交通事故死者数が減少しかつ他市町村と比較して交通事故死者数の減少割合が大きい自治体が表彰されるものであり、大変嬉しく思っています。更に、白岡市は、同日同場所で、大野県知事より市民税、県民税の徴収率県内市全体で3位という価値ある表彰を頂くことになりました。これら二つの表彰は、一重に犯罪もなく、市民生活の安全にお力添えを頂いております皆様があればこそ、市民皆様が安定した生活が確保されているからこそと思われているものと深く感謝申し上げます。

 今後とも、久喜警察署をはじめ関係皆様方と連携を図りながら、安心・安全な生活環境の整備のために尽力してまいりますので、皆様方におかれましては、今後とも警察官の活動支援をはじめとする地域の安全向上のため、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます久喜地区警察官友の会の益々のご発展とご参会の皆様方のご健勝とご多幸をご祈念申し上げます。

 


この記事は 2020.1.30 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

令和2年1月29日(水)

 本日は、白岡市PTA連絡協議会全体研修会にお招きを頂きました。各学校PTAの皆様方におかれましては、日頃から次代を担う児童・生徒の健やかな成長のため、積極的なPTA活動にご尽力頂いておりますことに心から感謝申し上げる次第です。2301-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%ef%bd%90%ef%bd%94%ef%bd%81%e9%80%a3%e7%b5%a1%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%85%a8%e4%bd%93%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9a

 近年、急激な経済の変化や高度情報化など、子どもたちを取り巻く社会環境は大きく変化しています。そうした中、改めて家庭や地域社会の教育力が重視されており、学校と家庭の連携さらには地域社会を結ぶ掛け橋として、PTA活動の役割はますます高まるものと考えています。PTA連絡協議会の皆様におかれましては、未来の白岡市を担う子ども達が「健やかな体」に「確かな学力」を身に付け「豊かな心」を育みながら大きく成長するため、白岡市の学校教育及び家庭教育の推進に一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。2301-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%ef%bd%90%ef%bd%94%ef%bd%81%e9%80%a3%e7%b5%a1%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e5%85%a8%e4%bd%93%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9a

 本日は、白岡中学校PTAの紹介と森永乳業株式会社の勝又紀子様から、『腸内細菌とビフィズス菌』をテ-マにご講演頂きました。皆様におかれましては、本日の講演を通して子どもの健康のために大切なことや健康に関する知識について理解を深めて頂ければ幸いです。

 さて、昨年は、大きな災害が多発しましたが、特に台風19号は各地に甚大な被害をもたらしましたが白岡市は県内で浸水のない数少ない市でありました。また、東洋経済新報社の2019年住みよさランキングにおいて、白岡市は埼玉県で5位になりました。市制施行以来、白岡市は埼玉県内で上位に位置し続けており、これまで皆様と一体となって進めた白岡市のまちづくりが一定の評価を得たものであるととても嬉しく思っています。

 いよいよ今年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。そして、8月にはパラリンピックの聖火リレ-が白岡市にやってきます。多くの市民の皆様、特に将来を担う子どもたちに感動と夢を与えるような、記憶に残る聖火リレ-にしたいと考えています。更に、白岡市は来たる2月3日午前大野県知事より市民税と県民税の徴収率県内市全体で3位という価値ある表彰を頂くことになりました。また、午後には埼玉県交通安全対策協議会・県知事から交通安全推進市町村として、表彰を頂くこととなりました。これら二つの表彰は、一重に市民皆様の当市への限りない愛着と責任を全うする市民皆様のお力添えの賜物と深く感謝申し上げます。白岡市PTA連絡協議会の会の益々のご発展とご参会皆様方のご健勝とご多幸をご祈念申し上げます。


この記事は 2020.1.30 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2020/1/28

白岡市下水道事業審議会

令和2年1月28日(火)2300-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e4%b8%8b%e6%b0%b4%e9%81%93%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e5%af%a9%e8%ad%b0%e4%bc%9a

 本日は、令和元年度第2回白岡市下水道事業審議会が開催されました。委員の皆様には、大変お忙しい中ご出席を頂き、誠にありがとうございました。また、日頃から市政運営にご理解、ご協力を賜っておりますことに深く感謝申し上げます。本日の審議会では、新たに設定された第10負担区(しらおか味彩センタ-、白岡市保健福祉総合センタ-、白岡中学校)の受益者負担金について諮問させて頂きました。委員の皆様から忌憚のないご意見を頂きまた慎重に審議して頂き、下水道事業審議会が意義深いものとなりましたことにお礼申し上げます。

 さて、昨年は、大きな災害が多発しましたが、特に台風19号は各地に甚大な被害をもたらしましたが白岡市は県内で浸水のない数少ない市でありました。また、東洋経済新報社の2019年住みよさランキングにおいて、白岡市は埼玉県で5位になりました。市制施行以来、白岡市は埼玉県内で上位に位置し続けており、これまで皆様と一体となって進めた白岡市のまちづくりが一定の評価を得たものであるととても嬉しく思っています。

 いよいよ今年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。そして、8月にはパラリンピックの聖火リレ-が白岡市にやってきます。多くの市民の皆様、特に将来を担う子どもたちに感動と夢を与えるような、記憶に残る聖火リレ-にしたいと考えています。更に、白岡市は来たる2月3日午前大野県知事より市民税と県民税の徴収率県内市全体で3位という価値ある表彰を頂くことになりました。また、午後には交通安全推進市町村として、表彰を同じく大野県知事より頂くこととなりました。これ一重に、市民皆様のご協力の賜物であります。引き続き、本市の魅力や強みを最大限に活用して他に誇れるまちづくりを進めてまいります。委員の皆様におかれましては、今後も本市の円滑な下水道事業の運営にご協力を賜りますようお願い申し上げます。


この記事は 2020.1.28 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2020/1/28

白岡市母子愛育会賀詞交歓会

2299-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e6%af%8d%e5%ad%90%e6%84%9b%e8%82%b2%e4%bc%9a%e8%b3%80%e8%a9%9e%e4%ba%a4%e6%ad%93%e4%bc%9a令和2年1月27日(月)

 本日は、白岡市母子愛育会の賀詞交歓会にご案内を頂きました。日頃から、母子愛育会の皆様におかれましては、子育て支援を中心として市の事業に広範多岐にわたってご協力を賜り、本市のまちづくりの推進に大き2299-2-%e7%99%bd%e5%b2%a1%e5%b8%82%e6%af%8d%e5%ad%90%e6%84%9b%e8%82%b2%e4%bc%9a%e8%b3%80%e8%a9%9e%e4%ba%a4%e6%ad%93%e4%bc%9aなお力を頂いておりますことに深く感謝申し上げます。

 白岡市母子愛育会は、昭和11年に活動が始まり80年を越える輝かしい歴史を後世につないで頂いております。白岡の母と子のために、大変地道なご努力を積み重ねておられ、改めて敬意を表する次第です。様々な活動の成果が認められ、母子愛育事業功労者知事感謝状や埼玉県支部長表彰を受賞された会員のかたもいらっしゃいます。心からお祝い申し上げます。本市では、昨年1月に母子保健の拠点となる「子育て世代包括支援センタ-」を保健センタ-内に開設し、市民の皆様の育児相談の場としてご活用頂いているところです。

 また、今年は、誰もが健康で安心して暮らすことができるよう「健康増進計画」、「食育推進計画」に「自殺対策計画」を加えた「第2次しらおかはぴすイッチプラン」の策定を進めています。この新たな計画を作成し、市民の皆様の健康増進を促進するためにも、母子愛育会の皆様の活動は大変重要でございます。

 さて、昨年は、大きな災害が多発しましたが、特に台風19号は各地に甚大な被害をもたらしましたが白岡市は県内で浸水のない数少ない市でありました。また、東洋経済新報社の2019年住みよさランキングにおいて、白岡市は埼玉県で5位になりました。市制施行以来、白岡市は埼玉県内で上位に位置し続けており、これまで皆様と一体となって進めた白岡市のまちづくりが一定の評価を得たものであるととても嬉しく思っています。

 いよいよ今年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。そして、8月にはパラリンピックの聖火リレ-が白岡市にやってきます。多くの市民の皆様、特に将来を担う子どもたちに感動と夢を与えるような、記憶に残る聖火リレ-にしたいと考えています。更に、白岡市は、来たる2月3日午前大野県知事より市民税と県民税の徴収率県内市全体で3位という価値ある表彰を頂く事になりました。また、午後には交通安全推進市町村として、表彰を同じく大野県知事より頂く事となりました。これ一重に、市民皆様のご協力の賜物であります。

 重点施策と致しましては、都市計画道路白岡宮代線と白岡駅西口線の整備等も引き続き確実に進めてまいります。白岡市母子愛育会の皆様におかれましては、今後とも会員相互の連絡を密にされ、また積極的に関係団体との連携を図って頂き、地域保健活動の輪を広げ本市のまちづくりにお力添えを賜りますようお願い申し上げます。本市も、さらなる飛躍を目指し、市民の皆様が将来にわたって安心して住み続けることのできるまちづくりを進めてまいりますので、引き続きご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


この記事は 2020.1.28 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

令和2年1月26日(日)2298

 本日は、行政区の新年会や新春もちつき大会にご案内を頂きました。下野田行政区、上野田2区、彦兵衛第二行政区の皆様におかれましては、明るく健やかな新春をお迎えのことと心からお喜び申し上げます。新年会や新春もちつき大会が盛大に開催されますことは、行政区の皆様のご協力はもちろんのこと、区長さんをはじめとする役員の皆様方のご尽力の賜物と深く敬意を表する次第です。日頃から各行政区の皆様には、市政運営に多大なるお力添えを賜っておりますことに心から感謝申し上げます。

 2298-2昨年は、東洋経済新報社の2019年住みよさランキングにおいて、白岡市は埼玉県で5位になりました。市制施行以来、白岡市は埼玉県内で上位に位置しつづけており、これまで皆様と一体となって進めた白岡市のまちづくりが一定の評価を2298-3得たものであるととてもうれしく思っています。更に、白岡市は来たる2月3日午前、大野県知事より市民税、県民税の徴収率県内市全体で3位という価値ある表彰を頂くことになりました。また、午後には交通安全推進市町村として、表彰を、同じく大野県知事より頂くこととなりました。これも一重に、市民皆様のご協力、ご尽力の賜物と深く感謝申し上げる次第であります。このように市政運営が順調に進捗しておりますのは、市民の皆様そして行政区長のご理解、ご協力の賜物であると改めて感謝申し上げます。2298-5 

 いよいよ今年は、東京202

0オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。そして、8月にはパラリンピックの聖火リレ-が白岡市にやってきます。多くの市民の皆様、特に将来を担う子どもたちに感動と夢を与えるような、記憶に残る聖火リレ-にしたいと考えています。

 国の経済状況に目を向けますと、オリンピックに向けてインフラの整備や消費活動の活性化や観光需要の増大などにより経済効果が期待されています。しかし、通商問題を巡る緊張や中国経済の先行き、イギリスのEU離脱問題などといった海外経済の動向に加え、消費増税対策の終了やオリンピック閉幕などの要因による景気の減速を懸念する声もございます。

 市政においては、依然として厳しい財政状況ですが、急速な少子高齢化と人口減少に対応していくためには、真に必要とされる施策に財源を重点的に配分し、創意と工夫を凝らしたまちづくり進めていく必要があると考えています。本年も引き続き、第5次総合振興計画の基本構想に位置付けた3つの重点プロジェクトに鋭意取り組んでまいります。また、近年は大規模化する災害への対応が課題となっています。本市では、幸い災害による大きな被害は発生しておりませんが、安心・安全な暮らしのため、防災・減災にこれまで以上に力を入れてまいります。さらに、昨年から整備を進めております都市計画道路白岡宮代線及び白岡駅西口線について、引き続き早期の開通を目指して事業を進めてまいります。このほか、小規模特認校の指定などを含む教育の充実、福祉施策、産業施策など各分野の施策を展開してまいります。市政運営が順調に進捗しておりますのは、行政区長の皆様、役員の皆様、市民皆様のご理解とご協力の賜物であると改めて感謝を申し上げます。 これからも、将来にわたって安心して住み続けることのできるまちづくりを進めてまいりますので、皆様におかれましては、なお一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


この記事は 2020.1.26 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

令和2年1月26日(日)

 本日は、第37回白子連「さいたま郷土かるた」大会にご案内頂きました。さいたま郷土かるた大会がこのように盛大に開催されますことを心からお祝い申し上げます。2297-%e7%ac%ac%ef%bc%93%ef%bc%97%e5%9b%9e%e7%99%bd%e5%ad%90%e9%80%a3%e3%80%8c%e3%81%95%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%be%e9%83%b7%e5%9c%9f%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%80%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a本大会の開催にあたりましては、白岡市子ども会育成連絡協議会の役員の方々をはじめ、多数の保護者の皆様にご尽力頂いておりますことに心から敬意を表しますとともに深く感謝申し上げます。

 立春を間近に控えて寒さもまもなく峠を越すとはいえ、まだまだ寒い日々が続いていますが、今日は寒さに負けない元気で白熱した競技が繰り広げられました。ベストを尽くして競い合った後は、勝ち負けにこだわることなくお互いの健闘をたたえ合い、友情を深めて頂いたことと思います。このかるた大会の目的は、郷土埼玉の歴史や文化そして美しい山や川などの自然をよく知り、ふるさと埼玉をますます好きになって頂くことであると伺っています。

 いよいよ今年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、8月にはパラリンピックの聖火リレ-が白岡市にやってきます。多くの市民の皆様、特に将来を担う子どもたちに感動と夢を与えるような記憶に残る聖火リレ-を行い、ふるさと白岡に愛着を持って頂きたいと思っています。今後も、本市の魅力や強みを最大限に活用して他に誇れるまちづくりを進めてまいりますので、皆様のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

 

 


この記事は 2020.1.26 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2020/1/25

第4回行政区長会議

2296-%e7%ac%ac%ef%bc%94%e5%9b%9e%e8%a1%8c%e6%94%bf%e5%8c%ba%e9%95%b7%e4%bc%9a%e8%ad%b0令和2年1月24日(金)

 本日は、行政区長会議を開催致しました。行政区長の皆様におかれましては、大変お忙しい中ご参集を賜りまして、誠にありがとうございました。また、日頃から、市政運営に格別のご支援とご協力を賜っておりますことに厚くお礼申し上げます。

 白岡市行政区長会におかれましては、「協働によるまちづくり」の実現に向け、地域リ-ダ-として意見・情報交換会や先進地の視察を積極的に開催されています。こうした取組は、多くの方に住んでみたい、住み続けたいと思ってもらえる活力あふれる本市のまちづくりに大きく寄与して頂いており、深く敬意を表する次第です。

 昨年は、東洋経済新報社の2019年住みよさランキングにおいて、白岡市は埼玉県で5位になりました。市制施行以来、白岡市は埼玉県内で上位に位置しつづけており、これまで皆様と一体となって進めた白岡市のまちづくりが一定の評価を得たものであるととてもうれしく思っています。更に、白岡市は、来たる2月3日午前、大野県知事より市民税と県民税の徴収率県内市全体で3位という価値ある表彰を頂くことになりました。また、午後には、交通安全推進市町村として表彰を、同じく大野県知事より頂くこととなりました。これ一重に、行政区長皆様初め市民皆様のご協力とご尽力の賜物と深く感謝申し上げる次第であります。

 このように市政運営が順調に進捗しておりますのは、市民の皆様そして行政区長のご理解、ご協力の賜物であると改めて感謝申し上げます。会議後には新年会が開催され、お招き頂きましたので出席してまいりました。皆様の親睦を深めるよい機会と存じます。皆様がさらに連携し絆を強めて、行政区長会がますます発展されることを祈念します。


この記事は 2020.1.25 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

令和2年1月24日(金)2295-%e4%b9%85%e5%96%9c%e5%9c%b0%e4%ba%a4%e9%80%9a%e5%ae%89%e5%85%a8%e6%96%b9%e5%8d%94%e4%bc%9a%e6%96%b0%e6%98%a5%e4%ba%a4%e9%80%9a%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%ae%e9%9b%86%e3%81%84

 本日は、久喜地方交通安全協会新春交通安全の集いにご案内を頂きました。皆様には、日頃から地域の交通安全対策の推進に格別のご理解とご協力を賜っておりますことに厚くお礼申し上げます。かけがえのない命を奪い、平和な生活を一瞬にして崩壊させる交通死亡事故をなくすためには、行政、企業、地域が一体となってあらゆる方策を高じて防止に努めなければなりません。特に近年は、高齢者の交通死亡事故が増加しているほか、高齢者運転による交通事故も増加傾向にあり、高齢者に対する交通安全教育や啓発活動がこれからの交通安全対策の大きな課題となるものと考えているところです。

 白岡市では、「子どもと高齢者の交通事故防止」と「自転車の安全利用の推進」などの重点事項を軸に、街頭指導や啓発活動を久喜警察署や交通安全協会の皆様を始め、関係機関・関係団体との連携を深めながら、この地域を交通事故のない「安全なまち」とするため、諸施策を講じているところであります。そうしたおり、白岡市は来たる2月3日午後、交通安全推進市町村として大野県知事より表彰を、また当午前中は、同じく知事表彰として市民税と県民税の徴収率県内市全体で3位という価値ある表彰を頂くことになりました。これ一重に、ご参会皆様のご指導ご尽力の賜物と深く感謝申し上げる次第であります。

  久喜地交通安全方協会の皆様方におかれましては、今後とも地域の交通安全活動の中核として交通事故防止対策を積極的に推進するため、一層のご尽力とご協力を賜りますようお願い申し上げます。そして、久喜地交通安全方協会のますますのご発展と会員皆々様のご健勝をご祈念致します。

 


この記事は 2020.1.25 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

2294-%e4%b9%85%e5%96%9c%e5%9c%b0%e5%8c%ba%e6%9b%b4%e7%94%9f%e4%bf%9d%e8%ad%b7%e5%a5%b3%e6%80%a7%e4%bc%9a%e3%80%8c%e6%96%b0%e6%98%a5%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%a9%e3%81%84%e3%80%8d令和2年1月24(金)

 本日は、久喜地区更生保護女性会「新春のつどい」にお招き頂きました。久喜地区更生保護女性会の皆様におかれましては、お健やかに令和2年の新春をお迎えのことと、心からお喜び申し上げます。日頃から、皆様には、愛の募金活動をはじめとする地域における活動にご尽力頂いておりますことに心から感謝申し上げます。

 昨年は更生保護施行から70周年を迎えました。今日までの更生保護女性会の活動において、「青少年の健全育成」への取組は、地域を明るく見守りながら更生保護の心を広げていく地道ながら大切な活動です。次世代を担う青少年にとって住みやすい地域社会を築くためには、熱意と使命感を持って活動されている皆様のお力添えが必要です。

 これまでも、犯罪・非行の予防にご貢献頂いておりますが、行政と致しましても関係機関と連携して相互に協力し合いながら、安心・安全な社会を実現するための地域づくりに努めてまいりますので、今後とも皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 


この記事は 2020.1.25 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動

投稿日時:2020/1/24

見沼代用水土地改良区理事会

令和2年1月23日(木)2293-%e8%a6%8b%e6%b2%bc%e4%bb%a3%e7%94%a8%e6%b0%b4%e5%9c%9f%e5%9c%b0%e6%94%b9%e8%89%af%e5%8c%ba%e7%90%86%e4%ba%8b%e4%bc%9a 

 本日は、見沼代用水土地改良区理事会が開催されました。「令和元年度の補正予算(案)について」、「理事補欠選挙について」、「理事補欠選挙の選挙管理者等の指名について」、そして「第76回通常総代会の召集期日及び提出議案について」2293-2-%e8%a6%8b%e6%b2%bc%e4%bb%a3%e7%94%a8%e6%b0%b4%e5%9c%9f%e5%9c%b0%e6%94%b9%e8%89%af%e5%8c%ba%e7%90%86%e4%ba%8b%e4%bc%9aといった多くの案件が付議されましたが、慎重審議のうえ全てが可決されました。

 昨年は、見沼代用水が世界かんがい施設遺産に登録されるという大変喜ばしいニュ-スがありました。市では、このニュ-スを広報白岡11月号に掲載し、市民の皆様にお知らせしたところです。今年、見沼代用水土地改良区は、これを記念しての行事や他機関との共催、啓発・PR品の作成等について検討しておりますので、とても楽しみにしております。

 また、夜には幾つもの諸団体の行事がございましたが、恐縮ですがでられませんで申し訳ありませんでした。しかし最後には、市の非常勤特別職などをお務め頂いた商工会元会長の通夜に参列し、故人の冥福を祈ってまいりました。


この記事は 2020.1.24 に ブログ カテゴリに公開されました。 RSS 2.0 フィードで購読することができます。


▲ ページの先頭に移動